海外

日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物 スープ 小麦 ナッツ編】

ネイティブ英語

日本の街中で、飲食店で、私たちはたくさんの英語を見かけるようになった。
英語が話せない人も英字入りのTシャツやバッグを身につけ、おやつの時間は『カフェ』や『ファストフード店』『アイス店』など、横文字の名前がついたお店に入る。
店内には日本ではなじみのないカタカナや英字があふれかえって、「これ、どうやって注文するんだろう?」と、あとずさりしてしまう場合もあるほどだ。
近年は慣れ親しんだ和食より、カタカナの名前の食べ物を多く食べる人も増えたのではないだろうか。

しかし、英語をちゃんと学ばずに雰囲気や格好よさだけを求めてしまったり、日本語で言えばよいのに無理をして英語を使ってしまうと、ときにはとんでもない『和製英語』を使ってしまうことがある。また、「カタカナだから、英語だろう!」と誤解している例も少なくない。

スポンサーリンク

この記事では、日本人が間違えやすい
ネイティブが聞くと微妙…かもしれない英語【食べ物・スープ、小麦、ナッツ編】」
をまとめてみた。
必ずしもおかしな意味で伝わるとは限らないし、ネイティブでも察しのよい人、器の大きな人なら、英語の苦手な私たちが本当は何を言いたかったのかをきちんと理解してくれるかもしれない。しかし、間違いや誤解はない方が良い。そして、きちんと理解して使うことが一番大切だ。
さらに、日本人は英語の発音が非常に悪く、ネイティブにはよく聞き取れないことが多いらしい。私たちはこのこともしっかりと頭に入れ、もっと勉強に励む必要があるのかもしれない。

「ナッツが好きだ! と言ったら、ヤバい人が興奮しながら近付いてきた…」
まあ、それは冗談だが、万が一そんなことになったら自分が恥をかくし、相手も困惑してしまうだろう。
それでは、「ネイティブに誤解されやすい英語表現」について

考えてみよう。

 

『コンソメスープ』

寒い冬が来ると飲みたくなる、温かいコンソメスープ。自分で作るのも、鍋に湯を沸かしたらコンソメスープの素を入れ、ありあわせの野菜や肉を入れるだけで完成という簡単さで、非常に重宝するメニューだ。
ところでこの『コンソメ』、本来は『consomme』というフランス語で、英語では伝わりにくいらしい。英語で『コンソメスープ』と言いたいときは、 “clear soup” と言うようだ。

 

『ホットケーキ』

家庭のご馳走、ホットケーキ。母が作るおやつの定番メニューではないだろうか。バターや生クリームを乗せて、贅沢に食べるのが思い出になっている人もいることだろう。
ところでこのホットケーキ、和製英語かどうか判断がつかず、論争が起こっている言葉のようである。
海外では『ホットケーキ』が通じる場所と通じない場所があり、『ホットケーキ』が使われていない地域では「パンケーキ」 “pancake” と呼ぶようだ。

ちなみに『カステラ』は “sponge cake” 。あの日本のカステラと同じものは、海外では有名ではないようだ。デコレーションケーキは英語で “fancy cake

decorated cake” と呼ぶ。
「じゃあクリスマスケーキは?」と思ってしまうところだが、なんと海外には『クリスマスケーキ』がない地域も多いそうだ。
無宗教の日本人がクリスマスをイベントごとにして大騒ぎし、ケーキを食べるのが、ちょっと恥ずかしく思える出来事である。

 

『マロン』


栗はケーキやお菓子で『マロン』と呼ばれるが、これは英語ではない。英語で栗と伝えたいときは “chestnut” と言うのだ。
ちなみに、「焼き栗」は “roasted chestnuts” 「栗の木」は “chestnut tree” 「栗のイガ」は “chestnut-bur” と言う。
そもそも、英語圏には栗を知らない人も多いらしい。そのうえ、“Maron” は人物の名前を連想させたりするため、何を言いたいのかまったく伝わらないおそれがある。

 

『クルミ』

では、クルミは英語でなんと言うのか…?  よく考えたらクルミは日本語である。
クルミ』は英語で “walnut” 。
くるみを割る」は “crack a walnut” 「くるみ割り」は “a nut cracker” と言う。

 

『ナッツ』

酒のつまみに、お菓子のトッピングに、「ナッツがあれば最高!」そう思うこともあるだろう。近年はナッツ類の美容効果も解明され、注目を集めている。しかしこの『ナッツ』、
状況によっては、うまく伝わらない場合もあるようだ。
nut”は『木の実』のほかに、工具箱に入っている『六角のナット』という意味がある。

そして『変な行動をする人』……つまりおかしな人という意味もある。さらに、日本人が「ヤバい」という言葉を「あいつ、すごね」という場面で使うように、 “nat” が『熱狂的に、夢中になる』『狂っている』ような意味でも使われる場合がある。
Sを付けて複数形にした “nuts”は男性器の意味もあるので、相手がどんな意味で使っているのか気をつけよう。
誤解を招くのが怖い場合は、“peanut”(ピーナッツ) “walnut”(クルミ) などと言うのもひとつの手かもしれない。
また、『ミックスナッツ』は英語で “mixed nuts” 。「ミックス」ナッツも、日本訛りと言えるのかもしれない。

 

和製英語というのは、調べるほどに奥が深いものがある。そして、知らずになんとなく英語だと思って使っている言葉が、じつは英語ではない……そんなことが多いことに改めて驚かされる人も多いのではないだろうか。日本人が独自に発展させてきたのは食べ物だけではない。言葉もそのひとつだったのだ。
海外でも言葉の地域差があり、「英語だからどこでも伝わる」というものでもないようなので、今後もしっかりと勉強していきたい。

 

スポンサーリンク

 

鈴蘭

鈴蘭

投稿者の記事一覧

ライターをしている鈴蘭です。
自身の失敗から学んだことを記事にしたいと思います。
一緒に頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物・アイス、…
  2. 知らなきゃ大恥!日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉…
  3. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物・野菜編】…
  4. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物・おかず、…
  5. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物・果物、お…
  6. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP