音楽&芸術

フレデリック・ショパンの生涯とオススメ曲【ピアノの詩人】

フレデリック・ショパンの生涯とオススメ曲【ピアノの詩人】

ショパン(Chopin, by Wodzinska)

フレデリック・フランソワ・ショパン(Fryderyk Franciszek Chopin:1810~1849)は、ポーランド出身の音楽家で、ポーランドの前期ロマン派を代表する作曲家として知られている。

当時のヨーロッパでも、作曲家、ピアニストとしても有名で、多くのピアノ独奏曲を生み出したショパンは、“ピアノの詩人”とも呼ばれている。

その呼び名の通り、様々な正式や美しい旋律によって、ピアノ音楽の表現を広げ、現代でも多くの人々に愛されている。

また、母国・ポーランドでは、1988年から発行されている5000ズウォティ紙幣に肖像が使用されるなど、国民にも親しみの深い存在として、知られている。

今回は、そんなショパンの生涯や、彼の遺した功績について、わかりやすく追っていく。

ショパンの生涯

フレデリック・ショパンの生涯とオススメ曲【ピアノの詩人】

ショパンの父・ニコラは、16歳の時にワルシャワへ移住してきた、フランス人だった。左がショパンの母・ユスティナ

ショパンは、1810年(1809年とも)、当時のワルシャワ公国に住んでいた両親のもとへ、2番目の子供として誕生した。

ショパンには姉のルドヴィカ、妹のイザベラがおり、いずれの姉妹とも仲睦まじく暮らしていたという。

6歳からピアノの勉強を始めた彼は、その類まれなる才能を開花させ、8歳の時には、当時ワルシャワを訪れていたロシア皇帝の前で、御前演奏を行うほどの実力を持っていた。

まるで、マリア・テレジアの前でピアノ演奏を行ったという、モーツァルトを彷彿とさせるようなエピソードである。

その後、ワルシャワ音楽院に入学したショパンは、音楽院を首席で卒業すると、その後は、ウィーンを経て、パリで最初の演奏会を開催する。

そこでもショパンは高く評価され、28歳の時には、女性作家のジョルジュ・サンド(George Sand)と恋に落ちた。

フレデリック・ショパンの生涯とオススメ曲【ピアノの詩人】

ジョルジュ・サンドの肖像画。男装の麗人としても知られる彼女は、様々な芸術家と浮名を流した。

年上の彼女との交際は長く続いたが、ショパンが身体を壊したことをきっかけに、2人の心は次第に離れ、最後は和解することなく、別れにいたったという。

サンドと別れてからのショパンは、ひどいうつ状態になり、彼女との別れから2年後、わずか39歳という若さでこの世を去ることになる。
(直接的な死因ははっきりしていないが、インフルエンザによって併発した、肺結核ではないか、と言われている)

このようなエピソードから、ショパンは“薄幸の音楽家”と称されることもある。

ショパンの名曲たち

・ノクターン(夜想曲)第2番 変ホ長調Op.9-2

ノクターン(夜想曲)とは、“静かな夜の気分を表す小品”のこと。

ショパンは、生涯の中で21曲のノクターンを作曲したが、特にこの曲は、ショパンの全作品の中で、1、2位を争うほどの有名曲である。

オーストリア・ウィーンへと移住した若きショパンは、ポーランド人であるということで、ウィーンでひどい偏見に遭い、失意や苦悩を抱えていたという。
その深い孤独の中で、ショパンは自分の気持ちと向き合い続け、このように美しいメロディを誕生させた、という。

・プレリュード第15番 変ニ長調「雨だれ」Op.28-15

ショパンは、28歳の時、恋人ジョルジュ・サンドと滞在していたスペインのマヨルカ島にて、この曲を完成させた。

優美な旋律と、どこか不気味な旋律が合わさって、幻想的な世界を生み出している。

ショパンの人生は、ジョルジュ・サンドと出会ったことで、大きく変容したと言われているが、この曲が、ショパンの暗い晩年を予期しているような、そんな不穏な音楽にも感じられる。

・子犬のワルツ (ワルツ第6番)

この曲は、ショパンの作曲した曲の中でも、特に有名な一曲である。

自分のしっぽを追いかけて、くるくると回り続ける子犬の様子を描いた曲で、聴いていると、可愛らしい子犬の姿が目に浮かぶようである。

フレデリック・ショパンの生涯とオススメ曲【ピアノの詩人】

デルフィナ・ポトツカ(Delfina Potocka)

ショパンの晩年である、1846年から1848年にかけて作曲され、ショパンの友人であった、デルフィナ・ポトツカ伯爵夫人に贈られた。

・革命のエチュード (エチュードOp.10-12)

ショパンの生きた時代は、まさに「革命」の嵐であった。

1830年には、フランス革命が起こり、革命の波は、ベルギー、イタリア、そして、ショパンの母国であるワルシャワにも及んだのである。

当時、ワルシャワはロシアの支配下におかれ、ポーランドという国名を消されていた。
支配下にあったポーランドの人々は、「自分の国を取り戻したい!」と強く願うことになる。

そのような空気を吸って育ったショパンにも、自然に、奪われた母国への“愛国心”が、強く根付いていたことだろう。

折しも、ショパンがウィーンへと旅立った年に、ワルシャワで【ワルシャワ革命】が勃発する。
しかし、ショパンはその翌年、滞在先のパリで、革命が失敗に終わったことを知る。

彼は、そんな祖国を想い、この曲を作曲した…とされている。
だが、実際にこの曲のタイトルを『革命』と名付けたのは、この曲を初めて聞いた、ショパンの友人である、リストである。

ショパンの友人、フランツ・リストは作曲家で、ジョルジュ・サンドとも交際歴があった。 Liszt (Lehmann portrait)

ショパンがこの曲を作曲した真意は、今となっては分からないが、ショパンは生涯、母国に帰ることはかなわなかった。

ショパン国際ピアノコンクール

国立ワルシャワ・ハーモニー

ショパン国際ピアノコンクールとは、ポーランドで現存する国際音楽コンクールのことである。
5年に一度、国立ワルシャワ・ハーモニーにて開催されている。

第一次世界大戦終結後、ポーランドの独立から9年後にあたる1927年に、第1回大会が開催された。
現存する国際音楽ピアノコンクールの中では、世界最古と言われている。

このコンクールは、世界でも最高峰の音楽コンクールとされており、ロシアのチャイコフスキー国際コンクール、エリザベート王妃国際音楽コンクールとあわせ、「世界三大コンクール」と称されている。

課題曲は、すべてショパンの作品となっており、16歳から30歳までの若手ピアニストが、世界中から参加している。

2000年以降、日本人ピアニストが大会上位に昇ることが多くなっており、現在もショパン国際ピアノコンクールを目指す日本人は多い。

最後に

ショパンの心臓が眠る、ワルシャワの聖十字架教会

ショパンの死後、170年近く経った現在であるが、ショパンの心臓は、現在もワルシャワにある聖十字架教会の柱の中に、納められているという。

亡くなってもなお、今も多くの人々に愛されるショパンであるが、その美しい旋律の根底には、故郷ポーランドの音楽が流れているのでは?と言われている。

22歳で国を出てから、生涯帰郷がかなわなかった彼の人生だが、侵略された、愛する故郷への想いは、その美しくも切ないたくさんの曲たちに、おおに込められていることだろう。

 

アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. フェルメールはなぜ日本人をここまで魅了するのか?
  2. 微笑仏を造った木喰について調べてみた
  3. 夏の甲子園、高校野球応援ブラスバンドの歴史
  4. 「漫画の歴史」について調べてみた
  5. 球体関節人形について調べてみた
  6. ポータブルヘッドホンアンプについて調べてみた【ワンランク上の音質…
  7. 【稀代の仏師】運慶について調べてみた
  8. 【金閣寺は国宝ではない?!】国宝の意外なトリビア5選


新着記事

おすすめ記事

幻の東京オリンピック(1940年)招致に命を懸けた男~嘉納治五郎~

1930年代後半から40年代前半にかけて『戦争』の影が世界を覆った。「幻の東京オリンピック」は、…

岡部元信 ~信長・家康を苦しめ壮絶な最後を遂げた猛将

岡部元信とは岡部元信(おかべもとのぶ)は、今川義元の重臣で、桶狭間の戦いでは織田信長に討…

ムッソリーニの生涯【元々はヒトラーよりカリスマだった独裁者】

全体主義の元祖ベニート・ムッソリーニは、アドルフ・ヒトラーと並ぶ独裁者として知られたイタ…

アーカイブ

PAGE TOP