海外

インドカレー店がなぜ多いのか調べてみた【法務省も関与していた!?】

ここしばらく謎だったのが、外国人が経営するインドカレー店が増えてきたことだ。

最初は都内の駅から離れた場所にこっそりオープンしていたが、徐々に郊外でも増え始め、今では地方の駅の近くにも堂々と店を構えている。

しかも、近い立地に複数オープンするケースも増え、完全に需要を上回っている。当然のことながら、早々に店をたたむことも多かったので不思議だった。それでもなぜ、インドカレー店のオープンラッシュは止まらないのだろうか?

インドカレー

インドカレー店がなぜ多いのか調べてみた

インドにカレーという料理はない」というのは有名な話だが、そもそも旧支配国のイギリスが、一部のインド料理をカレーという名前でイギリス料理に取り入れたことにより、世界中に普及したのも事実である。

そのため、今ではインド人自身も他国の人間に分かりやすく説明するために「カレー」という言葉を使うことが多い。インド人にとっても「カレー(カリー)」は外来語だった。

また、宗教的な理由もあり、日本のように肉入りのカレーというのもあまりない。あっても地域によって肉の種類は限られてしまう。

ヒンドゥー教や仏教は不殺生の教えがあるので菜食主義の者が多い。食べるとしても豚肉か鶏肉に限られる。逆にイスラム教徒は豚を食べられないので、鶏肉、羊肉(マトン)、魚介類などが主になる。

需要の関係なのか、比較的値段が安いのが山羊肉で、鶏肉は比較的値段が高い。そのため、豆料理のほうが充実しているといえる。豆のカレーが多いのもそのためだ。

また、それらのインド料理は周辺国にも影響を与えている。ネパール、チベット、スリランカ、バングラディシュ、パキスタンなどでも「カレー的」な料理は広まっており、カレー=インドという構図は存在しない。南アジアにおいてインド料理は庶民の味となっているのだ。

なぜインドカレー?

それにしても、日本では本場のインドカレーに馴染みがなかった。

今でこそ食べたことがあるという人も多いだろうが、すでに日本のカレー業界は「CoCo壱番屋」のように「日本のカレー」がシェアを独占していたのだ。そこになぜインドカレーで勝負をしようとしたのだろうか?

これは調べてみると簡単な理由だった。

何よりも出店コストの安さがあった。

ラーメン店などは新規出店で2000万~3000万円程度かかることもざらだが、インドカレー店は1000万円程度、居抜き物件(前の借主が設備をそのままに退去した物件)で安く上げれば数百万円程度でも出店できるという。

また、立地的も必ず1階である必要はない。インドカレー店ならば賃料の安い雑居ビルの2階以上や路地裏などでも十分に成立する。また、特殊な調理器具が少なく済むのも大きい。やろうと思えば家庭用の機材でも事足りるため、改装費用も抑えることができるわけだ。

さらにナンに使う小麦粉など、食材の原価率も低く、家庭料理のために専門のコックを雇う必要もない。料理そのものも、味が濃くて脂っこいので料理の腕が味にあまり影響しない。

このような理由がインドカレー店の過当競争につながったようだ。

エスニック料理の普及がインドカレーを後押し

※インド周辺の地図

日本のインドカレー店のほとんどが、インド人ではない南アジア人が営業、労働しているという話も有名である。

本場インドカレー店」といいながら、よく見ると「インド・ネパールカレー」となっていたり、「インド・スリランカカレー」のように経営者の出身国の料理も合わせて提供する店が多い。

逆にインドではカースト制度により貧富の差が激しいので、来日できるインド人はIT企業などに勤務する一部のエリートなどに限られる。そのため、インド周辺の国々の人は、来日しても知名度の高いインドカレーを店の看板に掲げるわけだ。

自国の料理と極端な違いがない上に、男性でも料理できる家庭料理ばかりなので単身で来日することも出来る。その中でも特に多いのがネパール人と言われている。

インド人以外のオーナーが、インドカレー店を始めるには二つの理由があった。

まずは、日本人の味への親しみ。
最近のエスニック料理ブームによって、日本人向けの味付けをしない「本場」の味が好まれるようになった。これはインド料理も同じで、多くのスパイスを調合したものでも「いい匂い」と感じるファンが増えてきている。独特の香辛料の香りや辛さによって避けられてきたインドカレーも、今ではしっかりと見直されているわけだ。

また、インドカレーといってもすべてが辛いわけではなく、逆に日本の辛口カレーのような辛さのものを見つけるほうが難しい。インドカレー店でもメニューにどのカレーが辛いのかが書かれており、すぐわかるようになっている。
また、ヨガが流行ったことなどから、ヨガやインド健康法を習っている人も、健康面からインドの本場カレーのファンになる確率は高くなるという。

これが「」の理由である。
次のページへ

[ikemenres]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
固定ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. 非日常が味わえる 「マレーシアのランカウイ島」
  2. お茶(緑茶・紅茶・烏龍茶)の歴史【世界史の裏側にはお茶があった】…
  3. 令和4年(2022年)は寅(トラ)年…ということで、虎に関するこ…
  4. 破産もしていたトランプ大統領の意外な人生
  5. ビタミンC の効能について調べてみた
  6. 日本人が間違いやすいネイティブ英語⑤【食べ物・果物、おやつ編】
  7. つけ麺の歴史と「東京のつけ麺」10選
  8. バーバリーの歴史について調べてみた【英国ブランド】


新着記事

おすすめ記事

隠元禅師が中国から日本に持ち込んだもの【萬福寺と普茶料理】

京都の宇治に位置する黄檗禅宗(おうばくぜんしゅう)の大本山萬福寺(まんぷくじ)。ここに来ると…

世界で一番長生きな昆虫について調べてみた

セミの寿命は1週間しかないといわれています。(※成虫後)昆虫は一般的には短命なイメージですが…

津軽為信 ・津軽の梟雄【奇策でのし上がった戦国大名】

津軽為信とは津軽為信(つがるためのぶ)は、戦国時代に津軽地方を統一して弘前藩の初代藩主となっ…

リヒトホーフェン ~レッド・バロンと呼ばれた男【紅の豚のモデル?】

第一次世界大戦の記憶が薄れつつあった1929年、世界は大恐慌に見舞われた。そんな時代のイタリ…

日本はジェンダー後進国?世界の「ジェンダーギャップ指数(男女の性別格差)」を調べてみた

世界経済フォーラム(本部:ジュネーブ)では、男女の性別格差(ジェンダーギャップ)について調査したジェ…

アーカイブ

PAGE TOP