不思議

かごめかごめの歌詞の違いについて調べてみた

はじめに

かごめかごめ
籠の中の鳥は
いついつ出やる
夜明けの晩に
鶴と亀が滑った
後ろの正面だあれ?

鬼役の子が両手で目を隠して真ん中にしゃがみ、その子を囲んで、輪になった他の子達が手を繋ぎ歌いながら回る。歌い終わると同時に回っていた子達はしゃがみ、鬼役の子が自分の真後ろにいるのが誰なのかを当てる――。

かごめかごめ』は、そんな遊び歌です。
かごめかごめの歌詞の違いについて調べてみた

大体の地域では最初に記した歌詞であると思うのですが、地域によっては歌詞が異なっているのです。
そこが、『かごめかごめ』が不思議に感じられる特徴の1つでもあると思います。

そんな『かごめかごめ』の歌詞に焦点を当て、今回は調べてみました。

地域によって異なる歌詞

各地域の『かごめかごめ』は、先に記した歌詞と比べて「僅かに歌詞が異なっているもの」と、「大きな違いが見受けられるもの」に分かれます。

僅かな違いの場合は、「鶴と亀が」の部分が「鶴と亀と」になっているだけなど、本当に些細な違いです。

今回は歌詞と大きな違いがあるものを中心に調べてみました。

鍋の底を抜く事が記されている歌詞

かごめかごめ
籠の中の鳥は
いついつ出やる
夜明けの晩に
つるつる滑った
鍋の鍋の底抜け
底抜いてたもれ

こちらの歌詞では、籠の中の鳥は出てきますが、「鶴」や「亀」といった具体的なものは出てきません。
「鶴」の部分が「つるつる」と、「滑った」にかかる表現となっています。

『かごめかごめ』は江戸中期以降の文献に出てくるのですが、実は「鶴」や「亀」といった言葉は、明治末期より前の文献では確認されていないのです。

修験僧であり悉曇学者あった「行智(ぎょうち)」がまとめた童謡集『竹堂随筆(ちくどうずいしゅう)』は、宝暦・明和年間(1751年~1772年)頃に収録されたとされているのですが、その中の『かごめかごめ』にも、「鶴」と「亀」は出てきません。

その箇所の歌詞はと言うと、

つるつるつっぺぇつた
なべのなべのそこぬけ
そこぬいてーたーァもれ

となっているのです。

また、「鍋の底」いう歌詞が出てきましたね。

ちなみに「たもれ」は、「賜(たも)る」の命令形です。「たまわる」が変化した「たもうる」から更に転じたものですから、「~下さる」「~くれる」の命令形となります。

つまり、「鍋の底を抜いて下され」と言っている事になります。

そして面白いのは、「かごめかごめ」の遊びには欠かせないと思える「後ろの正面だぁれ」の歌詞がないところですよね。

鳥居や番人、少年が出てくる歌詞

籠目籠目
加護の中の鳥居は
いついつ出会う
夜明けの番人
つるっと亀が滑った
後ろの少年だあれ?

こちらは、ガラリと印象が変わる歌詞となっています。
一番の違いは、なんと言っても「籠の中の鳥」ではなく、「加護の中の鳥居」となっているところです。
「加護」とは、神仏が力を与えまもり助けることを言いますし、「鳥居」が歌詞に入っているという事から、なんだか神社を彷彿とさせますよね。

また、「夜明けの晩」の部分が「夜明けの番人」となっているところも、意味ありげな印象を受けます。

それに加え、「後ろの正面だあれ?」の部分が「後ろの少年だあれ?」になっています。
ただ単に「後ろの正面にいるのは誰か?」と聞かれるよりも、「後ろにいる少年は誰か?」と聞かれる方が、なんだか身震いするような恐怖を覚えると思いませんか?

不思議な印象を与える「かごめかごめ」の歌詞の中でも、不気味さや怖さがより強く感じられる歌詞であると思います。

鶴と亀が八日の晩に滑る歌詞

かごめかごめ
籠の中の鳥は
いつもかつもお鳴きゃぁる(お鳴きやる)
八日の晩に
鶴と亀が滑ったとさ
ひと山 ふた山 み山 越えて
ヤイトを すえて (お灸を据えて)
やれ 熱つ や(やれ熱や)

こちらは「八日の晩」といった意味ありげなものや、「ヤイトをすえて」と少し物騒な言葉が出てくる歌詞となっています。
「ひと山 ふた山 み山 越えて」と3つの山を越えて、となっている歌詞も「何かを意図しているのでは?」と思わせるものとなっています。

「そして八日の晩」は、家を訪れ害をなす妖怪や悪神などを防ぐ為の『事八日』と呼ばれる行事をも彷彿とさせる歌詞となっています。
これは地域によっても異なるのですが、事八日は『目籠』などを戸口や軒下に掲げて魔除けにする行事です。その部分でも「何かしら繋がりがあるのかもしれない」とも思えます。

ちなみに「いつもかつも」は、「しょっちゅう」や「四六時中」の意味となります。「籠の中の鳥は四六時中鳴いている」のです。
そして「ヤイトをすえて」は「お灸を据える」の意味です。「灸で治療をする」という意味もありますが、「きつく注意したり罰を与えて懲らしめる」という意味もあります。
後者の意味ではないか、と思えますよね。

最後の「やれ熱つや」の歌詞からも、熱いヤイトをすえられて懲らしめられている、もしくは苦しめられている様子を想像してしまいます。

最後に

今回は、地域によって違う「かごめかごめの歌詞」を幾つかご紹介しました。
「口頭で伝えられたものが聞き間違えてしまったのでは?」と思えるものから、「知っている歌詞よりも不気味さが増している」と思えるものなど、色々とあったのではないでしょうか?

色々な仮説を立てつつ、皆様にも楽しんで頂けてましたなら幸いです。

関連記事:
かごめかごめについて調べてみた
『かごめかごめ』の不可思議な歌詞について考察
とても怖い?! ゆびきりげんまんの由来

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 神居古潭(カムイコタン)の伝説【神のいる村】※心霊スポット春志内…
  2. 【聖剣エクスカリバー】アーサー王伝説について調べてみた
  3. 石北峠の通称「バケトン」について調べてみた
  4. cicada3301 「謎の暗号」について調べてみた
  5. 中国で多く実践されている2つの風水
  6. この地球は樹木の残骸でできていた
  7. 南極の氷の下の古代文明の集落跡 「氷に覆われる前の南極」
  8. 30秒の差が恐竜の絶滅を決めた! 【小惑星地球激突死因ランキング…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

家康にも秀忠にも嫌われた六男・松平忠輝 「ようやく家康に認められるも大坂の陣で大失態」後編

前編では、生まれた頃から家康に忌み嫌われた六男・忠輝の前半生について解説した。今回は、忠輝の…

西尾宗次 ~真田幸村(信繁)を討った男

資料を見ると「こうして彼は○○の戦いで討ち死にしたのであった」簡単にこう書いてありますが、実際の所誰…

天竜川の救世主・金原明善って知ってる? 幕末から大正まで大活躍の生涯を調べてみた

信州の諏訪湖を水源に、愛知県・静岡県を経て遠州灘へと流れだす天竜川。名前の由来は速い水流が天に昇る竜…

浅井長政とは 〜「信長の妹・お市と結婚し、死後に将軍家光の祖父となる」

信長の同盟者 浅井長政浅井長政(あざいながまさ)は北近江を治めていた戦国大名であり、織田…

戦国最強軍団・赤備えを受け継いだ猛将たち 「飯富虎昌 山県昌景 井伊直政 真田幸村」

戦国最強軍団 赤備え戦国時代、全身朱塗りの甲冑をまとった「赤備え(あかぞなえ)」という軍…

アーカイブ

PAGE TOP