鎌倉時代

源氏物語は本当に紫式部が書いたのか?


※紫式部(菊池容斎『前賢故実』)wikiより
はじめに

諸君は「源氏物語」を原文で五十四帖すべて通読したことがあるだろうか。

私はこれまで何度か通読しているが、その度にある種の違和感を覚えている。

それは「源氏物語の作者=紫式部」とされているがそれは本当なのか、ということだ。

文体やセンスなど、どうにも複数の人間が関与しているように思えてならないのだ。

実は「源氏物語」には複数作者説があるのを諸君はご存じだろうか。今回はその点について調査をしてみた。

和辻哲郎の論


※和辻哲郎 毎日新聞社「毎日グラフ(1955年11月2日号)」wikiより。

「源氏物語」複数作者説を唱えた先学として、まず注目すべきは和辻哲郎(わつじてつろう)であろう。

和辻の論は岩波文庫「日本精神史」に収録されている『源氏物語について』で読むことができる。

和辻は「源氏物語」第二巻に当たる「帚木」の初めの書き出し

光源氏、名のみことごとしう」(光源氏は好色の人として評判のみはことごとしく)

という部分に着目し疑問を提示する。

我々は第一巻の物語によって、桐壺の更衣より生まれた皇子が親王とせられずして臣下の列に入れられたことを、すなわち「源氏」とせられたことを、知っている。またこの皇子がその「美しさ」のゆえに「光君(ひかるきみ)」と呼ばれたことも知っている。しかし物言いさがなき世間の口に好色の人として名高い「光源氏」については、まだ何事も聞かぬ。幼うして母を失った源氏は、母に酷似せる継母藤壷を慕った、しかしまだ恋の関係にははいらない。十六歳の葵の上に対してはむしろ嫌悪を感じている。そうしてこの十二歳以後のことはまだ語られていない。我々の知るところでは、光君はいかなる意味でも好色の人ではない。しかも突如として有名な好色人光源氏の名が掲げられるのは何ゆえであろうか。

和辻はこの疑問に対して、そして二つの可能性をあげる。

一つは「紫式部がすでに光源氏について多くのことを書き、その後に帚木の巻を書く場合」であり、もう一つは「光源氏についての物語が、すでに盛んに行われていて、紫式部はただこの有名な題材を使ったに過ぎぬ」場合であるとする。

そこから「とにかく現存の『源氏物語』が桐壺より初めて現在の順序のままに序を追うて書かれたものでないことだけは明らかだと思う」と述べている。

さらに和辻は、「紫式部日記」の下記の数節の記述に依拠して「『源氏物語』の作者=紫式部」としている本居宣長の説にも疑問を提示する。

>内裏の上の『源氏の物語』、人に読ませたまひつつ聞こしめしけるに

>『源氏の物語』、御前にあるを、殿の御覧じて、例のすずろ言ども出で来たるついでに梅の下に敷かれたる紙に書かせたまへる。

>左衛門督、「あなかしこ、このわたりに若紫やさぶらふ。」と、うかがひたまふ。源氏に似るべき人も見えたまはぬに、かの上はまいていかでものしたまはむと、聞きゐたり。

そして和辻は、南北朝時代の源氏物語の注釈書「河海抄」に「藤原道長が『源氏物語』に加筆した」との旨が書かれていることや、一条兼良の「花鳥余情」に「紫式部の親である藤原為時が作者である」という内容が引用されていることをあげて、「源氏物語の作者についての確説は立っていなかった」と指摘する。

また和辻は「源氏物語」について

「巻ごとに、ある時はすべてを超越する客観的な立場が優越し、ある時は一つの場景全体が主人公の眼をもって見られることもある。そうしてその立場のとり方によって描写の技巧にも巧拙がある」

として「描写の混乱」や「表現の不十分な部分」について指摘し、その原因について、

「もし我々が綿密に『源氏物語』を検するならば、右のごとき巧拙の種々の層を発見し、ここに『一人の作者』ではなくして、一人の偉れた作者に導かれた『一つの流派』を見いだし得るかも知れない。もしそのことが成功すれば、『源氏物語』の構図の弱さが何に基づくかも明らかになり、紫式部を作者とする「原源氏物語」を捕えることもできるであろう。」

と、複数作者の可能性を示唆する。

大正11年に発表されたこの和辻の論は、その後の「源氏物語」研究に大きく影響を及ぼした。

この和辻の論の与えた影響について岩波文庫の解説で以下の旨が述べられている。

・和辻に続いて十数年後に、青柳(阿部)秋生が「源氏物語」の成立問題を発展させた。
・1950年武田宗俊は、「『源氏物語』の巻一から巻三十三は、二つの系統をつぎあわせて成立した
という仮説をたてた。

その上で「武田説のあきらかな先駆者は和辻であった」としている。次のページへ
スポンサーリンク

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 新田義貞について調べてみた【悲運の功労者】
  2. 兼好法師に学ぶ 心の健康法
  3. 小田原梅まつりに行ってみた
  4. 鎌倉時代から室町時代までの島津氏
  5. 江戸時代以前の東海道について調べてみた
  6. 元寇の勝因は本当に神風だったのか調べてみた
  7. 「いざ鎌倉」という言葉について調べてみた
  8. 楠木正成の智謀【民衆が支えたネットワーク】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

第一次世界大戦・地上の主力は大砲だった【WW1シリーズ】

第一次世界大戦では、多くの新兵器が投入された。戦車、航空機、毒ガス、火炎放射器などの登場は、騎兵…

太原雪斎ついて調べてみた【黒衣の宰相とも呼ばれた今川義元の師】

今川義元の右腕太原雪斎(たいげんせっさい)は、戦国時代の今川家に仕えた臨済宗の僧侶で且つ武将、今…

指揮者になるための道を調べてみた

もう10数年ほど前になるのか。日本でちょっとしたクラッシクブームが起きた。それまでクラシックに興味が…

アーカイブ

PAGE TOP