光る君へ

娘は殺され妻は犯され…紫式部の異母弟・藤原惟通とは何者か 【光る君へ】

NHK大河ドラマ「光る君へ」皆さんも観ていますか?筆者は毎週楽しみです。

劇中ではヒロイン・まひろ(紫式部)の兄弟姉妹は、弟の藤原惟規(のぶのり)しかいないような描かれ方をしています。

しかし実際には同母姉や異母弟妹がおりました。

【藤原為時の子供たち】

  • 藤原為時長女(同母姉)
  • 藤原惟規(同母兄弟。兄説もあり)
  • 紫式部
  • 藤原惟通(のぶみち。異母弟)
  • 定暹(じょうせん。異母弟、僧侶)
  • 女子(異母妹。藤原信経室)

もちろん尺の都合で全員は登場させられません。

とはいえ紫式部の周りにはこういう人たちがいたんだなと思うと、物語がより味わえることでしょう。

そこで今回は、紫式部の異母弟・藤原惟通について紹介。

果たして彼はどんな人物で、どんな生涯をたどったのでしょうか。

叩き上げの実務官僚から国司次官へ

藤原惟通

右衛門尉として仕える惟通(イメージ)

藤原惟通(のぶみち)は生年不詳、母親についてもよく分かっていません。

ただ没したころに40代前半と見られており、その仮説に基づくならば970年代後半ごろでしょうか。

また、先ほど紹介した定暹や藤原信経室と同母弟妹かは不明です。

一条天皇(66代)から三条天皇(67代)の御世において、蔵人所雑色(くろうどどころぞうしき)や右兵衛尉(うひょうゑのじょう)を務めました。

蔵人所は天皇陛下の側近である蔵人たちの部署、惟通はそこで雑色(雑用係)を務めたのです。

また右兵衛尉は朝廷の警固を務める三等(じょう)の武官。さぞ激務に追われたことでしょうが、叩き上げの官僚として着実に実績を積んだのでした。

その働きが認められ、後一条天皇(68代)の御世にて常陸介(ひたちのすけ)、つまり現代の茨城県に当たる常陸国の二等国司(すけ)となります。

惟通はさっそく常陸国へ赴任。同年には四位(しい)と叙せられ、長い下積みを経てようやく人生これからというところでした。

しかし寛仁4年(1020年)7月3日、常陸国で卒去(そっきょ。貴人が亡くなること、位によって呼称が異なる)してしまったのです。

常陸介となってから、わずか一年余りでした。

藤原惟通の死後、未亡人を襲った悲劇

藤原惟通

悲しみにくれる未亡人(イメージ)

ここまで藤原惟通の生涯を駆け足でたどってきました。

惟通の死後、惟通の妻や母親(紫式部の継母)らは常陸国から京都へ戻らず、現地に暮らし続けます。

これはすでに所領などの経済的基盤がありながら、そこから目を離すと奪われかねない脆弱さを意味するものです。

常陸国に住み続けた惟通の遺族に、不幸が襲いました。

寛仁4年(1020年)閏12月、惟通の未亡人が常陸の住人(在地の武士)・平為幹(たいらの ためもと)によって強姦されてしまいます。

大切な嫁を辱められ、泣き寝入りなどしてなるものか……母親らは国司に訴え出て、為幹は逮捕されました。

卑しくも国司の妻を辱めた報いを受けるがよい……母親らは、さぞ鼻息荒かったことでしょう。

しかしどういう訳か、年が明けると為幹は釈放されてしまいました。まったく意味が分かりません。

母親「これはどういう事ですか!説明なさい!」

役人「はて……年が明けて、めでたいついでに恩赦でも出たんじゃないですか?」

さすがにこんなふざけた理由ではないでしょうが、とにもかくにも強姦魔がお咎めなしなんて、誰が納得するでしょうか。

結局どうなったのか、この件は有耶無耶になってしまったようです。

恐らくは亡き国司の権威よりも、平為幹が持っていた権力の方がまさっていたためと思われます。

前年には娘も惨殺

藤原惟通が常陸介となった年の3月末、惟通旧妻の邸宅が焼き討ちされました。

旧妻の安否は知れませんが、この火災によって惟通の娘が焼死。焼き殺されたと言っていいでしょう。

このころは洛中各所で放火が横行しており、彼女たちもその被害者となったのでした。

既に離別していたとは言え、かつては情を交わした相手が危険な目に遭ったことに、惟通も心を痛めたのではないでしょうか。

藤原惟通・略年表

生年不詳
寛弘6年(1009年) 1月10日 蔵人所雑色に任じられる
長和2年(1013年) 11月9日 右兵衛尉に任じられる
寛仁3年(1019年) 3月末 旧妻の邸宅が放火され、娘が焼き殺される
同年 4月5日 常陸介に任じられる
同年 7月13日 四位に叙せられる
寛仁4年(1020年) 7月3日 卒去する。享年40前半?
同年 閏12月 未亡人が平為幹に強姦される
寛仁5年(1021年) 平為幹が釈放される

藤原惟通・基本データ

生没 生年不詳~寛仁4年(1020年)7月3日没
氏族 藤原北家良門流
両親 父親:藤原為時/母親:不詳
兄弟 藤原惟規、藤原為時長女、紫式部、藤原惟通、定暹、藤原信経室
妻妾 強姦された未亡人(正室?)、焼き討ちに遭った旧妻
子女 正室の子?、焼き殺された旧妻の娘
官職 常陸介
位階 四位

終わりに

以上紫式部の異母弟・藤原惟通の生涯をたどってきました。

叩き上げの実務官僚として活躍した惟通ですが、娘は殺され妻は犯され……何とも可哀想な人ですね。

果たしてNHK大河ドラマ「光る君へ」に登場する機会はあるでしょうか。

もし出演するなら、誰がキャスティングされるのか、今から楽しみにしています!

※参考文献:

  • 倉山満『平安京の下級官人』講談社現代新書、2022年1月
  • 宮崎康充 編『国司補任 第4巻』八木書店、1990年8月
角田晶生(つのだ あきお)

角田晶生(つのだ あきお)

投稿者の記事一覧

フリーライター。日本の歴史文化をメインに、時代の行間に血を通わせる文章を心がけております。(ほか政治経済・安全保障・人材育成など)※お仕事相談は tsunodaakio☆gmail.com ☆→@

このたび日本史専門サイトを立ち上げました。こちらもよろしくお願いします。
時代の隙間をのぞき込む日本史よみものサイト「歴史屋」https://rekishiya.com/

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. これはパワハラ? 源倫子と紫式部の静かなバトルがこちら 【光る君…
  2. 実は凡庸なんかじゃなかった!紫式部の兄弟・藤原惟規の活躍 【光る…
  3. 平安貴族の出世システム「官位相当制」とは? わかりやすく解説 ~…
  4. 【光る君へ】いにしへの…で有名な女流歌人・伊勢大輔(いせのたいふ…
  5. 平安の女流歌人・大和宣旨の結婚生活はどうだった? 【光る君へ】
  6. 「光る君へ」で注目の平安時代。 律令法・律令制と身分階級について…
  7. 【光る君へ】 紫式部の生きた時代の元号がわかりにくい? 西暦との…
  8. 【光る君へ】 陰湿すぎる女性たちのイジメ。紫式部らがイヤな女に贈…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

【影の薄い将軍】 4代将軍・徳川家綱は、本当にダメ将軍だったのか?

徳川家綱とは徳川家綱(とくがわいえつな)は、江戸幕府3代将軍・徳川家光の嫡男として生まれ…

山中幸盛(鹿介)とは 「子孫が鴻池財閥を築いた猛将」

主家・尼子氏の滅亡山中幸盛(やまなかゆきもり)は戦国時代の武将で、通称の鹿介(しかのすけ…

於万の方(演 松井玲奈 ) は史実ではどんな女性だった? 【次男・秀康を産むも冷遇された家康の側室 〜どうする家康】

於万の方とは於万の方(おまんのかた : 長勝院)とは、天下人・徳川家康の側室となったが、正室…

「頼朝の窮地を救ったのは梶原景時だけではなかった」 熊谷次郎直実 ~前編

熊谷次郎直実とは熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期に…

三国時代の食事について調べてみた

三国時代とは、中国の一つの時代です。ゲームや小説で人気の三国志に出てくる時代が三国時代です。…

アーカイブ

PAGE TOP