安土桃山時代

浅野長政 ・豊臣の五奉行筆頭でありながら徳川にも重用された大名

明治まで続いた浅野家の祖

浅野長政

※浅野長政

浅野長政(あさのながまさ)は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に仕えた武将・大名で、豊臣政権下では五奉行の筆頭を務めながらもその後の徳川幕府でも重用され、安芸広島で明治まで続いた大名・浅野家の祖となった人物です。

戦国武将として今に伝えられる程の飛び抜けた武功は伝えられていないようで、比較的に地味な印象ながら、時代の流れに着実に対応して家を繁栄させたと言えます。

その歩みについて調べてみました。

大名への抜擢

長政は天文16年(1547年)に尾張の安井重継の子として生まれました。

織田信長に仕えていた母方の叔父にあたる浅野長勝の娘の婿養子となっいたことで、浅野の家督を相続したと伝えられています。

この婿養子入りで、長政は長勝の養女となっていたねね(後の北政所)と義兄妹とりましたが、ねねが豊臣秀吉に嫁いだことで、秀吉の縁戚となり信長の命を受けてその与力となったとされています。

長政は、天正元年(1573年)の浅井攻めの後、その功で秀吉が小谷城主に任じられると自身も近江に120石を拝領しました。
その後、信長が本能寺で討たれたことでそのまま秀吉の家臣となり、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦い(秀吉と柴田勝家の戦い)で秀吉の勝利に貢献し、戦後近江の大津2万石を拝領し大名に列することになりました。

長政は翌天正12年(1584年)に京の奉行に任じられ、その後には豊臣政権の五奉行の筆頭にも選ばれました。

長政は殊に行政にその才を発揮して、豊臣政権が実施した太閤検地の推進に貢献したとされています。

奥州仕置の実行

長政は続く天正15年(1587年)の九州征伐にも従軍し、戦後の同年9月には若狭の小浜8万石に加増されています。

続く小田原征伐では石田三成らと忍城の戦いにあたり、戦後の事後処理においては三成に代わって中心的な役割を果たしています。

天正18年(1590年)からの奥州仕置においても、豊臣政権の代表として兵を率い、その執行役として南部信直らと連携しつつ、発生した葛西大崎一揆九戸政実の乱への武力討伐を行いました。

文禄2年(1593年)には朝鮮出兵への貢献もあり、甲斐国府中21万5千石を領することとなり、東国の諸侯の窓口の役割りを果たしました。

この配置は奥州の伊達政宗や南部信直らの監視・監督を担うものとされていますが、実際の甲斐での領国支配は、長政の嫡男・幸長が行い、長政自身は上方への滞在が長かったと伝えられています。

関ケ原で東軍に与す

長政は秀吉が没した後の慶長4年(1599年)、増田長盛の讒言から徳川家康を憚って謹慎し(前田利家とともに家康暗殺を目論んだと疑われた)、家督も幸長に譲ると自らは武蔵の府中へと隠棲しました。

翌慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、長政自身は謹慎中につき従軍していませんが、幸長が東軍の先鋒を務め、岐阜城を攻略するなど東軍の勝利に貢献しました。

戦後、幸長はこの功から紀伊・和歌山37万石へと大幅な加増・転封を受け、また長政は徳川幕府の成立に伴い家康に従って慶長10年(1605年)に江戸に移リ住みました。

長政は慶長11年(1606年)には幸長の領地とは別に常陸の真壁5万石を拝領し、徳川幕府からも重用されました。

外様大名として繁栄

※浅野長政屋敷跡(愛知県一宮市、現在は浅野公園になっている)wikiより

長政は慶長16年(1611年)に真壁にて享年65歳で世を去りました。

幸長の死後には、子孫の浅野長晟(あさのながあきら)が家督を相続して、福島正則が改易された後を受けて、元和5年(1619年)に安芸国広島藩へと加増・転封されました。

浅野家はその地で、そのまま明治まで続く外様大名の名家として繁栄しました。

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 徳川家康はなぜ駿府城で隠居したのか 調べてみた
  2. 武田信玄の兜「諏訪法性兜」は、なぜ有名になったのか?
  3. 松平忠輝【父、徳川家康に生涯を通じて嫌われた六男】
  4. 千利休・天下一の茶人 【なぜ秀吉に切腹させられたのか?様々な説】…
  5. 大坂城を落としたのは結局、誰なのか調べてみた
  6. 琉球王国と首里城の歴史について解説 ①
  7. 福島正則 〜酒癖の悪さで名槍を失った武将
  8. 水野勝成・戦国最強の武将で傾奇者【ドラマ化されないのが不思議な武…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

沈黙のデート【漫画~キヒロの青春】⑫

女を部屋に誘う【漫画~キヒロの青春】⑬…

マーシュとコープの化石戦争 「二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争」

恐竜界最大のライバル19世紀後半、二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争が勃発した。…

リヒトホーフェン ~レッド・バロンと呼ばれた男【紅の豚のモデル?】

第一次世界大戦の記憶が薄れつつあった1929年、世界は大恐慌に見舞われた。そんな時代のイタリ…

石川数正は なぜ家康を裏切ったのか? 【戦国屈指のミステリー】前編

石川数正とは戦国の世を制した天下人・豊臣秀吉と徳川家康、この二人に家臣として仕えた武将が…

恋のタイミング【漫画~キヒロの青春】⑨

数年ぶりの再開【漫画~キヒロの青春】⑩&n…

アーカイブ

PAGE TOP