施設

知られざる客室清掃業の仕事とは? 「客室の清潔さがホテルの信頼を物語る」

旅行先で期待することといえば、観光地で過ごす充実した時間や絶景スポットでの写真撮影が真っ先に思い浮かぶ。

それと同時に、日常を忘れてゆっくり寛ぐための空間である宿泊先への期待を大きく抱く人々も多い。

特に大浴場や、各部屋に半露天風呂を完備しているホテルが定着しつつある日本では、宿泊施設に対する期待値は非常に高い。

上質な顧客対応はもちろんだが、部屋の隅々まで行き届いた清潔感こそ、ホテルの信頼と魅力を引き出しているともいえる。

今回は、そんなホテルの快適な空間を支え続ける「客室清掃の実態」について調べてみた。

「快適で心地良い空間を創り上げる」客室清掃という仕事

知られざる客室清掃業の仕事とは?

画像:客室のドアを開ける様子 Pixabay

「ホテルの信頼は客室清掃の完成度で決まる。」

そう表現されるほど、客室の清潔さはホテル利用価値の判断基準をも左右する。

ホテルへの大きな期待を寄せる人々の大半は、現実から離れ、非日常を味わう旅行者である。そのため、心地よい休息や睡眠を取ることへのこだわりも強い。自宅同様に寛げる空間と、隅々まで行き届いた清掃の成果を実感できてやっと、旅行の満足感が満たされる人もいるほどだ。

そんな旅行にかける人々の特別な想いを迎え入れ、快適で心地良い空間を創り上げるのが「客室清掃」という仕事である。

短時間で完璧な清掃をこなすスキルアップが日々、求められる業務だ。

清掃から応対業務まで多彩なスキルが求められる客室清掃

客室清掃の業務は、当然ながら自宅で行う部屋の掃除とは規模が違う。一言でいえば、「時間との真剣勝負」だ。

指定されたチェックイン時刻までに、快く販売できるクオリティの高い部屋を仕上げる必要があるからである。

多くのホテルでは、個人の実力に応じて担当する部屋を割り当てているが、1人で11〜15部屋の清掃を受け持つのが一般的となっている。

1室にかけられる清掃時間は平均で20分程度とされている。指定された部屋の清掃を順番にこなしていくだけの仕事にも感じられるが、自身の退勤時間を見据えた時間配分を意識しながら業務にあたらなければならない。客室清掃を的確にこなす柔軟性が重要となる。

その柔軟性が維持できていなければ、イレギュラーな対応を求められたとき、判断力はおろか、清掃の完成度にも影響が生じる。

客室清掃の仕事は、時間・体力・精神のバランスが業務に反映される職業と言っても過言ではない。

知られざる客室清掃業の仕事とは?

画像:清潔に整えられたバスルーム Pixabay

また、顧客との対面が少ないことから客室清掃は「裏方業務」というイメージが未だ根強く残る。

しかし実際は、顧客からの直接的な清掃依頼を受けたり、清掃の有無を確認したりと丁寧な接客対応も求められる職業である。一人での作業がメインとなる客室清掃スタッフにも、販売業と変わらない明るい笑顔や、気配りが求められてくる瞬間が多々ある。

ホテルの評価にも影響する全スタッフの接客態度。

快適な部屋を創り上げる客室清掃スタッフにとって、好感のもてる笑顔と挨拶は部屋への美意識と同じぐらい重要なものとなっている。

客室清掃スタッフが抱く使命感の先にあるもの

客室のドアを開けた瞬間から大きな課題にぶつかることもあるのが客室清掃という仕事である。

それでも業務に邁進し続けるのは、「限られた時間の中で、自らの手で快適な空間を創り上げる」という強い使命感があるからだ。

その強い使命感のきっかけとなるのが、宿泊者から寄せられる賞賛の声である。

ホテルの清潔感に満足感を覚えた顧客が残した感謝の言葉には、仕事へのやり甲斐と自身のモチベーションを高める力があるという。

部屋がきれいでした。」「いつもありがとう。」といったメッセージには、客室清掃スタッフへの感謝を表現すると共に「清潔で快適なホテルだった。」という信頼の気持ちが込められているからだ。

自分が手掛けた部屋の清潔さがホテル全体の評価へと繋がる達成感は、客室清掃スタッフのみが味わえる特権ともいえるだろう。

知られざる客室清掃業の仕事とは?

画像:メッセージカード

素早く丁寧な清掃を必要とされ、ときには臨機応変な気配りを求められる客室清掃。ホテルという空間に自宅同様の安らぎを実感できるのも、そんな客室清掃スタッフの見えない努力があるからである。

一時期は観光業の衰退と、療養受け入れの対応で目まぐるしく変わる業務内容に不安ばかりが募る日々もあっただろう。「快適な空間を提供する仕事」がいつしか、感染対策という理由で「閉鎖的に近い空間を意識するもの」へと変わり、憤りを感じることもあったに違いない。

人との距離が制限される現在も、ホテルとホテルを利用するすべての人々の日常を支えている客室清掃スタッフ。旅の制限が緩和されつつある今こそ、清潔さと安心を届ける客室清掃という仕事を身近に感じられる。

自身の旅の記憶の中に、快適なホテルの印象が刻まれた時にはぜひ、客室清掃スタッフへの感謝を言葉にして伝えてほしい。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 日本の正月の習慣の由来について調べてみた
  2. 東京ドーム移転のはなしも? 東京ドームシティ周辺おすすめスポット…
  3. 暗黒時代の20代後半【漫画~キヒロの青春】①
  4. 「戦争を乗り越えた歴史が築き上げた観光の国」 クロアチアと『ドゥ…
  5. 漢字の面白い成り立ち 「象形文字、指事文字、会意文字、形声文字」…
  6. マイルを貯めるにはどのクレジットカードが良いか?【オススメ5選】…
  7. ロンドン塔について調べてみた【イギリス屈指の観光スポット】
  8. 税金が安いドバイの観光プロジェクト 「サファリツアー」の魅力とは…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

【無料】「からかい上手の高木さん」第162話「ケンケン」がサンデーうぇぶりにて公開

Published byMANGA Watch【第162話】 6月15日…

斎藤義龍 〜父・道三を討ち、信長を苦しませた巨漢武将(197cm)

斎藤義龍とは斎藤義龍(さいとうよしたつ)は、今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で伊藤英…

公孫淵 ~遼東の燕王 二枚舌外交の悲惨な末路~ 【司馬懿により国の15歳以上の男は皆殺し】

公孫淵の野望229年、呉王孫権は帝位に登り、中華の地は三人の帝が並びたつ異例の状態へと突…

アイヒマンテストとは 〜【人間の残酷さを証明した心理実験】

アイヒマンテストとは「アイヒマンテスト」は1963年にアメリカのイェール大学の心理学者で…

【最古の恐竜は何か?】エオラプトル ~夜明けを告げるヤバイやつ

上野で待ってる「夜明けの泥棒」恐竜の情報は絶えずアップデートされるもので、「最古の恐竜は…

アーカイブ

PAGE TOP