三國志

【三国志の豪傑】 張飛は目を開けたまま寝ていた? 「肝臓が悪い人に多い」

張飛

張飛は目を開けたまま寝ていた?

※清代の書物に描かれた張飛

言わずと知れた三国志の豪傑 張飛

人間味のあるその性格と、人間離れした力や戦闘能力で多くの人を魅了している。
三国志演技の中で張飛はなんと夜眠る時、凄まじく大きな鼾(いびき)をかいたという。(※あくまで三国志演技は創作物であるが

張飛の妻も耐えられないほどの大きさであった。そしてなんと目を開けて眠るという記述がある。
しかも目を全開に開いて眠っていたという。

正常な人間であれば、目を閉じて寝るのが普通である。
まれに半目を開けていたりする人はいるが、全く目を閉じずに眠るなどということがありえるのであろうか。

目の疾患

人は眼球が瞼よりも大きすぎると、目を閉じる事ができないという。
つまり瞼が眼球を覆う事ができないのだ。

その理由の一つにホルモン異常の病気「バセドー病」がある。
目が少しづつ前に飛び出てくるため、瞼で覆いきれないという現象が起こるのである。

目を閉じずに寝る」というのは実際に一つの病気として存在する。
夜行性兎眼という睡眠障害の一種である。
睡眠中に目を閉じないと、目が乾いたり、光によって目が覚めるなど、しっかり睡眠が取れないなどの弊害がある。

実際に病気として存在しているのだから、張飛の話もまんざら作り話ではないかもしれない。

そして、目を開けたまま眠る症状の原因として「肝臓の疾患」というのがある。

肝臓に問題があると、目に症状が出てしまうという。

これが張飛においては当てはまるかもしれない。

酒豪張飛

張飛は酒好きで有名である。「張飛酒」という名前の酒が販売されているほどである。

張飛は毎日酔うまで酒を飲んでいたという。
そのせいで肝臓を痛めていたことは十分に考えられる。

張飛は酒好きの上に酒癖も悪かった。

劉備関羽に何度も戒められたというが、なかなかその癖は治す事ができなかった。

張飛は目を開けたまま寝ていた?

イメージ画像 : 張飛酒

彼の死も、酒が引き金になったといっても過言ではない。

関羽の死後、復讐のために兵を挙げることにした張飛は、3日以内に70万の大軍の白衣を作るよう依頼した。
当然そんな無茶な要求が実現できるわけもなく、依頼された2人の男は納期を伸ばしてもらえるように伝えた。

ところが張飛は酔っていたことも手伝って、彼らを50回佃で打ち「できないなら、殺す!」と激昂した。
その狂気を見た2人の男は殺される前に殺してしまおうと、張飛が大いびきかいて眠っているところへ行った。

2人は目を疑った。明らかに大いびきをかいて眠っているのに目は開いたままなのだ。男たちは怯えたに違いない。

だが、よく観察してみるとぐっすり眠っている。そこで2人は張飛を殺した。

酒の飲み過ぎは、今も昔も変わらず災いの元である。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 終わりの始まり 曹丕の即位【早すぎた魏の初代皇帝の死】
  2. 隠れた名将 廖化元倹【蜀の建国から滅亡まで活躍した長寿武将】
  3. 呂布奉先 嵐を呼び続けた乱世のトリックスター【三国志最強武将】…
  4. 諸葛孔明の北伐はいかに難しかったか【祁山と登山家馬謖を考察】
  5. 董卓の生涯【三国志序盤最大の悪役】
  6. 諸葛孔明は本当に天才軍師だったのか?
  7. 魏延は本当に裏切り者だったのか?【正史三国志の実像】
  8. 龐統は呉のスパイだった?【三国志の珍説】


新着記事

おすすめ記事

後北条氏に仕えた最強忍者・風魔と風魔小太郎 【戦での活躍と風魔一族の最期】

今回は前編に引き続き後編である。後北条氏に代々仕えた忍者・風魔とその首領・風魔小太郎は、実際…

中国の貧富の差について調べてみた 「近代の中国経済発展」

「中国の経済低迷」近年、急速に経済成長を遂げている中国。中国は中華人民共和国という名前で国家が成…

蘆名義広【角館城下町を築いた浮き沈みの激しい人生を生きた武将】

佐竹氏の出自蘆名義広(あしなよしひろ)は、常陸の戦国大名・佐竹義重の次男ですが白河氏の養…

人の性別の種類の数はいくつある?【タイは18個 Facebookは58個?】

WEBサービスの会員登録画面や各種手続きの書類。こういった入力・記入時には氏名・年齢・住所、そして …

アメリカの歴史を簡単にまとめてみた

『世界の警察』、『超大国』であるアメリカ合衆国。この異名の通り、現在ではアメリカの動き次第で…

アーカイブ

PAGE TOP