観光

旅を仕事にする「旅ガール」 〜トラベルフォトライターという新たな職業

かつては女性がひとりで海外旅行に出掛けるといった活動的な姿には、「危険」という心配の声が一番に上がっていた。

時代や人々の価値観の変化が生まれたとはいえ、現在もひとり旅と「危険」は紙一重だ。

ひとりで見知らぬ国へ出向いたからには、自分の身を自力で守る覚悟を持って行動する意識付けと、多少の語学の取得が重要となってくる。

これは、語学の習得力によって自分の置かれる環境に大差が出てくるためだ。

旅ガール

各国の交通機関や個人の生活水準が今日までに見直され、快適に旅行を楽しめる治安の良さを実現できている国もあれば、まだまだ課題の多い国や地域もあり、日本を含め絶対の安全は存在しない。

しかし、ひとり旅には自分だけの時間を確保できる充実感と、自分の思い描くままに旅行の予定を決められる魅力があるのも事実であり、その魅力こそが、ひとり旅への意欲を加速させていることも現実である。

日本のソロ活の浸透が「ひとり旅」へのハードルを下げている!?

女性がひとり旅を積極的に行う環境が確立されつつある現状には、日本独自の『おひとりさま文化』の浸透が大きく影響している。

ひとりの時間を時間を楽しむ『ソロ活』とも呼ばれ、単身で食事やレジャーを満喫する人々が増加している。

好きな時に自分のペースで気ままに活動できる、人に合わせる必要もない、非日常の空間を独り占めできる単独行動は、有意義な時間を持つことができるという認識が強く、あえて単独で動くことで気疲れしない楽しさと、リフレッシュ効果を得られると実感している人々が多いようだ。

世界を見て回る「ひとり旅」で気づく自分の可能性

渡航先に到着してからの期待と興奮、感動を共有する相手は、全て自分自身のひとり旅。

初めて見る絶景や、街並み、聞き慣れない言語に緊張しながらも、異国の文化に触れる時間は、自分ひとりの力が通用するかの挑戦に近い感覚でもある。

ひとり旅に対して「答えの見えない自分探し」や「現実逃避」というマイナスな意見を投げかけてくる人もいる。

確かにひとり旅に出かける切っ掛けは「日常から距離を置くために環境を変えたい、違う世界を見てみたい」という気持ちから始まる場合も多いが、『人が旅をすることは、ありのままの自分の可能性を広げるためだ』と私は思っている。

好きなことも嫌いなことも含めて言葉の壁を乗り越えた自分の実力を試したいという意欲が、ひとり旅への気持ちを強くさせるのだとも思う。

旅ガール

異国の地で懐かしさや生きやすさに出会うことができたなら、自分は日本以外の別の場所でも精一杯生きていける可能性があるのだという自信に繋がる。

それを『ただの自己満足だ。』といわれても気にすることはないし、世界を見て回る行動だけでも他人の何倍もの勇気を出して、努力をしていることに変わりはない。

旅を仕事にする「旅ガール」の出現〜トラベルフォトライターという新たな職業〜

女性のひとり旅の魅力を伝える新境地を開き、「旅ガール」との愛称でも親しまれているトラベルフォトライターの存在も、ひとり旅の楽しさを盛り上げる理由の一つである。

自身の旅の経験や、撮影した絶景スポットを紹介する著書は、旅に憧れを持つ女性の間で瞬く間に話題となり、そこからインスピレーションを受ける人も多い。

中でも、『海外ひとり旅ガールの便利帖』の著者『たじはる』こと田島知華(たじま はるか)さんと、『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』の著者、詩歩(しほ)さんは「旅ガール」の先駆けとなった人物だ。

・《トラベルフォトライター・女子旅アドバイザーとして活躍する 田島知華さん》

海外の建築デザインに興味を抱いたことを機に、学生時代から単身で海外旅行を開始する。

旅先で着るファッションと、カラフルな海外の建造物とのコラボレーションを基盤に旅の楽しさを伝えている。

世界の空港ラウンジや宿泊ホテルに関する詳細も著書に綴り、海外女子ひとり旅を安心して実行できるノウハウを発信している。また、観光地を美しく撮影するためのカメラテクニックの知識にも精通している。

TAJI HARU公式ページ:http://tajiharu.main.jp

・《絶景プロデューサーとして活躍する 詩歩さん》

就職した広告代理店の新人研修の課題としてFace Book上で発信を始めた『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』という企画が出版社の目に止まり、書籍化を実現させる。

その後、個人宛の仕事が増加したことで、絶景プロデューサーとして自ら会社を立ち上げ独立をする。

『死ぬまでに』というインパクトのあるタイトルは、卒業旅行先のオーストラリアで交通事故に遭った自身の体験から名付けられた。

近年では、日本全国の絶景の発掘に力を入れている。

Shiho and…公式ページ:https://shiho.me

国内外の街並み、遺跡、自然を人生で一度は自分の目で確かめたい、そんな2人の生き方に刺激を受け、現地で羽を伸ばす旅行で終わらせるのではなく、自分が憧れを抱いていた現地へ足を運んだという旅の記録を残したいという新たな旅の目的を見つけ出す人も多い。

ネット社会において心掛けるべき「ひとり旅」の影響力と理解

旅ガール

ひとり旅の記録を共有する手段として多く使用されるのが、インスタグラムや個人ブログを始めとするSNSツールである。

いつ、どこでも発信できるネット環境が普及した現代だからこそ気を付けたいのが、こうしたリアルタイムで行うSNSの発信だ。

特にひとり旅の途中である自分の居場所を特定する発言は、必ず避けるべき行動である。

自分が計画し、憧れを抱いた現地でのひとり旅を快適に過ごすためには、母国と同じ心待ちでは通用しない現実があることへの理解も必要だ。

警戒心と周囲への目配りを忘れず、生涯の大切な記憶、思い出となる自分だけの「ひとり旅」を彩ってほしい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部 新井弘樹

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 万里の長城は時代と共に変化していった 「春秋、秦、漢、金、明」
  2. 犬山城に行ってきた!【日本100名城】
  3. 「戦争を乗り越えた歴史が築き上げた観光の国」 クロアチアと『ドゥ…
  4. 富士信仰について調べてみた【富士山は誰のもの?】
  5. 八ヶ岳で犬(ワンちゃん)と遊べるオススメスポット
  6. 北朝鮮の観光事情について調べてみた【日本人も行ける!】
  7. 「オーロラ」の特徴に迫る 〜日本でも観測できる「オーロラ」とは?…
  8. あの美女は誰?!みんなが気になるトリバゴの秘密


新着記事

おすすめ記事

井伊直政 ~徳川四天王で最も出世した万能武将

結束の固い徳川家臣団にあって、外様だった井伊直政が「徳川四天王」とまで呼ばれるまでの身分となった。し…

阿蘇観光の楽しみ方「阿蘇山、牧場、特急あそぼーい」

阿蘇山といえば、学生の頃に修学旅行で訪れた記憶がある方もいらっしゃるかと思います。そんな…

【王冠を捨てた恋】エドワード8世について調べてみた

離婚歴のあるアメリカ人を妻にしたイギリスの王族と言えば、2018年5月19日にメーガン・マークルと結…

大泉洋“大河俳優”としてまたステージアップ!「鎌倉殿の13人」頼朝落馬絶命のインパクト

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第25話が26日に放送され、大泉洋(49)演じる鎌倉…

軽いジョークがキッカケで生まれたソジェー共和国。その歴代大統領を紹介【フランス】

世界には様々な国があり、そこには個性豊かな人々が暮らしていますが、中には強烈過ぎる個性が国境の枠を超…

アーカイブ

PAGE TOP