IT 経済

謎の暗号・cicada3301 について調べてみた

みなさん、cicada3301というワードを知っていますか?

私は最近になりこのことを知って、調べたくてたまりませんでした。知らない方のために順を追いながら、わかりやすく説明しますね。

スポンサーリンク

掲示板の暗号

cicada3301

cicada3301と書いて「シケイダ3301」と読むこのワード、実は暗号なんです。

2012年1月、スウェーデン人のコンピューター・アナリスト、ジョエル・エリクソンという男性がアメリカの掲示板で発見したのが始まりと言われています。
ジョエルさんは、普段は企業のコンピューター関連のセキュリティを担当する会社に勤めています。つまり、ネットやパソコンのエキスパートというわけです。

その掲示板に書かれていた暗号とは、

「こんにちは。我々は知能レベルが極めて高い人間を探しています。我こそはという人は、この画像に隠されたメッセージを見つけ出してください。メッセージは我々にたどり着く道しるべになっています。3301」

と書かれていました。さらにこのメッセージにはセミのマークと共に「Cicada 3301」という画像が添えられていました。
ちなみに、Cicadaとはセミのことです。

シーザー暗号

この暗号解読に自信を持っていたジョエルさんは、早速、画像の解読を始めました。画像からヒントを解読するということだけでも想像できないレベルの話ですが、ジョエルさんはたった数分で、ある暗号が隠されているのを発見します。

それが、シーザー暗号でした。

シーザー暗号というのは、「平文の各文字を、辞書順に3文字分シフトして暗号文を作る暗号のこと」らしいのですが、よく分からない!そこで調べてみたら、要は平分に「DEF」と書かれている場合、3文字分シフトさせるので、暗号の内容は「DがA」「EがB」「FがC」を表しているということです。古代ローマの軍事的指導者シーザーが使ったことからこの名前が付いたそうです。

ジョエルさんは、その文字列がとあるURLであることを解析し、早速アクセスしました。

すると、そこにはアヒルの画像とともにこんなメッセージが記されていたのです。

「おとりに引っかかりましたね。どうやらあなたに暗号を解読するのは不可能のようだ」

謎の電話番号

普通なら、諦めるか最初の画像に戻って再度解読をするでしょう。
しかし、ジョエルさんは違いました。ここで諦めさせる罠だと見抜いたんです。

「もし暗号が簡単すぎたらすぐに飽きていたかも知れません。でも暗号のトラップに引っかかったことで、ますますCicada 3301のとりこになってしまいました」と後述しています。

今度はアヒルの画像の中に「ヒントが隠されているはず!」とさらに解読に取り組みました。するとメッセージの中に暗号解読用の特殊なプログラム名が隠されており、それを使って解読すると次のヒントが見えたのです。その結果、今度もあるメッセージが発見されました。それは、

214-390-9608に電話しろ

というものです。ジョエルさんがアメリカのその番号に掛けると、今度は「Cicada 3301のオリジナル画像から素数を見つけて下さい」という内容の伝言メッセージが流れました。

さらに次のヒントが現われたのです。

カウントダウン

ジョエルさんは、電話のヒントを手掛かりにオリジナル画像から素数を洗い出したところ、今度は「Cicada(セミ)」のマークと時計が画面に現れました。この時計はなんとカウントダウンをしていたんです。しかも、カウントがゼロになるのはわずか数日後。ジョエルさんは期待しながら待ちました。

この頃になると「Cicada 3301」は世界中のマニアの間で広まり、みんなが暗号を読み進めていたので、多くの人たちがこのカウントダウンを待ちます。ひとつだけ違ったのは、他の人たちは複数で協力して進めたのに対し、ジョエルさんは一人でここまでたどり着いたということでした。

2012年1月9日、そのカウントダウンがゼロになった瞬間。

世界14の都市、ワルシャワ、パリ、シアトル、ソウル、アリゾナ、カリフォルニア、ニューオーリンズ、マイアミ、ハワイ、シドニーなどの街中のGPS座標が表示されたのです。

実際に各都市で調査したところ、セミのマークとQRコードが貼り付けられたポスターが発見されました。そのQRコードを読み取ると、個人情報を入力するサイトにリンクしたそうですが、その時、ジョエルさんの住むスウェーデンでは夜中になっていました。仕方なく、入力は明日にしようと寝たそうですが、これがジョエルさんにとって痛恨のミスとなるのです。

ジョエルさんのミス

翌朝、情報を入力しようとしたジョエルさんは呆然としました。
昨夜のサイトがネットから消えていたのです。おそらく、多くの人が登録を先に済ませたため、削除したみたいなのです。

ここでジョエルさんの挑戦は終わりました。

そして数ヵ月後に掲示板にはこんな文章が・・・

「こんにちは。我々は探していた人たちを見つけることが出来ました。ここで我々の長い旅は終わります。今のところは・・・」

その後の手がかりは一切ありませんでしたが、2013年1月4日、突如として新しいメッセージが現われたのです。

「こんにちは。我々はこれから聡明な人々の探索を継続します」

そうです。ジョエルさんには、今後もチャレンジする機会はあるということが分かりました。

まとめ

2017年6月現在、「Cicada 3301」がどんな意味を持つ暗号なのかは不明なままです。
しかし、世界規模でヒントをばら撒けることから、「CIAなどの組織が優秀なハッカーを探すためのテストだったのでは?」という噂もあります。確かに一人称が「We」なので、一人ではないことはハッキリしています。

いつか真相が分かると面白いですね。

スポンサーリンク

 

クロワ

クロワ

投稿者の記事一覧

フリーライターのクロワです。主に生活のなかで役立つ記事やトレンド記事などを書いています。よろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. この地球は樹木の残骸でできていた
  2. 日本にも来航!?ツェッペリン飛行船
  3. 厄払いの側面から陰陽師を調べてみた【護符も自分で書ける】
  4. 蘆屋道満について調べてみた【安倍清明のライバル!?】
  5. 実際にあった職業「泣き女」
  6. 田中角栄の逸話を調べてみた【不世出の宰相】
  7. 【聖剣エクスカリバー】アーサー王伝説について調べてみた
  8. 【謎の飛行物体X】NASAも関与する計画について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP