光る君へ

【光る君へ】 藤原彰子に仕えた小馬命婦(清少納言の娘)〜どんな女性だった?

平安文学を代表する随筆の一つ『枕草子』。その作者として知られる清少納言には、一男一女がありました。

息子は先夫・橘則光(たちばなの のりみつ)との間に生まれた橘則長(のりなが)、娘は後夫・藤原棟世(むねよ)との間に生まれた小馬命婦(こまのみょうぶ)。

どちらも母親の才知を受け継いだそうですが、子どもたちはどんな活躍をしたのでしょうか。

今回は清少納言の娘・小馬命婦を紹介したいと思います。

小馬命婦の生い立ち

小馬命婦

無邪気な子供時代(イメージ)

小馬命婦は生年不詳、清少納言が藤原棟世と再婚したのが寛和2年(986年)ごろと考えられるため、これ以降に生まれたのでしょう。

また、清少納言が中宮の藤原定子(ていし/さだこ)に出仕したのが正暦3年(993年)なので、これより前には生まれているはずです。

よって、小馬命婦の生年は寛和2年(986年)から、正暦3年(993年)の8年間に絞り込めます。

そんな小馬命婦ですが、これはいわゆる女房名。現代でいうビジネスネームで、本名ではありません。

幼名は狛(こま)で、これは催馬楽(さいばら : 俗謡)の一節である

♪山城の狛のわたりの瓜つくり な なよや らいしなや さいしなや……♪

【意訳】山城国の狛の渡り(京都府木津川市上狛あたりを流れる川の渡し口)に住む瓜農家には、礼紙(らいし。恋文などを包む紙)も釵子(さいし。女性に贈るかんざし)もない……。

から名付けたのではないかと考えられています。

昔の人は変な幼名をつけることが多いですが、これはふざけているのではなく、魔物にさらわれるのを防ぐ工夫。

「人間ではないから(この場合は狛=霊獣だから)、どうか連れて行かないで=とり殺さないで下さい」というおまじないなのですね。

ついたあだ名は仔馬ちゃん?

小馬命婦

藤原彰子。『紫式部日記絵巻』より

成長した狛は、寛弘5年(1008年)に中宮・藤原彰子(上東門院)の女房として出仕しました。

「狛ちゃんなら、前にいらした小馬命婦にあやかって、その名前にしたらどうかしら?」

先輩女房がそう言ったのかどうか、ともあれ狛は同じ音の小馬命婦と呼ばれるようになったのです。

同じ名前で紛らわしいため、構成の人々は主君・彰子の院号を冠して上東門院小馬命婦と呼びます。

先輩女房の一人に紫式部がおり、紫式部日記の中では「こむま(仔馬)」「こまのおもと」などとも呼ばれました。

「仔馬ちゃん」「コマちゃん」といった感じで親しまれ、みんなと仲良く働いていたのかも知れませんね。

ただし『紫式部日記』に登場する「こむま」は「左衛門左(左衛門佐)道順の女」と書かれており、別の人物説もあります。

あるいは実父の没後、高階道順(たかしな みちのぶ。高階貴子の兄弟)に養子入りしたという説もあるとか。

藤原棟世の没年は長保3年(1001年)ごろと推定されているので、世間には高階道順の娘として認識されていたのかも知れませんね。

仔馬ちゃんの毅然たる態度

小馬命婦

小馬命婦の和歌。娘を粗末に扱った男を決して許さない決意が垣間見える(イメージ)

その後、小馬命婦がどうなったのか、詳しいことは分かりません。

ただし娘が一人以上いたことが分かっており、『後拾遺和歌集』にこんなエピソードが伝わっています。

娘は高階為家(たかしなの ためいえ。紫式部の孫)と交際していたようですが、何ゆえか口論となり、疎遠になっていました。

それがある時、為家が葵の枝を持って娘を訪れたのです。上賀茂神社の葵祭にこと寄せたのでしょう。

しかし娘は面会謝絶、小馬命婦はこんな和歌を詠んで渡しました。

その色の 草とも見えず 枯れにしを
いかに言ひてか けふはかくべき

【意訳】その葵の枝はすっかり枯れているようですが、今日はその言い訳に来たのですか?

つまり「今さら何をしに来た。何を言おうが娘は渡さぬ。とっとと帰れ!」と突き返したのです。

娘もいい歳でしょうに、母といえども男女の仲に割って入るとは、よほど夫に非があったものと思われます。

かつての仔馬ちゃんも、母となってたくましく成長したのでした。

終わりに

為家朝臣、物言ひける女にかれがれに成りて後、日暮にはと言ひて、葵をおこせて侍ければ、娘に代はりて詠み侍りける 小馬命婦 その色の 草ともみえず 枯れにしを いかに言ひてか 今日はかくべき

※『後拾遺集』908番

以上、清少納言の娘・小馬命婦について紹介してきました。

【小馬命婦・略年表】

  • 生年不詳 清少納言と藤原棟世の娘として誕生
  • 長保2年(1000年) 母の主君・藤原定子が崩御。母子ともに棟世の元へ
  • 長保3年(1001年)ごろ 父・藤原棟世が亡くなり、高階道順の養女となる?
  • 寛弘5年(1008年) 一条天皇の中宮・藤原彰子に出仕する
  • 時期不詳 娘を出産
  • 時期不詳 娘が高階為家と結婚、しかし後に疎遠となる
  • 時期不詳 上賀茂神社の葵祭にことよせて娘を訪れるが、これを拒絶する
  • 没年不詳

可愛らしいあだ名とは裏腹に、母親譲りの才知と気風を受け継いだようです。

果たしてNHK大河ドラマ「光る君へ」には登場するのか分かりませんが、今から活躍の可能性を楽しみにしています!

 

角田晶生(つのだ あきお)

角田晶生(つのだ あきお)

投稿者の記事一覧

フリーライター。
 
日本の歴史文化をメインに、時代の行間に血を通わせる文章を心がけております。
(ほか政治経済・安全保障・人材育成など)
※お仕事相談はtsunodaakio☆gmail.com ☆→@
 
このたび日本史専門サイトを立ち上げました。こちらもよろしくお願いします。
 
時代の隙間をのぞき込む日本史よみものサイト「歴史屋」
https://rekishiya.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 紫式部が清少納言を嫌う理由は、夫をバカにされたから? 【光る君へ…
  2. 【光る君へ】 紫式部は再婚だった? 彼女の先夫説がある紀時文とは…
  3. 平安時代の「内裏」での女性の役職とは? 【光る君へ】
  4. 【光る君へ】 紫式部が生きた平安時代はどんな時代だったのか? …
  5. 【光る君へ】 藤原道長までに繋がる藤原氏の流れとは 「祖は中臣鎌…
  6. 官僚の底辺とか言うな!平安貴族たちの激務を支えた官底とは 【光る…
  7. 『光る君へ』 紫式部が隠れて食べていた「貴族ご法度の食べ物」とは…
  8. 藤原道長の黒歴史 「この世をば…」迷場面を記した藤原実資『小右記…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

中国の妃たちが恐れた冷宮送り 〜【罪を犯した后妃が生涯幽閉された地獄のような場所】

紫禁城現在の北京にある紫禁城(しきんじょう)は、壮大な歴史的建造物である。ここはかつての…

デリバリープロバイダについて調べてみた 「Amazonの落とし穴」

ネット通販は現在の生活には欠かせません。私は少ないほうだと思うんですが、それでも月に2〜3回…

古代エジプトのファッションについて調べてみた「ファラオの王冠は布製だった」

人類は氷河期を経験した時、火の使用や獣の毛皮で寒さをしのいだといわれている。さらに時代が進む…

原宿表参道元氣祭・スーパーよさこいとは【よさこい祭りの歴史】

よさこい祭りとは♪ 土佐の高知の はりまや橋で 坊さんかんざし 買うを見た よさこい よさこ…

ある1人の死体が第二次世界大戦の勝敗を決めた!? 【ミンスミート作戦】

はじめに第二次世界大戦は、まさに人類の明暗を決める戦いでした。もしナチス・ドイツ(ヒトラ…

アーカイブ

PAGE TOP