海外

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑥【食べ物・アイス、飲み物編】

「ネイティブが聞くと微妙…かもしれない英語【食べ物・アイス、飲み物編】」をまとめてみた。
必ずしもおかしな意味で伝わるとは限らないが、間違いや誤解は無い方が良い。
日本人は英語の発音が非常に悪く、ネイティブにはよく聞き取れないことも多いらしい。

「『子どもにアイスキャンディーを』と注文すると、凍ったお菓子を提供された。

これは冗談だが、万が一そんなことにならないよう、「ネイティブに誤解されやすい英語表現について」考えてみよう。

スポンサーリンク
英語

『アイスキャンディー』

どこか懐かしさを感じさせる、『アイスキャンディー』という名前。子どもの頃の夏の思い出が蘇ってきそうな食べ物である。そして『アイスキャンディー』…これまた和製英語である。アイスキャンディーは英語で “ice pop”

しかし “popsicle” が一般的な名前のようだ。英語を知らずに聞いたら「ポップなシクル???」と、何を指しているのか全く想像できない。
そして、日本ではキャンディーというと「飴」という意味しかないだろうが、 “candy” という英語はアメリカでドロップやキャラメル、チョコレートを指す。イギリスでは氷砂糖を指すようだ。ネイティブが『アイスキャンディー』と聞くと、冷たい飴やお菓子、ギンギンに冷えた氷砂糖を想像するのかもしれない。

『ソフトクリーム』

暑い夏も、ちょっと肌寒い日も、見ると食べたくなってしまうソフトクリーム。大人になってもこれは大好きという人も多いだろう。そしてこの『ソフトクリーム』、どう考えても英語っぽい名前の食べ物である。しかし、これまた和英英語の仲間なのだ。

ソフトクリームは英語で “soft serve” または “soft serve ice cream” と言う。

『ソフトクリーム』と注文しても、決してアイスではないソフト(柔らか)なクリームが出てくる恐れがあるのだ。しっかり覚えておかないと、真夏の外出で店員さんと押し問答になり、苦労するかもしれない。

『アイス』

では、『アイス』と言えば美味しいアイスやソフトクリームが出てくるのでは?そう思う人もいるのではないだろうか?ところが、 “ice” はアイスクリームではなく「」という意味。日本で言うところの『アイス』が食べたければ、 “ice cream” と言おう。

『バニラとバナナ』

アイスの代表的な味と言えば『バニラアイス』。これが一番好みだという人もいるのではないだろうか。しかし、これを日本人が海外で注文するのはかなり難しいようである。
バニラと言ったのに、バナナが出てきた」…そんな話は多々あるようで、英語学習では定番のネタとなっているようだ。
『バニラ』のバは、 “vanilla” の『V』である。これを上手に発音するのが、まず難しい。上の歯を下唇に付けて、独特の発音をしなければならないのだ。そして「バニラ」ではなく「ヴァネイラ」とでも言うように発音しなければならないという話もある。
一方、 “banana” (バナーナ)は英語初心者の人でも比較的言いやすいようだ。

『クリームソーダ』

懐かしさのある飲み物、『クリームソーダ』。お子様ランチと一緒に連想する人もいるのではないだろうか。

この『クリームソーダ』、英語では “float” “ice cream soda” などと言うことで、「アイスが浮かんでいる飲み物
として認識されるようだ。

『サイダー』

ちょっと疲れたとき、汗をかいたとき、サイダーが飲みたくなる人も多いのではないだろうか。

しかし『サイダー』は、あの透明な炭酸飲料のサイダーではない。“cider” は米国ではリンゴジュース、英国ではリンゴ酒のこと。日本のサイダーとは違うものの名前なのだ。英国で子どもが『サイダー』を頼んでしまったら、「飲酒は駄目!!」と叱られるのかもしれない。
そして、あの透明な炭酸の『サイダー』は英語で “soda” “soda pop” 。「ソーダ」なら私達日本人にも馴染みのある言葉だ。それがなぜ「サイダー」になってしまったのだろう。

『ジュース』

日本で『ジュース』と言えば、砂糖入りの甘い飲み物も「ジュース」だろう。そしてさすがにジュースなら英語として通じると思っていた。
しかし、英語では果汁100パーセントのジュースしか、『ジュース( “juice” )』と呼ばないらしい。砂糖が混ざったものなどは『ソフトドリンク( “soft drink” )』。

『ココア』

ホットでもアイスでも美味しいココア。海外からの輸入品というイメージがあるため、『ココア』は英語で通じるだろうと考えていた。しかし、『ココア』は英語で “hot chocolate” と言う場合があるので覚えておきたい。

『ココア』と言うと、ココアパウダーを想像する場合もあるようだ。そして発音が『ココア』というより『コゥコゥ』に近い。こちらも併せて覚えたいところだ。

こんなにもたくさんの和製英語があることに、驚く人もいるのではないだろうか。暑い国に行く際には、冷たい食べ物や飲み物の名前を確認しておくと役立つだろう。

日本人が間違いやすいネイティブ英語①

日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉】

日本人が間違いやすいネイティブ英語②【食べ物・野菜編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語③【食べ物・おかず、主食編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語④【食べ物 スープ 小麦 ナッツ編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑤【食べ物・果物、おやつ編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑥【食べ物・アイス、飲み物編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑦【飲み物、お酒、食事処のサービス編】

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
鈴蘭

鈴蘭

投稿者の記事一覧

ライターをしている鈴蘭です。
自身の失敗から学んだことを記事にしたいと思います。
一緒に頑張りましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カリブ海にはなぜ海賊がいたのか?【カリブの海賊たち】
  2. 政府閉鎖の影響(政府職員に関して)について調べてみた
  3. アメリカ海軍の原子力空母について調べてみた
  4. 知らなきゃ大恥!日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉…
  5. アメリカ人はなぜバーベキューが好きなのか調べてみた
  6. 【デンマーク初の女王誕生のきっかけを作った王妃】イングリッド・ア…
  7. 「世界一出世した軍人」ドワイト・D・アイゼンハワー
  8. 北朝鮮の建国の歴史 【金日成 ソ連の生み出した怪物】


新着記事

おすすめ記事

障害者向け福祉サービス・就労移行支援とは?

就労移行支援とは何か?対象者は?就労移行支援とは、社会生活上さまざまな困難を抱えた障害者のために…

夜の濃厚接触!?ハッテン場の知られざる世界

近年話題のLGBTにボーイズラブ。男同士の性愛関係はまだ表沙汰になるのがしく、良くも悪くも好…

北朝鮮の観光事情について調べてみた【日本人も行ける!】

北朝鮮の話題というと剣呑なものばかりだが、文化的な側面から見てみると実に興味深い。特に首都の…

禁門の変 ~幕末のターニングポイントとなった京都市街戦

朝敵となった長州藩禁門の変(きんもんのへん)は、元治元年7月(1864年8月)に京で発生…

風船爆弾について調べてみた【実はアメリカ本土に着弾していた】

第二次世界大戦での最長距離到達兵器「風船爆弾」は、太平洋戦争の中期から後期にかけて日本軍…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP