エンタメ

【鎌倉殿の13人】石橋山合戦のドラマを演じる狂言「文蔵」と能「七騎落」のストーリーを紹介!

ポストを見ると、鎌倉能舞台さんのチラシが投函されていました。

入っていたチラシ。野村萬斎の真剣な眼差しが素敵ですね。

どれどれ……演目を見ると以下の通り。

【講演】父子の愛-石橋山のドラマ 大河ドラマに因んで~頼朝の旗揚げ~
講師:葛西聖司(アナウンサー・古典芸能解説者)

【狂言】文蔵(ぶんぞう)
主演:野村萬斎

【能】七騎落(しちきおち)
主演:観世喜正

令和4年(2022年)大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の放送開始を目前にして、地元・鎌倉でもムードの高まりが感じられます。

ところで、この「文蔵」「七騎落」とは一体どういう物語なのでしょうか。今回は両作のストーリーを紹介。皆さんの後学に資すれば幸いです。

何を食ったか思い出せない…狂言「文蔵(ぶんぞう)」

ある時、太郎冠者(たろうかじゃ)が勝手に旅へ出てしまい、ふらりと戻って来たところへ主人が𠮟りつけます。

「こらっ、貴様どこへ行っておったか!」

太郎冠者は「実はご主人の伯父上様をお見舞いに、京へと参っておりました」とのこと。

「それにしたって、勝手に行くやつがあるか。向こうだっていくら下人とは言え、食事の支度くらいは手間がかかるのだから」

で、食事は何を出されたんだ?相応のお礼をしなければならないため、主人は太郎冠者に尋ねますが、これがなかなか思い出せません。

「えーと……確かご主人がよう読まれている『源平盛衰記(げんぺいじょうすいきorせいすいき)』の石橋山合戦に出て来る食べ物とか何とかと聞いたような……」

範囲広すぎだろオイ!とは思いながら、じゃあどのシーンで出て来たのか、思い出させるために主人は『源平盛衰記』を語って聞かせ始めました。

真田与一能久(佐奈田義忠・左)と俣野五郎景久(右)の死闘。歌川国芳筆

日ごろ愛読しているだけあって、情感たっぷりに聞かせる主人の物語りが本作の見どころ。さて場面は石橋山の合戦、源氏方の若武者・真田与市(さなだ よいち。佐奈田義忠)と平家方の荒武者・俣野五郎(またの ごろう。俣野景久)の一騎討に移ります。

「あ、思い出しました。文蔵です、文蔵。叔父上様は『真田が乳母に文蔵と答うる』と言っていました。それを食わせてくれたんです」

文蔵(文三)とは真田の郎党であるが……あぁ、温糟(うんぞう。味噌と酒粕で煮た粥)のことを言っておるのか。まったく、たったそれだけ思い出すために、散々語らせおって……。

「バカもん!そのくらい覚えておけ!」

「ハイすいませんでしたー」

というオチです。

ちなみに温糟粥は陰暦12月8日の臘八会(ろうはちえ。お釈迦様が悟りを開いた記念法会)に出されるもので、別名を「臘八粥」とも言います。

味噌と酒糟ならばさぞや寒い冬には温まりそうですが、餅や焼き栗、昆布や串柿を入れるなど、様々なバリエーションがあるようで、ちょっと甘い味つけになりそうですね。

戦場にひとり息子を残し……能「七騎落(しちきおち)」

こちらはその石橋山の合戦(治承4・1180年8月23日)で惨敗し、海を渡って逃れようとする源頼朝(みなもとの よりとも)公ご一行様。

追手から身を隠す頼朝公ご一行。歌川芳虎「土肥椙山旗揚」より

「さぁ、早く舟にお乗り下され!」

とて乗り込もうとするご一行でしたが、そのメンバーは頼朝公を含め8名。

源頼朝公
岡崎義実(おかざき よしざね)
新開次郎(しんがい じろう。土肥実平の次男・荒次郎実重)
田代信綱(たしろ のぶつな)
土屋三郎(つちや さぶろう。宗遠)
土肥遠平(どい とおひら。土肥実平の長男)
土肥実平(どい さねひら)
土佐坊昌俊(とさのぼう しょうしゅん)

「まずいですな……」

「何が?」

舟は8名を乗せられるだけの大きさであったものの、主従8名で逃げるのは不吉だと言うのです。

「御殿の父上(源義朝-よしとも)も祖父上(源為義-ためよし)も、主従8名で逃亡したことにより、非業の最期を遂げた悪しき前例があります」

出来ればもう1名見つけて舟に乗せればいいのでしょうが、そう都合よく味方もおらず、ここは誰か1名を取り残して行かねばなりません。

「ならば、それがしが」

菊池容斎『前賢故実』より、土肥実平

迷わず名乗り出たのは土肥実平。この辺りの土地勘があるため、敵の追手から隠れおおせようとしたのでした。

「そんな、父上を置いて逃げるなど出来ませぬ。ここはそれがしが!」

代わりに名乗り出たのは土肥遠平。押し問答の末、結局は遠平が残ることになります。

「さぁ、お早く!ここはそれがしが食い止め申す!」

浜辺にひとり遠平を残し出航する頼朝公主従……こと実平の心中は察するに余りありますが、遠平は遅れて駆けつけた和田義盛(わだ よしもり)らの船団に保護され、父子は再会を果たしました。

「あぁ、よかった。本当によかった……」

実平は喜びの舞を演じ、やがて頼朝公も捲土重来を果たすのでした。めでたしめでたし。

終わりに

以上、狂言「文蔵」と能「七騎落」について紹介してきましたが、ただこうしてストーリーを知るのと、実際の表演を鑑賞するのでは、感動もまったく違うもの。

コロナ自粛でお出かけもなかなか敷居が高い昨今ですが、もしご機会ありましたら是非ともお運びいただければと思います。

<Information>
日本全国 能楽キャラバン!in神奈川
【日時】令和4年(2022年)1月5日(木) 14:00開演
【会場】鎌倉芸術館 小ホール
【料金】5,000円(全席指定)
【主催】公益社団法人能楽協会、公益財団法人鎌倉能舞台
【後援】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」鎌倉市推進協議会、鎌倉市

※詳しくはこちら
鎌倉能舞台ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
角田晶生(つのだ あきお)

角田晶生(つのだ あきお)

投稿者の記事一覧

フリーライター。
 
日本の歴史文化をメインに、時代の行間に血を通わせる文章を心がけております。
(ほか政治経済・安全保障・人材育成など)
※お仕事相談はtsunodaakio☆gmail.com ☆→@
 
このたび日本史専門サイトを立ち上げました。こちらもよろしくお願いします。
 
時代の隙間をのぞき込む日本史よみものサイト「歴史屋」
https://rekishiya.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 実は源頼朝だけじゃない。落馬で亡くなった和田義茂(和田義盛弟)の…
  2. 太宰治の生涯 ~「5回の自殺と愛した女性たち」
  3. 北条義時とは 〜北条得宗家を作った「鎌倉殿の13人」の覇者
  4. 【暗殺に次ぐ暗殺で権力を得た腹黒親子】 北条時政と義時 ~後編
  5. 実は「源氏の嫡流」じゃなかった源頼朝。それでも訴え続けた結果…【…
  6. 【鎌倉殿の13人】まさに寄生虫!?頼朝から「獅子身中の虫」と酷評…
  7. 日本ダービーの歴史を調べてみた【キーストンの悲劇】
  8. 大阪杯の歴史を調べてみた


新着記事

おすすめ記事

ダーウィンの「種の起源」と優生学

「種の起源」の影響かつて1900年代の初頭には世界各国で隆盛を誇ったものの、現在では否定され…

聖武天皇は孝謙天皇の次をどうするつもりだったのか?

和銅3年(710)から延暦13年(794)まで84年間続いた奈良時代は、聖武天皇・光明皇后・孝謙(称…

纏足(てんそく)から解放された女性たち 【女性の足を小さくする中国の奇習】

纏足で命を落とした人たち ~台湾前回の記事 : 纏足(てんそく)とはなにか 【女性の足を…

カメハメハ大王について調べてみた 「太平洋のナポレオン」

<画像提供:えだきむ>ハワイ諸島の起源ハワイといえば、リゾート地として日本…

日本刀の歴史 について調べてみた【美しき刀剣の世界】

近年、日本刀に注目が集まっている。オンラインゲーム「刀剣乱舞」の人気により、それまで…

アーカイブ

PAGE TOP