飲食

全国各地の「お雑煮スタイル」について調べてみた

1.お雑煮について


おもに、お正月に食べる日本料理ですが、そのスタイルは地域や家庭によってさまざまです。
味噌や具など、なにが正しいお雑煮かを決めることは到底できず、家庭の数だけお雑煮のバリエーションがあるといっても過言ではありません。
お雑煮には、全国的にどのようなバリエーションがあるのかを調べてみました。(※県の代表的なお雑煮を取り上げますが同県でも地区によってはバラつきがある場合もございます

スポンサーリンク

2.すましのお雑煮

醤油や塩で味付けをするシンプルなおすましの出汁はどんな具材にも合い、とても口当たりのいいお雑煮となります。
全国的に分布しており、お雑煮の主流ともいえるのではないでしょうか。
東北から関東にかけての地域は、ほぼ全域がすましで作られています。
全国お雑煮図鑑 のなかからいくつかご紹介します。

・岩手

お雑煮
焼き切り餅と鳥もも肉をメインに煮干しのだし汁で作ったお雑煮です。
くるみだれを添えることで自然な甘みを楽しむことができ、出汁の塩気との相性がよく食が進みます。

・千葉


一年間、はばをきかせられるようにと、はば海苔を添えたお雑煮です。
焼き切り餅にかつおのすまし汁とオーソドックスながら、はば海苔や青のりのおかげで磯の香りを感じられる一椀です。
はば海苔を下ごしらえ時に軽く炙っておくのがポイントです。

・新潟


いくらや鮭を加えた贅沢なお雑煮です。
具沢山なため食べごたえもあり、山の幸と海の幸を存分に味わえるものとなっています。

3.味噌のお雑煮

味噌仕立てのお雑煮には白味噌、赤味噌が使われていますが、おもに関西圏で使われています。
京都や大阪、奈良ではほんのりとした甘みが美味しい白味噌が、三重や福井では赤味噌が使われます。
青森でも赤味噌が使われることがあるようで、東日本では唯一ではないでしょうか。
そんな味噌仕立てのお雑煮をいくつかご紹介します。

・青森


郷土料理のけの汁に焼いた切り餅を入れます。
赤味噌をベースに、こんにゃくや油揚げなど具沢山なお雑煮です。
食べごたえもあり、ほっこりとする美味しさが特徴です。

・京都


上品なあじわいの白味噌は京都のイメージにぴったり。
やつがしらと呼ばれる里芋の一種を使ったり、柚子の皮を入れることで香りもよいお雑煮です。

・奈良


京都と同じく歴史のある奈良のお雑煮も白味噌が主流です。
京都と違うのはきな粉が添えられており、お餅をきな粉につけて食べます。
きな粉の色は豊作の色といわれており、新年も農作物の豊作を願う気持ちが込められています。

・香川


全国的に見ても一風変わったお雑煮が香川のお雑煮です。
白味噌を使っていますが、餅はあん餅を使用しています。
白味噌とはまた違った甘さを楽しむことができ、
上に散らした青のりがアクセントとなって食べ飽きることのない美味しさを堪能できます。

○その他のお雑煮

鳥取の小豆雑煮


鳥取のお雑煮は、他の都道府県と比べても珍しく、小豆を使ったおぜんざいのようなものになっています。
具材も丸餅のみという大変シンプルなもの。
また、県中部では丸餅の代わりにとち餅を使うようです。
とち餅とは、灰汁抜きをした栃の実をもち米と一緒に蒸したお餅のこと。茶色がかった粘りの少ないお餅です。
独特の苦味があるものの、小豆の甘みとの相性がいいとされています。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 【三大蕎麦】江戸時代の蕎麦について調べてみた
  2. ビタミンC の効能について調べてみた
  3. グルメな人も庶民も大好き!ナポリタンの魅力
  4. おにぎりの歴史について調べてみた
  5. お寿司の歴史について調べてみた
  6. うなぎを食べると本当に精がつくのか調べてみた
  7. 亜鉛の働きについて調べてみた
  8. 食べるだけじゃ満足できない! パクチーの育て方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP