大正&昭和

ミグ25 ベレンコ中尉亡命事件【ソ連の戦闘機が日本に侵入した大事件】

ミグ25 突然の領空侵犯の恐れ

ミグ25 ベレンコ中尉亡命事件【ソ連の戦闘機が日本に侵入した大事件】

※ベレンコ中尉が亡命に使ったMiG-25P(同型機)

それは1976年9月6日の午後1時過ぎに起きました。当時は冷戦と言われるアメリカとソ連が常に対峙し、緊張が続いていた時代でした。

ソ連の最新鋭の戦闘機であるミグ25数機が、ウラジオストクから約300kmほど北東に離れた基地から飛び立ち、その中の1機であるヴィクトル・ベレンコ中尉が乗った機体が僚機と離れ日本の領空へと向かってきたのでした。

日本側ではレーダーでこの動きを感知すると、領空侵犯に備えて航空自衛隊の北海道千歳基地に所属するF-4EJファントム戦闘機をスクランブル発進させました。

自衛隊では補足不能な低空飛行

このとき航空自衛隊では発進したF-4EJファントムと陸上のレーダーとを使って、日本の領空へと近づいていたミグ25を補足しようと試みていました。

しかし超低空を飛来してきたミグ25に対し陸上のレーダーは補足することが出来ず、また飛行中のF-4EJファントムも自らよりも低い位置を飛行する物体を補足することは出来ませんでした。

当時これが可能な戦闘機は、アメリカがようやく配備し始めたF-14若しくはF-15しか存在せず、航空自衛隊にはその能力はありませんでした。

空港は警察の管轄

こうして日本側の航空自衛隊の捜索網に捕捉されずに日本領空へと侵入したミグ25は、同日午後1時50分頃に函館空港へと舞い降りてきました。

操縦していたべレンコ中尉は所持していた拳銃を取りだすと威嚇射撃をして、近づく空港関係者を牽制しました。

その後の午後2時10分過ぎに北海道警察の手によって函館空港は封鎖され、駆け付けた自衛隊員らも国内の空港において発生した事象であり、警察の管轄であるとの判断で遠ざけられることになりました。

べレンコ中尉の亡命と臨戦態勢

※函館空港 wikiより

その後すぐに北海道警察はべレンコ中尉の取り調べを行い、その目的がアメリカへの亡命であることが判明しました。

ソ連政府はべレンコ中尉及びミグ25の即時引き渡しを求めてきましたが、日本政府は翌日の7日にべレンコ中尉を東京へと移送し、続く8日には早々とアメリカ政府が亡命を認める発表を行いました。

更に翌9日、ソ連の大使館職員がべレンコへの面会を行い亡命の撤回を促しましたが不調に終わり、同日のうちにべレンコ中尉はアメリカへと移送されました。

この時点でミグ25自体は未だ函館空港にあり、当時のソ連の最新鋭戦闘機であったことからソ連側が何らかの実力行使に出る事も懸念されたため、陸上自衛隊の戦車や防空用の機関砲が函館空港に持ち込まれることになりました。また海上自衛隊の艦艇も3隻を日本海方面へ、2隻を太平洋方面に展開させて万一の事態に備える臨戦態勢が敷かれました。

早期警戒機の導入に寄与

こうした中で9月24日にアメリカ軍と航空自衛隊は、機体の検査のためにミグ25を分解して茨城県の航空自衛隊百里基地へと運びました。

この検査が完了した後の同年11月15日に、ようやくミグ25はソ連へと返還されました。この騒動ではべレンコ中尉の目的がアメリカへの亡命であったことで軍事衝突とという戦闘行為は避けられたものの、図らずも日本の領空防衛力の危うさが露呈することになりました。この教訓から早期警戒機の導入が実施されることに繋がりました。

ソ連軍の過大評価の是正

当時のアメリカや西側諸国では、この事件までミグ25を超高速を誇る強力な戦闘機と認識していたと言われています。

巷説ではこれに対抗するためにF-15を開発したとも言われていました。

しかし、調査した後にミグ25はそれほど優れた戦闘機ではなかったことが判明しました。殊にチタニウム合金で造られていると目された機体が単なるステンレス鋼板だったことなど、西側の戦闘機のレベルと比較すると著しく劣っているとさえ言え、ソ連軍の兵器を過大に評価する言説に陰りが生ずる事件ともなりました。

高校生の頃このミグ25を見た辻仁成が、その後のベレンコ中尉に会いにアメリカに行ったエッセイ↓

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ミュンヒハウゼン症候群 「病気のふりして周りの気を引くかまって…
  2. 真の豪傑に酒など要らぬ!「アジアの巨人」頭山満が酔い続けた天下の…
  3. パナソニックに生きる「幸之助イズム」
  4. 日蓮宗の僧侶が起こしたテロ・血盟団事件 【一人一殺 ~名前がなか…
  5. 【神風特攻隊】 フィリピン沖で壮絶な最期を遂げた至誠隊隊長・團野…
  6. なぜ無実の人が犯行を自白してしまうのか? 【冤罪と虚偽自白】
  7. アメリカで最も危険な女性〜 腸チフスのメアリー 【毒を巻き散らす…
  8. 日本刀(古刀)と戦艦大和は、現在の技術では作れないロストテクノロ…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

アジアでも大人気ドラえもん 「中国の変なドラえもん画像」

日本のアニメ海外でも日本のアニメは大人気だ。台湾の今の20代から30代の若者は、…

「読書教育」は童話の王国デンマークから伝わった【マッチ売りの少女、人魚姫、みにくいアヒルの子】

可愛らしい絵に合わせて、人間の感情、自然や生き物の存在を優しい言葉で語る童話や絵本には、幼い…

ウルトラサウロス 「消えた伝説の超巨大恐竜」

生物の命名ルール恐竜は絶えず発掘と研究が進んでおり、毎年のように新種の恐竜や人気の恐竜に関する新…

一度は見たかった『三國志』のifシナリオ 【曹操が関羽の配下、呂布が皇帝になる】

誰もが気になる三国志のif自分だけの三国時代を生きられるのが魅力のコーエー『三國志』シリーズだが…

【NHK大奥】三浦透子が演じたひきこもり将軍家重は、植物を愛する超イケメンだった

NHKドラマ10『大奥』で三浦透子さんが演じた第9代将軍、徳川家重(いえしげ)。名君である実…

アーカイブ

PAGE TOP