エンタメ

歴史小説の大家、司馬遼太郎の生涯【おすすめ歴史小説】

司馬遼太郎とは

司馬遼太郎とは

司馬遼太郎 public domain画像

司馬遼太郎(1923~1996)といえば、日本国内を代表する歴史小説の大家である。

代表作に『坂上の雲』、『龍馬がゆく』、『燃えよ剣』など、主に幕末時代を中心に、壮大な歴史小説を描き、現代でも、多くの人々に愛されている。

今回は、唯一無二の歴史小説家である、司馬遼太郎の生涯についてわかりやすく迫る。

小説家になるまで

司馬遼太郎の本名は、福田定一(ふくだ・ていいち)。
1923年に大阪府大阪市に生まれた。

中学生の頃、井伏鱒二の作品に感銘を受け、そこから読書を始めたとされている。
あまりにも多くの本を読むので、本を買うのに追い付かず、デパートの本屋で立ち読みを続け、なんと立ち読みのみで、吉川英治の『宮本武蔵』全集を読破してしまったという。

司馬遼太郎の青春時代には、日本は戦争の真っただ中で、1943年には、軍隊に入隊している。

司馬遼太郎とは

※司馬が所属した戦車第1師団の九七式中戦車の夜間訓練。司馬も九七式中戦車に搭乗した

当時20歳くらいだった司馬遼太郎は、軍隊内で「俳句の会」を設立し、軍人としての生活の合間に、俳句を作っていたという。

学生時代に成績が悪かったため、優等生が内地野外地へ転属する中、司馬遼太郎には転属がなく、このことが「戦争から命を救った」と後に回顧している。

その後、転地を繰り返し、最終的には栃木県佐野市に配属されるが、ここで終戦を迎えることになる。
当時の司馬の階級は、陸軍少尉であった。

敗戦の体験は、司馬の心に大きな傷を残し、このことが、歴史小説を書くきっかけになったと言われている。

第二次世界大戦は、日本の歴史史上最悪の出来事だったと思った司馬は、「昔の日本人は。もう少しましであったのではないか」と考え始める。

そこで日本史を綿密に調査し、終戦時の日本は「なんとバカなことをしたのだろう」と思ったという。

復員後は再び図書館に通い、新聞社に勤めて、記者として仕事を始める。

1948年、歌人・川田順が、道ならぬ恋のため失踪事件を引き起こした際には、これを『老いらくの恋』と称した。
この言葉は当時の流行語となり、現代でも多く使われている。

その後、細々と小説を書き始めた司馬であるが、1960年『梟の城』で第42回直木賞を受賞すると、これを気に新聞記者を退職、作家生活に専念することになる。

司馬遼太郎の歴史小説

司馬遼太郎は、生涯、多くの歴史小説を書き残した。

時代にこだわりはなく、様々な時代の、日本の偉人たちのドラマを描いている。
また、司馬遼太郎は中国や朝鮮の歴史にも造詣が深く、これらのアジアの国々を、とても愛していたという。

<司馬遼太郎の主な作品>

・『国盗り物語』(1971年刊行)

…2人の戦国武将、斎藤道三と織田信長を主人公に、戦国時代の世を描く。

前半の主人公は斎藤道三、後半の主人公は織田信長、という構成で描かれており、この2人をつなぐ重要人物として、明智光秀が活躍している。
織田信長の“陽”と、明智光秀の“陰”が、物語に美しいコントラストを添えている。

・『関ケ原』(1974年刊行)

天下分け目の“関ケ原の戦い”を軸に、当時の武将たちの人間模様を、濃密に描いている。

全3巻にもわたる長編で、後に江戸幕府をひらく徳川家康と、豊臣家の忠臣、石田三成の2人を主人公として、相対する立場から、時代の分け目を描いている。

・『竜馬がゆく』(1998年刊行)

幕末の立役者、坂本竜馬について描かれた作品。

幼い頃には頼りなかった竜馬少年が、様々な人々と出会ううちに頼もしくなり、次第に日本の在り方を変えてゆくような存在になってゆく。

そんな坂本竜馬の人となりが、丁寧に描かれた作品である。

・『燃えよ剣』(1964年刊行)

新選組ブームを生み出したのは、司馬遼太郎の影響であると言われている。

新選組・副長であった土方歳三の生涯を通し、剣をふるうことでしか生きられなかった、1人の男の“義”としての生きざまを、見事に描き切っている。

・『21世紀に生きる君たちへ』(2001年刊行)

司馬遼太郎が、21世紀を生きる子供たちに向けておくる、メッセージ。

筆者も、小学校高学年の時、教科書にこの文章が載っていたのを覚えている。
いつの時代も変わることのない、人が生きていく上で大切な心構えについて、丁寧に描かれている。

なお、この文章が刊行されたのは、司馬の没後、2001年のことである。

司馬遼太郎と大阪

大阪府大阪市に生まれた司馬遼太郎だが、終の住家として選んだのが、大阪府・東大阪市である。

司馬遼太郎は生涯のほとんどを大阪で過ごし、元・野球選手の野村克也や、芸術家の岡村太郎とも親交があったという。
また、同じく小説家の池波正太郎とは、駆け出しの頃からの友人で、多忙で疎遠になるまでは、よく連絡を取り合い、池波正太郎の「鬼平犯科帳」シリーズを愛読していた、という。

あまりにも歴史に精通していたため、名字やその人の顔つきから、出身地や先祖を言い当てるという特技を持っており、たびたび周囲の人を驚かせたという逸話も持っている。

大阪府東大阪市と言えば、大阪府の中でも割と猥雑な地域であるが、そういった地域を司馬は大いに好み、「猥雑な地域でなければ住みたくない」と発言していたそうだ。

1996年2月10日の深夜、突然吐血して倒れ、大阪市内の病院に入院すると、そのわずか2日後に息を引き取った。72歳だった。

司馬遼太郎が住んでいた東大阪市の自宅跡となりには、現在【司馬遼太郎記念館】が設立されている。

https://www.shibazaidan.or.jp/

この【司馬遼太郎記念館】では、歴代の司馬遼太郎作品が展示されており、館内にあるスクリーンでは、司馬遼太郎関連の映像が放送されている。(※現在はコロナの影響で6月1日まで休館)

また、カフェやミュージアムショップが併設され、ミュージアムショップでは、司馬遼太郎の著作全てを購入することができる。

歴史小説の大家、司馬遼太郎の世界観に浸りたい方は、ぜひとも大阪まで足を運んでいただきたいと思う。

 

アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

オススメ記事

関連記事

  1. 実在したインディアン女性・ポカホンタスの悲劇の人生
  2. 中央競馬での歴代三冠馬を一覧にしてみた
  3. 野口英世【苦学・努力の人の印象とは少し違う実像】
  4. 【世界最高のスパイ】ジェームズ・ボンドの魅力について調べてみた
  5. F1人気がなぜ日本で衰退したか調べてみた
  6. 相撲の歴史について調べてみた
  7. 中世フランスに実在した謎の「鉄仮面の男」の正体
  8. 聖パトリックについて調べてみた【アイルランドの守護聖人】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

立花宗茂【秀吉に絶賛された西の最強武将】

立花宗茂の生い立ち立花宗茂(たちばなむねしげ)は、永禄10年(1567年)8月に豊後の大友氏…

膝の痛みの解決法【まだ若くても要注意!】

膝の痛みは、高齢者に多いイメージがある。腰痛、ひざ痛、肩こりなどは、老人を連想しやすい。…

バーバリーの歴史について調べてみた【英国ブランド】

イギリスの「超」がつく有名ブランド、バーバリー。バーバリーの特徴的な模様であるバーバ…

アーカイブ

PAGE TOP