ミリタリー

ヘリコプターの歴史と構造 について調べてみた【発想は紀元前】

大規模災害などの現場で、要救助者をロープで吊り上げるヘリコプターの姿は当たり前のようにメディアで見てきた。しかし、よくよく考えたら空中で静止できる乗り物というのは奇妙なものだ。

そこで少し調べてみたら、発想の歴史は古く、実用化されてからの歴史はとても浅いことが分かった。それからは、どのように進化していったのかが気になる。

災害救助、遊覧、交通、軍事と幅広く使用されているヘリコプターの歴史について調べてみた。

スポンサーリンク

紀元前の発想

ヘリコプターの歴史と構造
※ダ・ヴィンチのヘリコプター図案

ヘリコプターの発想の起源を辿ると、紀元前の中国の竹とんぼにまで遡ることができる。

中国の仙人マニュアル『抱朴子』(ほうぼくし)には、いくつもの飛行術が書かれており、「一法としては、棗心木(ナツメの木の芯材)を用いて飛車を作り、牛の革を廻転する刃に巻きつけて、その仕掛を動かす」という記述がある。

これこそ、ヘリコプターの発想だ。なぜこのような発想になったかというと、『抱朴子』では地上40里(周・漢の時代では約1.6km)の高さには「太清」という領域が存在し、そこでは自由に空を飛べるのだという。龍が空を駆け巡るのもこの太清があるからだと思われていた。その太清に到達したい思いが、ヘリコプターの原案を発想させた。

15世紀にはレオナルド・ダ・ヴィンチのスケッチが描かれ、トーマス・エジソンも燃焼の反動を利用したヘリコプターを研究したが、実用化には至らなかった。

ヘリコプターの現実的な発明者は、フランスのモーリス・レジェだとされている。1901年に特許を取得し、1907年に初の有人浮遊(80cm)に成功。

しかし、この1907年にはフランスのルイ・ブレゲーポール・コルニュも初飛行に成功しており、開発競争が一気に加速することとなる。

だが、ここまでの段階で成功したのは、あくまで「浮遊」であり「飛行」ではない。自在に動けるようになるまでは、1937年まで待たなければならなかった。

実際に「飛行」と呼べる実用的なヘリコプターが完成したのは、ドイツのベルリンで開発されたフォッケウルフ Fw61である。


※フォッケウルフ Fw61

この機体は航続距離230km、最高飛行高度3,427m、最高速度120km/hを記録した。1938年のことである。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 太陽神アポロンについて調べてみた【ギリシア神話】
  2. マリー・アントワネット について調べてみた【非運の王妃】
  3. 黄禍論 〜日本人は世界に恐れられていた?【黄色人種脅威論】
  4. 【負けるべくして負けた】ミッドウェー海戦について調べてみた
  5. 【共和制ローマvsカルタゴ】カンナエの戦いについて調べてみた
  6. フリッツ・ハーバー【凄惨な兵器 毒ガスを実用化したノーベル賞受賞…
  7. ドーリットル空襲【士気高揚を狙った日本への初の空襲作戦】
  8. 暦(こよみ)の歴史について調べてみた(ユリウス暦 グレゴリオ暦)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

祭りと神輿の歴史について調べてみた

※.三之宮神輿出し(三社祭)祭囃子が聞こえ、「わっしょい」と威勢のいい掛け声とともに担がれる神…

【謎の飛行物体X】NASAも関与する計画について調べてみた

※未確認飛行物体UFO(unidentified flying object/未確認飛行物体)…

手作り入浴剤を台所にある材料で作る方法

「塩・シュガー」台所に何気に置いてある材料を使い「自己流の入浴剤」が作れるとしたら?!湯船の…

アーカイブ

PAGE TOP