海外

ハワイ島 オーラが見える洞窟の行き方【マウナラニ】

こんにちは。ゲーハーです。

現在ハワイから記事を書いています。一部で話題のハワイ島のオーラが見える洞窟に実際に行ってきたので、行き方を分かりやすくレポしておきます。

私達はマウナラニベイホテルMauna Lani Bay Hotel & Bungalows)に泊まりました

オーラが見える洞窟 マウナラニMAP

オーラが見える洞窟

最初の一番わかりやすい目印は、マウナラニ スパ(Mauna Lani Spaです。世界でも上位のSpa&Salonです。

上のmapの赤い丸でくくっているところが、マウナラニ スパで、赤い矢印の先が洞窟です。

ホテルのシャトルでもタクシーでも、マウナラニスパへ行きたいといえばすぐに連れてっいってくれます。

ヒストリックパーク(Historic Park)の看板が目印

マウナラニスパの入り口の道路向こうのすぐそばに、こんな看板と横道があります。

オーラが見える洞窟

ヒストリックパーク(Historic Park)への入り口です。

ここをそのまま進んでいくと、左側に駐車場やトイレなどのエリアがあります。

その奥に、上へと登っていく小道があって、そこをどんどん歩いていきます。

オーラが見える洞窟

こんな感じの溶岩道です。

少し進むと、Lava Tubes という看板があり、奥に洞窟のようなものが見えますが、ここは違います

もっと先にあります。

そしてうねうねした道をどんどん進んでいくと(※途中似たような看板が他にもいくつかあります)

Home is Where the Hearth Is の看板が洞窟の入り口

道を進んでいくと、左側の奥の方に小さく看板が見えます。(※見逃さないように注意)

近づいていくと

Home is Where the Hearth Is と書かれた看板です

そこの右隣の洞窟が、オーラの見える洞窟です。

時間は11時〜13時くらいがベスト

オーラが見える仕組みとしては、洞窟の天井の穴から差し込む光とカメラの反射によるものなので、太陽が真上にある正午近くの時間でないと、位置がズレてしまいます。11:00〜13:00時くらいがベストです。

ちなみに私達は、13:30分頃に到着したので、位置が少しズレてしまってます。

それでも撮影はうまくいきましたが、日はどんどん進んでしまいますので、これ以上遅くなるとキツイかもしれません。

オーラが見えた!?

オーラが見える洞窟

ちなみに、ゲーハーが撮影するとこんな感じになりますw

太陽光とカメラの反射のせいだと思うのですが、ものすごく神々しい感じに撮影できますw

こちらは妻です。

ゲーハーじゃないのでさすがに頭は光りませんが、それでもかなり神々しい感じです。

仏のような写真を撮りたい方は、スキンヘッドにするのがオススメです。

マウナラニベイホテルから徒歩でも行けなくはない

オーラが見える洞窟

距離があるのであまりオススメはしませんが、徒歩でもいけなくはないです。

マウナラニホテルに泊まった方は、海岸沿いから、フィッシュポンドを目指して、裏から洞窟に行くこともできます。

上がそのルートです。

この奥に見える池がフィッシュポンド(FishPond)で、カメハメハ大王をはじめとする王族に献上する為の魚を養殖していたとされる池です。

ここら辺にひらけた道路があるので、そこを渡って小道を入っていっても洞窟に着けます。

逆ルートですね。

海岸からここの裏道は、散歩やジョギングなどには最適の美しいルートなので、散策しながら行ってみるのも良いかもしれません。

ちなみに私達は、帰りはシャトルバスを使わずに、このルートの道を歩いてホテルまで戻りました。

関連記事 :
マウナラニ ベイ ホテル(ハワイ島)の喫煙場所レポ
ヒルトン ワイコロア ビレッジ(ハワイ島)に行ってきた【喫煙場所,ブッダポイント,ドルフィンクエスト】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

新井キヒロ

投稿者の記事一覧

漫画家&イラストレーター&webサイト運営
お仕事のご連絡などは
hagemarugt7☆gmail.com ☆→@ まで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 浜松城へ行ってみた【続日本100名城 観光】
  2. 本当の刑務所について体験し調べてきた【実録】
  3. キューバとはどんな国なのか?【社会主義を勝ち取った国】
  4. 京都五山の送り火、8月16日じゃないのに夜空に燃えた大文字
  5. ジョン・トラボルタがイメチェン【ハリウッドお騒がせスター】
  6. アルバニアについて調べてみた【国民の半分がねずみ講に加入】
  7. ヨーロッパで最も危険な男・オットー・スコルツェニー
  8. オスタルギーとは何か?東西ドイツ統一後の東ドイツについて調べてみ…


新着記事

おすすめ記事

戦国大名たちが高値で買いあさった舶来の呂宋壺、現地ではただのガラクタだった

「何だこりゃ、汚い壺だなあ」物置の奥から出て来た骨董品を捨てようとしていたら、実はとんでもな…

【国産時計の語れるうんちく】知れば知るほど面白い時計の“歴史”-第5回

第5回 – 知れば知るほど面白い時計の“歴史”② 調査、技術、歴史の三つの項目に分けて、国産時計にま…

名将 プリンツ・オイゲンの生涯とは?【敵国オーストリアで英雄になったフランス人】

オーストリア ウィーンの観光名所の一つ、ハプスブルク家の皇帝居城「ホーフブルク王宮」を抜け、…

優駿牝馬(オークス)の歴史を調べてみた

優駿牝馬(3歳オープン 牝馬限定 国際・指定 定量 2400m芝・左)は、日本中央競馬会(J…

芹沢鴨 ~暗殺で生涯を終えた初代新選組筆頭局長

新選組初代筆頭局長芹沢鴨(せりざわかも)は、幕末の京にあって尊王攘夷派の志士達を恐れさせ…

アーカイブ

PAGE TOP