西洋史

【冷戦はいつから始まった?】 意外にも良好な関係だったアメリカとソ連 「ロシアに美人が多い理由」

前回の記事「【冷戦はいつから始まったのか?】 第二次世界大戦中、ソ連が抱いた不信感とは?」では、冷戦は第二次世界大戦中から始まっていた事実を確認してきました。

第二次世界大戦中のイギリス首相は、貴族出身のウィンストン・チャーチルでした。

画像:共産主義を心から嫌ったチャーチル public domain

社会主義のソビエト連邦が、ロシアの貴族(資本家)を多数処刑したことは、チャーチルに大きな衝撃を与えました。

そのためソビエト連邦からの救援要請に対して、ドイツと本格的に戦う意志はありませんでした。チャーチルにとって、スターリンからの悲痛な要請は、まるで子守歌のように聞こえたかもしれません。

以上が第二戦線形成問題です。詳しくは前回の記事をご覧ください。

【冷戦はいつから始まったのか?】 第二次世界大戦中、ソ連が抱いた不信感とは?
https://kusanomido.com/study/history/western/80514/

チャーチルに怒るスターリン

ソビエト連邦からの度重なる救援要請に対して、イギリスがなかなか行動に移さなかったことに、スターリンは怒りを感じていました。

米英がようやく要請に応えたのが、1944年6月6日に始まった「ノルマンディー上陸作戦」ですが、この時点ではもう遅すぎました。

画像:ノルマンディー上陸作戦 public domain

ノルマンディー上陸作戦は史上最大の作戦となりましたが、その目的はソビエト連邦に対して「私たちも必死に戦っている」とアピールすることです。

そのため上陸した部隊の進撃速度は遅く、アメリカとイギリスは無理をせず、慎重な戦い方を選びます。

ドイツ軍約40万に対して、米英は150万の兵力を投入したにも関わらず、ノルマンディー地方の制圧には2ヶ月以上もの時間を要しています。

その後も、オランダでのパラシュート作戦で1万5000人の損害を出すと、すぐに進撃を停止しました。

アメリカとイギリスの第一目的はソ連の消耗になるため、無理をせずにゆっくりと戦いを進めていたのです。

第二次世界大戦を終わらせたスターリン

画像:1945年5月8日、ソ連軍によってベルリンは陥落した public domain

約2000万人に及ぶ死者を出しながらも、ソビエト連邦はベルリンを陥落させ、1945年5月8日にはヨーロッパ戦線を終結させました。

ノルマンディー上陸が1944年6月6日に実施されたことを考えると、アメリカやイギリスの上陸部隊がドイツ軍と実際に戦った期間は、1年にも満たなかったことになります。

それに対してソビエト連邦は、1941年6月22日に独ソ戦が始まってから、ヒトラーの首相官邸に突入するまで、約4年間も戦い続けました。その間、スターリンは救援を求める悲痛な声を上げ続けていたのです。

ソビエト連邦側の死傷者数はアメリカやイギリスと比べて桁違いに多く、ソビエト連邦は2500万人、フランスは206万人、イギリスは200万人、アメリカは150万人、ドイツは1000万人、日本は950万人、イタリアは646万人となっています。(『日本大百科全書』)

この大戦によってソビエト連邦の男性がたくさん命を落とし、男女のバランスが極端に崩れています。結婚できる女性が少なくなった結果、ロシアの女性は美しくなったとも言われています。

「ロシアに美人が多い理由」

画像 : 『見知らぬ女』 イワン・クラムスコイ 1883年 public domain

独ソ戦の激戦地であった旧ソビエト連邦領ベラルーシは、スーパーモデルの産出国として知られています。

しかし悲しい歴史が横たわっているのです。

スターリンを仲介したローズヴェルト

上記で説明したように第二戦線形成問題が原因となり、ヤルタ会談は険悪な雰囲気の中で始まりました。

会談ではイギリスとソビエト連邦がやはり対立しましたが、アメリカ(ローズヴェルト大統領)が仲介を取ることで、なんとか話をまとめることができました。

「ロシアの女性が美しい理由」

画像:フランクリン・ローズヴェルト public domain

なぜアメリカは、イギリスとソビエト連邦の間を取り持つことができたのでしょうか。

意外かもしれませんが、この時点ではアメリカとソビエト連邦は比較的良好な関係にありました。

たしかに第二戦線形成問題においては、アメリカにも一定の責任はあります。しかしローズヴェルト大統領は、ソビエト連邦(共産主義)とドイツ(ファシズム)の共倒れを期待していたわけではなく、アメリカ兵の死者数増加を恐れて戦線の拡大に消極的だったのです。

アメリカは変わった国です。戦争を頻繁に行いますが、少しでも死者を出すと選挙での敗北につながり、政権が変わってしまうことがあります。

第一次世界大戦では、ヨーロッパ各国が100万人単位で死者を出している中で、アメリカは30万人の死傷者を出しただけで、そのあと12年間も民主党は選挙で負け続けます。

他国の国民を殺しまくるアメリカですが、いざ自国民が亡くなると途端に及び腰になってしまう…。アメリカはそういう国なのです。

社会主義寄りだったローズヴェルト

ヤルタ会談に話を戻すと、スターリンは上記で示したアメリカの特性を理解していました。

またローズヴェルトの思想は、ソビエト連邦寄りだったと言えます。アメリカの大統領でありながら、かなり左派的な思想を持っていました。

ローズヴェルト自身も車椅子を使用する社会的弱者でもあります。世界恐慌(1939年)の対策で実施した「ニューディール政策」には社会主義的な要素が含まれており、とくに労働者に対して優しい政策でした。

そのためヤルタ会談でも、貴族の国であるイギリスと労働者の国であるソビエト連邦の間に入り、仲を取り持つことができたのです。

参考文献:ゆげ塾(2017)『3時間半で国際的常識人になれる ゆげ塾の速修戦後史 欧米編』ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

村上俊樹

村上俊樹

投稿者の記事一覧

“進撃”の元教員 大学院のときは、哲学を少し。その後、高校の社会科教員を10年ほど。生徒からのあだ名は“巨人”。身長が高いので。今はライターとして色々と。
フリーランスでライターもしていますので、DMなどいただけると幸いです。
Twitter→@Fishs_and_Chips

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. アメリカバッファロー激減の歴史 【なぜ6千万頭から500頭まで減…
  2. 西洋魔術 について調べてみた【オガム・ルーン文字】
  3. ルブラン夫人 ~18世紀に最も成功したマリーアントワネットの宮廷…
  4. 中世ヨーロッパで行われていた動物裁判 【動物の悪魔化、豚や虫を裁…
  5. アウステルリッツの戦い 「ナポレオンの本領発揮! 」
  6. バトル・オブ・ブリテン 【イギリスvsドイツの史上最大の航空戦】…
  7. ムスタファ・ケマル「一代でトルコを近代化させた独裁者」
  8. 【気性が激しすぎた天才画家】 カラヴァッジオの生涯 「指名手配…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

『古代中国遺跡から宇宙船のハンドルが発掘?』 謎の三星堆遺跡 「青銅太陽輪」

三星堆遺跡三星堆遺跡(さんせいたいいせき)とは、1986年に中国の四川省広漢市、三星堆の鴨子河付…

世界の巨大兵器について調べてみた 【パリ砲、カール自走臼砲】

※画像.B-52兵器の進化は「小型化」への道といえる。戦場においてよりコンパクトに、そし…

【影の太閤】 秀吉の弟・豊臣秀長 「長生きしていれば豊臣家の天下は安泰だった」

豊臣秀長とは豊臣秀吉は、たった一代で農民から関白・太閤へと、群雄割拠の戦国時代を勝ち上が…

徳川家康の長男・松平信康は、なぜ切腹させられたのか? 「様々な説」

今回はNHK大河ドラマ『どうする家康』で注目が集まった、家康の長男・松平信康が切腹させられた…

オ・ウニョン医師の韓国での活躍 「韓国のカリスマ女医 ~精神医学科専門医」

家庭の数だけ様々な教育方針があるように、両親の世代によっても子供の将来に期待する想いに違いがある。…

アーカイブ

PAGE TOP