海外

日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物・おかず、主食編】

日本の町中で、飲食店で、私たちはたくさんの英語を見かけるようになった。
英語が話せない人も、老若男女問わず英字入りのTシャツを着て、『レストラン』や『カフェ』、『フードコート』など、横文字の名前が付いたお店に入る。
店内にはまたカタカナや英字が溢れかえって、「これ、日本語でなんて言うんだっけ?」と日本名を忘れてしまう場合もあるほどだ。
近年は慣れ親しんだ和食より、カタカナの名前の食べ物を多く食べる人も増えたのではないだろうか?

しかし、英語をちゃんと学ばずに雰囲気や格好良さだけを求めてしまったり、日本語で言えば良いのに無理をして英語を使ってしまうと、時にはとんでもない『和製英語』を使ってしまうことがある。
また、「カタカナだから、英語だろう!」と誤解している例も少なくない。
スポンサードリンク

日本人が間違えやすい
「ネイティブが聞くと微妙…かもしれない英語【食べ物・おかず、主食編】」
をまとめてみた。
必ずしもおかしな意味で伝わるとは限らないし、ネイティブでも察しの良い人、器の大きな人なら、英語の苦手な私たちが本当は何を言いたかったのかをきちんと理解してくれるかもしれない。
しかし、間違いや誤解はない方がよい。そして、きちんと理解して使うことが一番大切だ。
さらに、日本人は英語の発音が非常に悪く、ネイティブにはよく聞き取れないことが多いらしい。私たちはこのこともしっかりと頭に入れ、もっと勉強に励む必要があるのかもしれない。

「レストランでシーチキンを頼んだのに、『海鳥は調理できないわ!』と困らせてしまった…。

そんなことになったら自分が恥をかくし、相手も悩んでしまうだろう。それでは、「ネイティブに誤解されやすい英語表現について」考えてみよう。

 

『ビフテキ』


察しのよい人なら、もうおわかりだろう。『ビフテキ』はカタカナだが、どことなく日本風の名前である。これは英語で “beef steak” と呼ぶ。日本語では長い名前を4文字程度に略する癖があるが、『ビフテキ』もその一つだったのか?

名前の由来については「英語が語源」、「フランス語からきている」、「イタリア語が語源」諸説あるようだ。

 

『チキン』“chicken”


これは日本でも有名だろう。チキンは弱虫、臆病者。
「私はチキンを食べたい(I’m chicken.)」と言ったつもりが「私はチキン野郎」になってしまったら大変だ。
また、「チキンが食べたい
(I want to eat chicken.)と頼んだつもりが “a” を付けて “I want to eat a chicken.” と言ってしまい、「鶏一羽」と誤解され、巨大な鶏肉を頼んでしまった!…そんなことにならないよう気をつけよう。

 

『シーチキン』


サンドイッチやおにぎりの具では定番のシーチキン。マヨネーズとあわせて「ツナマヨ」は、大人にも子どもにも大人気である。しかし、これは完全な和製英語だ。
たしかに、よく考えてみると「海の鶏?」と、疑問が残る名前である。この違和感を英語に直すと “sea chicken” (海の鶏)。または “she chiken” (彼女はチキン野郎だ)と聞こえなくもない。
『シーチキン』は英語で “canned tuna” または “a can of tuna” というので、覚えておきたい。

 

『ミンチ』

ネイティブ英語

ハンバーグや肉団子、ミートソースなどに使えるミンチ。「これは絶対、英語だろう!」筆者はそう思っていた。しかし、これもどうやら和製英語のくくりに入るらしい。『ミンチ』はアメリカ英語で “ground meat” 。イギリス英語では “mincemeat” と言う。「イギリス英語はミンチで良いんだ!」と思ったら間違いなので注意しよう。発音が『ミンチ』ではなく『ミンス』になる。

 

『ホットサンド』

「温かいサンドイッチが大好き!」そんな人もいることだろう。筆者もなぜか、温かいサンドイッチには特別感を感じていた。

寒い日に喫茶店に入り、チーズがとろける熱々のサンドイッチを、ホットコーヒーと一緒に食べる…これが何とも贅沢な時間に感じるのだ。しかしこの『ホットサンド』、なんとこれもまた和製英語であるようだ。

ためしに英語翻訳で「hotsand」と入力すると、 “熱い砂” と翻訳される場合がある。砂を熱く熱して食べるなんて、想像するだけでも気分が悪いものだ。

「温かいサンドイッチ」が食べたい場合は “toasted sandwich” “grilled sandwich” と言うと、きちんと伝わるようだ。

 

『ご飯』

海外に行くと和食が恋しくなるとはよくいったものだ。「ご飯」に梅干し、納豆が食べたい!そう思うこともあるかもしれない。

ところで『ご飯』は英語で “rice” と言うが、これと似た言葉に “lice” がある。これは『しらみ虫』という意味なので気をつけよう。
私たち日本人は英語の発音が苦手であったり、LとRを間違えてしまう場合がある。LとRを聞き間違えられてしまっただけでまったく別の単語になり、誤解を招く恐れもあるのでしっかり練習しよう。

 

『インスタント食品』『インスタントラーメン』


インスタント食品は、英語で “convenience food” と言う。コンビニエンスといっても『コンビニでしか売ってない』訳ではなく、『即席の食品』ということなので、一応覚えておきたい。
ちなみに『インスタントラーメン』は、英語で “instant noodles” 。

 

和製英語は思いのほか多く、英語に直して覚えるのが大変なくらいだ。

なぜここまで和製英語が増えたのか、困ってしまうところだが、次の世代に恥をかかせないよう、筆者はしっかりと勉強し直そうと思う。

 

スポンサーリンク

【一日6分】テキストいらずの聞くだけ学習法
カランメソッドで英語力向上!
【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

  1. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物・果物、お…
  2. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物・野菜編】…
  3. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた【食べ物 スープ …
  4. 知らなきゃ大恥!日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉…
  5. 日本人が間違いやすいネイティブ英語を調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP