古代文明

レムリア文明について調べてみた

古代には、現代を生きる我々の想像をはるかに超える知識と技術を持つ文明があったと、一部の専門家たちは考えている。
しかし、その多くは謎に包まれ、存在さえ怪しまれる傾向にある。

たとえば、アトランティスは著名な哲学者プラトンの著書に登場したり、ロマンあふれる逸話の数々により、好奇心を刺激してくれる。
ムー大陸モアイ像がその名残を伝えているともいわれている。

そして、現在の人類よりも精神性の高い人間の集まりだったといわれる代表的な超古代文明として「レムリア」がある。
今回は、レムリア文明について調べてみた。

スポンサーリンク

レムリア文明とは

レムリア文明」は、レムリア大陸を拠点として栄えた文明の名称だ。

この文明は動物の起源を研究されたフィリップ・ラトリー・スクレーター(Philip Lutley Sclater)の影響もあり、インド洋にあったと考えられていたが、ヘレナ・P・ブラヴァッツキーの著書『シークレット・ドクトリン』のなかで太平洋にあったと書かれている説を支持する人が、現在では多い。

レムリア文明
H・P・ブラヴァツキー

ここから派生してレムリア文明がアトランティスやムーの起源の大陸として考えられていくようになる。
とくにムー大陸との関係性は強いと考えられるようになった。

レムリアは、精神性の高い人々によって文明が栄え、その技術はたいへん優れており、精神的パワー、いわゆるテレパシーを使って運営を行い、驚くことに宇宙まで行っていたという。そして、宇宙のマスターとの交流により、さらなる発展を続けた、と考えられている。

ムーやアトランティスも高度な人々による支配であったが、レムリアはそれ以上の精神性の高い人々が支配(統治)していた。

前述のように宇宙のマスターとの交流もある一方で、シリウスプレアデス(ギガ星人という説も)などの徳や精神性の高い人々(異星人)が、そのテレパシーの力を使い、恒久的な平和をもたらすような統治をしていたからだ。

レムリアの人々は宇宙だけでなく3次元から5次元間の移動ができ、他にもヒーリングによる病気の治癒など、有名な他の超古代文明とは異色の存在であった。争いを好まず、母性愛にも似た慈愛の精神が中心となった文明だったという。

しかし、そんなレムリアも自然の力には勝てず、大洪水によって沈んでしまう。(一部ではアトランティス侵略説もある)
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 「バベルの塔」は実在するのか?モチーフとなったジッグラトを調べて…
  2. 古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった…
  3. 古代の超大陸について調べてみた【 パンゲア大陸 】
  4. マヤ文明の高度な技術 【4万以上の文字と1年365日の暦】
  5. マヤ文明の最新調査について調べてみた【セイバル遺跡】
  6. 神か?人間か?ギルガメシュについて調べてみた
  7. 謎のアトランティス大陸について調べてみた
  8. アドルフ・ヒトラーとオカルティズムについて調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP