平安時代

菅原道真はなぜ怨霊となったのか調べてみた

菅原道真
※菅原道真

時は平安、醍醐天皇の御世。
きらびやかな平安の都において、魑魅魍魎が跋扈すると信じられていた時代の話である。

そんな時代、宮中を脅かす奇怪な出来事が相次いだ。そしてそれは「菅原道真(すがわらのみちざね)の怨霊」と呼ばれるようになる。現在では学問の神と崇められる道真は、当時の権力者である藤原氏すら怯えるほどの怨念で都を混乱へと陥れた。

では、菅原道真はなぜ怨霊になってまで京の都に現われたのだろうか?

スポンサーリンク

菅原道真 の才能


※道真の産湯井戸と言われている井戸

菅原道真(承和12年6月25日(845年8月1日) – 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、幼少期より詩歌に才を見せ、わずか5歳で和歌を詠むなど神童と称された。
さらに和歌だけではなく、漢詩にもその才は活かされた。

その起源は天穂日命(あめのほひのみこと)とされ、曽祖父の時代には学問により朝廷に仕える家柄であった。天穂日命とは、天照大神より生まれた神であり、「農業・産業の神」として信仰されている。しかし、当時の菅原家は中流の貴族であった。

そのような家柄だったので、宮中での将来に対しては希望が持てなかったが、貞観4年(862年)18歳で文章生になった。文章生(もんじょうのしょう)とは、学問により朝廷に仕える文章博士の候補生ということだ。

世代を超えて、道真も先祖と同じ道を歩もうとしていた。

そこからはさらに位階を進め、元慶元年(877年)には文章博士に就く。父・菅原是善の没後は、祖父・菅原清公以来の私塾である菅家廊下を主宰、朝廷における文人社会の中心的な存在となった
これまでは家格に応じた官職についていたが、宇多天皇の信任を受けて、以後要職を歴任することとなる。

藤原氏との対立


※京都御所

皇室の外戚として権勢を振るっていた関白・藤原基経亡き後の藤原氏にまだ有力者がいなかったこともあり、宇多天皇は道真を用いて藤原氏を牽制した。

こうした背景もあり、菅原道真はさらに朝廷での官位を上げてゆく。そのなかには他の職務と兼任することも多く、寛平5年(893年)には公卿に列しするまでになった。公卿(くぎょう)とは、司法・行政・立法を司る最高幹部の一員のことである。

しかし、宇多朝末にかけてそれまでの大官が相次いで亡くなると、藤原時平(ふじわらのときひら)が台頭してくるようになった。寛平9年(897年)6月には菅原道真と藤原時平の両名がトップに並ぶ体制となる。
その構図は、宇多天皇が醍醐天皇に譲位した後も変わらず、昌泰2年(899年)には菅原道真が右大臣に昇進して、時平と道真が左右大臣として肩を並べることとなった。

一方で、菅原道真に対する嫉妬や、朝廷への権力の集中を嫌う藤原氏などの有力貴族の反撥が表面化するようになってゆく。周囲からは「このあたりで引退して余生を楽しんでみてはどうか?」と諭されもしたが、菅原道真はこれを聞き入れることはなかった。

謀略と左遷


※大宰府正殿跡

宇多天皇にその才能を認められ、官僚のトップに上り詰めたかに見えた菅原道真だったが、その栄光の道が閉ざされるときが遂にやってくる。

昌泰4年(901年)、菅原道真は、醍醐天皇を廃立して娘婿の斉世親王を皇位に就けるよう謀ったと偽りの密告をされ、その罪により大宰員外帥に左遷されたのだ。宇多上皇はこれを聞き醍醐天皇に面会してとりなそうとしたが、醍醐天皇は面会しなかった。

こうなっては、菅原道真も従うしかない。九州の筑前国の大宰府で、衣食もままならぬ厳しい生活を強いられながらも、自身の潔白をひたすら天に祈ったとされる。

しかし、その祈りは天には届かず、延喜3年(903年)2月25日に大宰府で死去した。享年59。

菅原道真の怨霊

菅原道真の没後5年を経た、908年10月7日、道真左遷の首謀者の1人といわれる藤原菅根(ふじわらのすがね)が54才で亡くなった都では道真の怨霊の祟りだという噂が流れた。

しかし、翌年、道真の怨霊はいよいよその本性を現してゆく。

道真左遷の張本人・藤原時平は、すでにこのとき病床にあったが、天竺(インド)渡来の妙薬も効き目がなく、また陰陽師の祈祷の効き目もなかったので、文章博士・三善清行(みよしのきよゆき)は、自分の長男であり当時都でもっとも有名であった天台宗の僧・浄蔵(じょうぞう)に加持祈祷をさせることになった。

ところが後日、清行が時平のところに見舞いに来ると時平の両耳から二匹の青龍が現われ、次のように語ったという。

「無実の罪で大宰府に流されて死んだ私は、今や天帝(神)の許しを得、怨敵に復讐するため京に舞い戻ってきた。お前の息子は時平のために加持祈祷をしているが、どうせ無駄なことよ」

それ以来、間もなくして時平は死亡、さらには時平の子孫たちを次々と死に追いやり、923年には、醍醐天皇の皇太子の命まで奪うに至る。

930年6月26日には、内裏のひとつである清涼殿(せいりょうでん)に落雷があったが、これが凄まじかった。昼すぎの頃、愛宕山の上より起こった黒雲はたちまち雨を降らせ、にわかに雷鳴を轟かして清涼殿の上に雷を落とし、神火を放つ。

これにより、胸を焼かれて死亡するもの、顔が焼けただれたもの、髪が抜けて死亡したもの、腹部が焼けただれたり膝を焼かれて倒れ伏すものなど、多くの犠牲者が出たのだ。


※『北野天神縁起絵巻』に描かれた、清涼殿落雷事件

さらにはこの落雷で、醍醐天皇も病に伏し、起きれなくなったしまった。

学問の神へ


※北野天満宮

藤原時平のために加持祈祷を行った浄蔵の弟、日蔵(にちぞう)は真言密教の僧であった。日蔵は、わずか12歳にして吉野(奈良県南部)にある金峰山(きんぷせん)にこもり、26年もの修験道に励んだ。菅原道真の怨霊を鎮めるためである。

その甲斐もあり、遂には金峯山で雷神鬼王などの異形の配下を伴って現れた菅原道真と言葉を交わすことが叶った。神通力を会得した日蔵の言葉に、菅原道真の怨霊もようやくその怨念を和らげたという。

その後は、火雷神が祀られていた京都の北野に北野天満宮を建立して道真の祟りを鎮めようとした。

以降、百年ほど大災害が起きるたびに道真の祟りとして恐れられたが、こうして「天神様」として信仰する天神信仰が全国に広まることになる。やがて、各地に祀られた祟り封じの「天神様」は、災害の記憶が風化するに従い道真が生前優れた学者・詩人であったことから、後に天神は学問の神として信仰されるようになっていった。。

最後に

菅原道真は、漢文のみならず神代文字陰陽道などの呪術にも精通していたといわれる。それ故に怨霊となり祟りを成すこともできたのだ。
しかし、優秀すぎたために左遷され都を追われてしまうとは、なんとも無念だったことだろう。

その後の朝廷において、安易に人を陥れることへの戒めとして、菅原道真の記憶は語り継がれるようになった。

スポンサーリンク


gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか
  2. 江戸時代以前の東海道について調べてみた
  3. 建門院徳子の生涯 について調べてみた【生きながらにして六道を見る…
  4. 清少納言と紫式部 は仲が悪かったというのは本当なのか?
  5. 空海はどれくらい天才だったのか調べてみた
  6. 「ちょんまげ」について調べてみた
  7. 厄払いの側面から陰陽師を調べてみた【護符も自分で書ける】
  8. 百人一首の謎について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP