海外

ヘリコプターの音で、なぜかワニが大興奮 「狂ったように交配を始める」

2023年10月頃、オーストラリアのクイーンズランド州で、低空飛行する「チヌークヘリコプター(後述)」が、ワニの交配フィーバーを引き起こした。

ワニたちはその騒音と振動を交配の合図と感じ、繁殖の時期が来たと勘違いしたという。

ヘリコプターの音で、なぜかワニが大興奮

画像 : ワニ農場のワニ by D-Stanley is licensed under CC BY 2.0

ワニの交配フィーバー

クイーンズランド州のワニ農場には、約4,000を超えるワニが生息している。

飼育員は「ヘリコプターの通過後、ワニたちは狂ったように交配をはじめた」と述べている。

農場のオーナーによれば、チヌークヘリコプターのパイロットたちは、飛行中にコースを変更するための目印としてワニ農場を利用しており、最近では低空飛行を行い、乗客たちがワニの写真を撮影できるようにしていたという。

農場のオーナーは次のようにコメントしている。

大きなワニのオスたちは皆立ち上がって、空を見上げて咆哮し唸り声をあげた。そしてヘリコプターが去った後、彼らは狂ったように交配を始めた

チヌークヘリコプター

ヘリコプターの音で、なぜかワニが大興奮

画像: チヌークヘリコプター CH-47F CC BY-SA 2.0

チヌークヘリコプターは、ボーイング・ロータークラフト・システムズ社が開発した大型輸送ヘリコプターである。

その巨大なローターによる揚力と推進力によって気流の変化が生まれ、音や振動も強力だ。

この大型輸送ヘリコプターが、なぜワニたちに変化をもたらしたのだろうか?

音波の効果

イギリス・ウルヴァーハンプトン大学の爬虫類学者によれば、ヘリコプターの音がワニの交配フィーバーを引き起こす可能性はいくつか考えられるという。

その理由の一つは、ヘリコプターの発する音波が、ワニたちにとっての「雷雨が迫っている警告サイン」に酷似していることだ。

豪雨は、多くのワニ類にとって媚薬のような効果をもたらすと言われている。

ヘリコプターの音で、なぜかワニが大興奮

画像 : 跳び上がるイリエワニ publicdomain

仕組みは謎であるが、農場のオーナーによれば「雷雨の中で交配することで、ワニの子供たちはより穏やかな環境で孵化できるようになる」という。

ワニの感覚器官

ワニは水中の動きや大気圧の変化、極低周波の音など、変化を感知するための「外皮感覚器(ISOs)」と呼ばれる多感覚器官を持っていて、この感覚器官がほぼ全身に広がっているという。

チヌークヘリコプターが超低周波の音、つまり人間の耳では検知できないほど低い周波数の音を発していて、ワニがそれをISOsで感知している可能性が高い。

チヌークヘリコプターは、雷雨が始まる音を人工的に再現してしまっているのかもしれない。

画像: イリエワニ public domain

4,000を超えるワニたちの交配は、迫力満点のとんでもない光景だったであろう。

ワニは、環境変化に想像以上に敏感な生物である。

人間のふとした活動が、ワニの生態系にどれだけの影響を及ぼしているのかが判明した一つの事例といえよう。

参考 :
Low-flying helicopter sparks massive crocodile orgy in Australia | Live Science

 

lolonao

lolonao

投稿者の記事一覧

フィリピン在住の50代IoTエンジニア&ライター。
antiX Linuxを愛用中。頻繁に起こる日常のトラブルに奮闘中。二女の父だがフィリピン人妻とは別居中。趣味はプチDIYとAIや暗号資産、マイクロコントローラを含むIT業界ワッチング。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 過去最大規模の「オゾンホール」が南極大陸の上に形成される 【大き…
  2. 破産もしていたトランプ大統領の意外な人生
  3. リヒテンシュタイン公国 について調べてみた【時を止めた国】
  4. 兵馬俑の親指を盗んだアメリカ人 「破損した兵馬俑の価値は450万…
  5. 台湾はバイクの密度が世界一だった 「なぜバイクだらけになったのか…
  6. エンスラポイド作戦【ナチス親衛隊No.2暗殺作戦】
  7. ドードー鳥絶滅の歴史 【伝説の飛べない鳥は再び世に現れるのか?】…
  8. フィジー共和国の真の姿と、幻の島「タバルア島」

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

縄文時代は意外と技術に優れていた「稲作は中国から伝わった」

縄文時代の始まりは土器が登場し、定住生活が本格化した12,000年前からというのが定説である。…

軽皇子に未来を託した柿本人麻呂の和歌から持統天皇の思いに迫る 【万葉集から古代史を読み解く】

エピローグ今を遡ることおおよそ1,200年前に完成したという『万葉集』は、4,500首以…

江戸時代に有名になった超能力少年 前編 【天狗に弟子入りした 天狗小僧寅吉】

天狗小僧寅吉とは江戸時代後期の文化3年(1806年)12月31日、寅の日・寅の刻に生まれ…

食べすぎ注意!徳川家康がハマった「鯛の天ぷら」実際に作ってみました!

時は元和2年(1616年)1月21日、徳川家康は京都からご機嫌伺いにやって来た、茶屋四郎次郎(三代目…

イングランドで愛される犬と猫たち【公務員として働く猫】

日本でもペットを愛する人々はとても多い。平成29年の調査では、犬は約13パーセントの世帯が飼育、猫…

アーカイブ

PAGE TOP