エンタメ

小川洋子のオススメ小説「年間読書数100冊超えの筆者が選ぶ!」

この記事では、年間100冊以上の小説を読む本の虫・アオノハナが、作家別のおすすめ作品についてご紹介していきたいと思います。

国内国外ジャンル問わず、さまざまな小説を読みふけってきた筆者だからこそ、他の王道ランキングとは一味違った、オススメの作品をご紹介できるかと思います。

第4弾は、息を吹きかけると壊れてしまいそうに繊細で、どこか不思議な世界観が、読んでいてどんどん癖になる、小川洋子さんの作品について選んでいきたいと思います。

小川洋子とは

まず初めに、小川洋子さんのプロフィールについて、ご紹介します。

小川洋子
1962年岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞を受賞すると、2004年には『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞した。
その他、『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、『ミーナ』で谷崎潤一郎賞を受賞している。
海外での人気が高く、特にフランスでは高い評価を受けている。

小川洋子作品の魅力といえば、その優しくて繊細な語り口でしょう。

誰も気に留めることなく、忘れ去られてしまうような、小さくて、繊細なものたち。そんなものたちに着眼点を持ち、そっとすくい上げてくれるような物語を描きます。

読者は、その独特の世界観に息を呑み、小説を読み進めるにしたがい、だんだんと優しい気持ちになっていくと思います。

ですが、ただほのぼのとしている優しい小説、というわけではなく、物語の背景には、ひやりとするような寒々しさ、ほんの少しのグロテスクさも漂っています。
良い意味でアンバランスな世界観が、小川洋子さんの作品を支えているのだと思います。

小川洋子 オススメ作品① 『海』(2009年刊行)

<あらすじ>

恋人の家を訪ねた青年が、海からの風が吹いて初めて鳴る《鳴燐琴(めいりんきん)》について、一晩彼女の弟と語り合う表題作、言葉を失った少女と孤独なドアマンの交流を綴る『ひよこトラック』、思い出に題詠をつけるという老人と観光ガイドの少年の話『ガイド』など、静謐で妖しく、ちょっと奇妙な7編。

<おすすめポイント>

表題作『海』の中に出てくる、《鳴燐琴》という楽器。

この楽器はもちろん、実際に存在するものではありません。海から吹いてくる風によって、初めて音を奏でることができる…という設定が、とてもロマンチックなものに感じませんか?

この短編集には、どのお話の中にも大きな事件は起こりません。
ですが、静かに進んでいく物語の中で、登場人物やその世界が、確かに息づいている感覚があるのです。

小川洋子さんの、静かで不思議な世界に浸るには、もってこいの一冊です。
できれば、旅先でのホテルの部屋や、たっぷりとお湯をはったバスタブの中で、非日常感を感じながら読んでいただけたらな…と思います。

小川洋子 オススメ作品② 『やさしい訴え』(2004年刊行)

<あらすじ>

夫から逃れ、山あいの別荘に隠れ住む“わたし”が出会った2人。チェンバロ作りの男女と、それを見つめる女の不思議な関係。

挫折したピアニスト、ひどいかたちで恋人を奪われた女、不実な夫に苦しむ人妻、3人の不思議な愛の物語。

<おすすめポイント>

チェンバロとは、16世紀から18世紀につくられた鍵盤楽器です。

ピアノの前身とも言われている楽器であり、マリー・アントワネットやモーツァルトの時代に広く活躍したようです。

この物語は、小川洋子作品の中では珍しく、「生々しい恋愛模様」を描いている気がします。
肉体的な性愛もそうですし、好きな人に振り向いてもらいたいという気持ち、恋敵に嫉妬してしまう苦しみ…などがリアルに描かれているのです。

ですが、そこはさすが小川洋子さん。
生々しい恋愛感情も、どこかはかなげで、美しい存在に昇華されています。

恋の苦しみも、チェンバロの美しい音色に浄化してもらえるような気がします。
息をするのももったいないくらいに、主人公達の恋愛模様を見守りたくなるのです。
長編小説ですが、比較的すぐ読み終えることが出来ます。

小川洋子 おすすめ作品③『琥珀のまたたき』

<あらすじ>

魔犬の呪いで妹を失ったきょうだいは、ママと一緒にパパが遺してくれた別荘に移り住む。

そこで彼らはオパール、琥珀、瑪瑙(めのう)という新しい名前を手に入れる。閉ざられた家の中で、3人だけで独自に編み出した遊びに興じる中、琥珀の左目にある異変が生じる。

それはやがて、亡き妹と家族を不思議なかたちで結びつけ始めるのだが…。

<おすすめポイント>

あらすじだけ読んでみると、「一体どういうこと?」と思わされるような不思議な物語ですよね。

読み進めるうち、どんどん真相が露見してゆくのですが、半分ファンタジー、少しミステリー、といった、どのジャンルに分類してよいのか難しい物語です。
ですが、まったく退屈することなく、むしろオパール、琥珀、瑪瑙の3兄弟にしか見ることのできない、奇妙でささやかな、それでいて愛おしいものたちに、読者はどんどん夢中になっていくことでしょう。

個人的には、この作品が小川洋子作品の中でも一押しです。

最後に

この記事では、小川洋子さんのオススメ作品について、調べてみました。

小川洋子さんの最新作は、2019年に刊行された小説『小箱』。

『ことり』以来、なんと7年ぶりとなる書下ろし長編小説です。

小川洋子さんの作品は、毎度のことながら、表紙や装丁がとても美しいです。

筆者は表紙や装丁で本を買うかどうか決めるほど、デザイン性にはこだわりを持っているのですが、小川洋子さんの本は、どれも美しくて、本棚にコレクションしておきたいほどです。

透明感に溢れた、少し不思議で、悲しいくらいに美しい、小川洋子さんの小説を、ぜひとも読んでみてくださいね。

 

アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 皐月賞の歴史を調べてみた
  2. 上村松園の生涯【日本を代表する女流画家】
  3. 野口英世【苦学・努力の人の印象とは少し違う実像】
  4. エリザベス女王杯の歴史を調べてみた「二度あることは サンドピアリ…
  5. 高松宮記念の歴史を調べてみた
  6. 24人のビリー・ミリガン【多重人格者は多数存在する】
  7. トランプ政権を支える「QAnon」に関して調べてみた
  8. 三島由紀夫と盾の会・昭和の世における割腹自決


新着記事

おすすめ記事

井伊直虎 は男説について調べてみた

はじめに今年の大河ドラマといえば、『おんな城主直虎』。根幹を揺るがす新資料が見つかって話…

天皇賞(春)の歴史を調べてみた

天皇賞(春)(4歳以上オープン 国際・指定 定量 3200m芝・右)は、日本中央競馬会(JR…

DITをアップさせるブースト食【疲れない体を作ろう】

慢性的な疲れは日常生活の大敵ですが、分かっていてもなかなか健康法を試す気になりません。「どの健康…

アーカイブ

PAGE TOP