教育

傘袋ロケットの作り方 「ロケットの翼の役割とは何か?」

傘袋ロケットの作り方
※イラスト Peaceful life 20

「ねえパパ、ママ、翼ってなんのためにあるの?なんで羽根があるとお空を飛べるの?」

あなたはそう聞かれたら、上手に答える自信はありますか?

「うーん、きっと空気の流れを、なんとかして…」

きちんと説明するのは意外と難しいものである。

しかし、そんな実験を誰でも手軽にできる実験があった。
スーパーなどで雨の日に使える傘袋

スポンサーリンク

この細長い形と、空気を逃がさない素材を生かした『傘袋ロケット』で、子どもや科学初心者でも簡単に行える『ロケット飛ばし』の実験がある。
袋とテープ、翼に使う紙を用意すれば、ちょっとした工作で『ロケットの飛び方は、翼のあるなしでどれくらい違うのか?』試してみることができるのだ。
百聞は一見に如かずという言葉通り、実際にやってみると目から鱗が落ち、自然と納得するものである。
それでは、『手軽に挑戦!傘袋ロケットの作り方』をお伝えしよう。

傘袋ロケットの作り方


※漫画 Peaceful life 20

用意するもの…傘袋、テープ、翼に使う紙。

1、 傘袋を膨らませ、袋の口をテープで止める。
2、 一つのロケットは翼を付ける。もう一つは翼を付けない。お好みで頭に三角の飾りを付けたり、翼をたくさんつけても良い。
3、 ロケットを飛ばしてみる。二つ以上のロケットを、同じ場所から、同じように飛ばしてみよう。

さて、実験結果は?

答え…翼が付いているロケットの方が、真っ直ぐに飛びやすい。
そして、空中に浮いている時間も長くなることが多く、全体的に安定して飛行できることがわかった。

ロケットの翼があることで、機体はバランスを取る能力を備える。そして翼が多ければ、その分安定して飛ぶことができるのだ。

ただ、やみくもに翼を増やせば良い訳ではないので注意しよう。翼同士がくっついていると、空気の通り道がなくなってしまう。
そして空気がロケットにぶつかるようになり、ロケットは飛びにくくなってしまうのだ。

雨の日が楽しみになる傘袋ロケットの実験を、ぜひ一度試して頂きたい。
子どもと、家族と、楽しく学習できるのでオススメである。

スポンサーリンク

 

鈴蘭

鈴蘭

投稿者の記事一覧

ライターをしている鈴蘭です。
自身の失敗から学んだことを記事にしたいと思います。
一緒に頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 日本にも来航!?ツェッペリン飛行船
  2. モンテッソーリ教育 について調べてみた
  3. 現役中学生に聞いてみた「現代っ子に忘れ去られた昔の遊び」
  4. トマトの栽培 について調べてみた
  5. 【謎の飛行物体X】NASAも関与する計画について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP