ミリタリー

モンタナ級戦艦 〜大和を凌ぐアメリカ海軍幻の巨大戦艦

計画のみに終わった幻の戦艦

モンタナ級戦艦

※モンタナ(BB-67)の完成予想図

モンタナ級戦艦はアメリカ海軍において計画された最大の戦艦でしたが、机上の計画のみに終わり実際に建造されることはなかった幻の戦艦です。

アメリカで実際に建造された最大の戦艦はアイオワ級でしたが、モンタナ級はこれを遥かに越える戦艦として計画されました。
モンタナ級戦艦は主砲こそアイオワ級と同じ50口径40.6cm砲でしたが、この3連装主砲を4基12門の搭載とし1基3門を増加させて火力を高めていました。

また同じく全長もアリゾナ級戦艦の約270.427mを10m以上延長した281.940m、全幅も36.799mとアメリカの戦艦として初めてパナマ運河の通航ができる最大幅の33mを超過し、満載排水量も70,000tを超える世界最大級の大きさの戦艦として計画が進められました。

日本の戦艦への対処

アメリカの巨大戦艦の計画は1936年時点まで遡ります。この年に第二次ロンドン海軍軍縮条約の枠から仮想敵国である日本が離脱したため、同条約を批准していたアメリカも他のイギリス・フランスと協議の上、条約の上限を超える戦艦の建造に対し、1938年3月にエスカレータ条項によって踏み切る事になりました。

当時のアメリカ海軍は、既に日本が条約の制限以上の規格である46,000t、16インチ主砲(40.6cm)級の新型戦艦を建造しているものと見ており、自らもこれに対抗しうる戦艦の建造を企図しました。

実際には日本海軍の大和型戦艦は、満載排水量72,800t、45口径46cm(18インチ)3連装主砲3基9門とアメリカの想像よりも巨大な戦艦ではありました。

太平洋戦争の趨勢

但しモンタナ級の主砲50口径40.6cm砲は12門を搭載することから、アイオワ級のアメリカ戦艦と主砲自体は同様としつつも1基3門を増加させたことで火力の向上が図られており、斉射の弾量は約14.7tで13.1tの大和型と比べても上回る程の火力を備えていました。

モンタナ級はその重武装故、速力は27ノットとアイオワ級の33ノットと比較すると低速な戦艦となっていました。
しかし1939年にナチス・ドイツがポーランドに侵攻したことで第二次世界大戦が勃発すると、翌1940年7月に建造予算が承認されました。

但し、既に建造が始まっていたアイオワ級戦艦が優先的に建造されることになり、1941年12月に日本が真珠湾を攻撃したことで太平洋戦争が始まると、航空機が海戦の主力兵器であることが表面化し、航空母艦の建造が優先されたことでモンタナ級戦艦の必要性は低下していきました。

パナマ運河側を拡幅

そうした状況下において、アメリカ海軍内部でもアイオワ級ではなくモンタナ級を優先すべきという従来の大艦巨砲主義に基ずく意見も出されたと言われていますが、結局大統領であったルーズベルトによってモンタナ級戦艦の建造中止が決定されました。

そもそもアイオワ級戦艦でパナマ運河を通航できる最大限の幅に達していたまで二も関わらず、モンタナ級戦艦はそれを超過する全幅となっており、太平洋と大西洋に挟まれたアメリカにおいて現実的とは言い難い計画であったとも言えました。

※パナマ運河の全体図

但しパマナ運河自体に拡幅工事を行って新型戦艦の通航を可能にするという、第二次世界大戦中には実現が厳しそうな案も提唱されていたと伝えられています。

大艦巨砲主義の終焉

モンタナ級戦艦は、太平洋戦争が開始されたことで日本海軍が保有していた最新型の戦艦・大和型を凌駕する戦艦であると、一時期は戦意高揚の点からも喧伝されていました。しかしあくまでも計画段階の机上のスペックを基にしたものであり、現実的には長すぎる全長から凌波性や動揺性能に課題があったとも言われています。

寧ろ日本側の真珠湾攻撃やマレー沖海戦で戦艦に対する航空機の優位が判明しなければ、そのまま改良を加えて建造されたかもしれないとも思われる逆説的な軍艦とも言えるものでした。

関連記事:
アイオワ級戦艦【アメリカ海軍史上最大にして最後の高速戦艦】
史上最も活躍したと言われるイギリス戦艦・ウォースパイト
戦艦の歴史を変えた弩級艦・ドレッドノート
「ポケット戦艦」と呼ばれた軍艦について調べてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. F-35 vs F-15EX「日本は騙されたのか?」
  2. リヒトホーフェン ~レッド・バロンと呼ばれた男【紅の豚のモデル?…
  3. 伝説の5人の狙撃手たち 【戦場の死神】
  4. ステルス技術の進化について調べてみた その1
  5. 実は行われていた日本による アメリカ本土攻撃
  6. トップガン について調べてみた【アメリカ海軍戦闘機兵器学校】
  7. コスパには優れていたドイツのミサイル・V-1号
  8. 731部隊「関東軍細菌兵器開発 」恐怖の全貌


新着記事

おすすめ記事

大政奉還の裏側について調べてみた【徳川慶喜の切り札とは?】

265年間続いた江戸時代から明治への移行。はっきりとした線引きはできないが、幕末の出来事の中で大政奉…

斎藤一について調べてみた【新選組】※強さ、剣術

血の匂いと浪漫を感じる集団の中で、一際『謎』の多い人物・・・新撰組三番隊組長「斎藤一…

傘袋ロケットの作り方 「ロケットの翼の役割とは何か?」

※イラスト Peaceful life 20「ねえパパ、ママ、翼ってなんのためにあるの?…

千葉を発展させた漁師 について調べてみた

醤油で有名なヤマサ醤油の本社は千葉県銚子市にある。キッコーマンに次いで全国シェア第二位の規模だ。…

トリノの聖骸布「浮かび上がるのは嘘か、真か」

最も重要で、最も謎に満ちた聖遺物イタリア北西部の都市トリノ。世界的な自動車メーカー「フィアット」…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP