エンタメ

全財産を失ったニコラス・ケイジの素顔【血は争えない!?】

ハリウッドスターの一人であるニコラス・ケイジは、1995年~2011年の収入が1億5,000万ドルに上ったという。

1ドル110円として約166億円だ。当時、ハリウッドでもトップレベルのギャラが支払われる俳優だった。
しかし、最近までほとんどスクリーンで彼の姿を見ることはなかった。それは破産寸前だったためだ。

なにが彼の人生を狂わせたのだろうか?

ニコラス・ケイジ のデビュー作

ニコラス・ケイジ

ニコラス・ケイジ(英: Nicolas Cage, 1964年1月7日ー )は、俳優であると同時に、映画監督、映画製作も手掛けている。
カリフォルニア州ロングビーチで、イタリア系の父とドイツ系の母親との間に生まれたが「ケイジ」の名は芸名であり、本名は「ニコラス・キム・コッポラ」。コッポラ姓はイタリア系の父のものだ。

親日家でもあり、日本語学校に通っていた経験があるため、日本語もある程度話せる。そのため、映画でもしばしば披露する他、来日時には日本語で挨拶することもあった。

1981年にニコラス・コッポラとして『初体験/リッジモント・ハイ』でデビュー。その後、現在の芸名に変更した。芸名の「ケイジ」の由来はマーベル・コミック社のコミック「パワーマン」の主人公ルーク・ケイジから取っている。

ハリウッドの頂点へ

ニコラス・ケイジ
※アルカトラズ刑務所

彼の名を一躍有名にしたのは、1995年公開の『リービング・ラスベガス』だった。脚本家であったアルコール依存症の男をリアルに演じ、アカデミー主演男優賞を受賞。オスカー受賞後は、芸術的な映画に留まらず、大作映画にも積極的に出演するようになる。

日本での知名度が高まったのもこの頃だ。

ザ・ロック』では、テロに巻き込まれながらも戦う博士を、『コン・エアー』では、正義感が強い囚人を、そして『フェイス/オフ』ではジョン・トラボルタとのW主演により、正義と悪という一人二役を演じ、実力派俳優としての地位を確立した。

その後も様々な話題作に出演したが、まるでカメレオンのように、自然にその役柄と同化する演技はさらに磨かれていった。そして、映画1本のギャラが約15億円といわれるようになったのである。

浪費癖が仇になる

ニコラス・ケイジ

しかし、彼のプライベートは順風満帆というわけにはいかなかった。
結婚と離婚を繰り返し、時には泥酔して逮捕されたこともある。何より問題なのは、彼が「浪費家」であり「コレクター」だということだった。

もともと車好きで、フェラーリの現行車種を全車種(限定車のエンツォ等含む)所有したり、イランのモハンマド・レザー・パフラヴィー元国王が所有していたランボルギーニを所有していたこともある。この趣味と関係があるのだろう、アンジェリーナ・ジョリーの出世作にもなった『60セカンズ』では、カーマニアの窃盗犯を演じている。

その他にも、古城、高級車、恐竜の化石や骨、コミックコレクションなどを派手に購入していた。アメリカンコミック好きでも知られ、自身の芸名は元より、息子のカル=エルにまでアメコミキャラクターの名を付けるほどである(カル=エルはスーパーマンの本名)。

彼のコミックコレクションをオークションにかけた際に出品された400品目の中には、『アクションコミック』1号や『ウィズコミック』1号、『ディテクティブコミック』38号、『オールスターコミック』3号等のレアアイテムが目白押しで、総落札額は160万ドルに達した。

さらに豪邸を何軒も所有するなど、いささか、いや「かなり」浪費が酷かった。
これがニコラスの人生を狂わせる。その浪費癖から財政難になってしまったのである。

膨らむ債務

ニコラス・ケイジ

浪費癖により、2009年8月には200万ドル(日本円で約1億8000万円)の債務不履行で銀行から訴えられているほか、2007年と2008年分の未納分税金や延滞分利子および罰金などで630万ドル(約5億6700万円)を滞納していることが明らかになった。

また、ニコラスは元ビジネス・マネージャーのサミュエル・レビンの不適格なアドバイスが財政難の原因と釈明し、彼を相手取って2000万ドル(約18億円)の訴訟をおこしたが示談が成立している。

このように多額の債務を抱えていたため、契約していたロールス・ロイスのリース料も払えなくなり、これも契約違反でリース会社から合計24万2000ドル(約2180万円)の損害賠償を求める訴えを起こされた。

結局は所有していた複数の豪邸や車のコレクションも手放さざるを得なくなったという
。100億円以上も稼ぎながら、あらゆるものを手放さなくなったということは、上記以外にも様々な負債があったと思われる。

叔父は破産までしていた!


※フランシス・フォード・コッポラ

興味深いことに、彼の叔父も今までに財政難に直面している。

映画好きにはよく知られていることだが、ニコラス・ケイジの叔父こそ、『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』で有名な映画監督フランシス・フォード・コッポラである。

若いニコラスは、オーディションを受けるたびに、叔父のことを話に出されるのが嫌で、コッポラを名乗らなくなった。

しかし、フランシスの債務も凄い。彼は1980~90年代のたった8年間に3度もの自己破産を申し立てている。その大きな原因となったのは、映画『One From The Heart』(1982年)の失敗だ。制作費2700万ドルに対して、400万ドルしか興行収入がなかった。1992年の3度目の破産では、負債は9800万ドルに膨れ上がっていた。

最近では娘ソフィア・コッポラ監督の『The Bling Ring』(2013年)の製作総指揮を務めたほか、2010年にカリフォルニア州ナパバレーにオープンしたワイナリーの経営で、大きな利益を手にしている。

ニコラスとは債務の内容は全く違うが、いつ人気が落ちるか分からない俳優の仕事でも浪費を続けたニコラスと、破産しながらも映画を取り続けたフランシス。ギャンブラーな性格は血筋なのかもしれない。

最後に

しかし、2017年1月に公開された『パシフィック・ウォー』では、主演として久々にスクリーンのセンターにカムバックを果たした。それ以前にもアメリカでは映画出演はあったものの、今回のような大作はおよそ10年ぶりになる。

そのため破産の危機は免れたようだが、今後は質素な生活をしてほしいものだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. アルバニアについて調べてみた【国民の半分がねずみ講に加入】
  2. 台湾料理店がなぜ急増しているのか調べてみた
  3. 大阪弁小説の神髄、田辺聖子の生涯
  4. イギリス最大の高級百貨店ハロッズについて調べてみた 「ザ ハロッ…
  5. 宝塚記念の歴史「淀に咲き、淀に散る」ライスシャワー
  6. 世界最強の戦闘民族「グルカ族」の歴史と強さの秘密
  7. 歴史小説の大家、司馬遼太郎の生涯【おすすめ歴史小説】
  8. ロシア帝国の歴史とロマノフ朝について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

新選組の天才剣士・沖田総司【性格は明るい人物だった】

沖田総司とは沖田総司は、新選組の中でも剣の腕はピカイチながら、病に侵され若くして亡くなった天…

熊本城 について調べてみた【類を見ない規模の石垣】

2016年4月14日、熊本を震度7の地震が襲った。熊本城 では、建物が倒壊し、強固な石垣が崩…

山縣有朋 の功績ついて調べてみた【今までの評価は間違い?】

明治2年(1869年)、山縣有朋(やまがたありとも)は、ヨーロッパの地にいた。明治維新を成功させ…

本多正純 ~幕府で権勢を振るうも疎まれて改易になった家康の側近【宇都宮城釣天井事件】

本多正純とは本多正純(ほんだまさずみ)は、徳川家康の軍師として仕えた本多正信の長男で、父と同じく…

三条実美 ~総理大臣に2度もなり損ねた公家

公家の最高位三条実美(さんじょうさねとみ)は、明治政府に仕えた公家として最高位の地位に就…

アーカイブ

PAGE TOP