海外

知らなきゃ大恥!日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉】

覚えておきたい英語

日本の町中で、商品で、私達はたくさんの英語を見かけるようになった。

雑貨や洋服には英語の文字がオシャレに刻まれ、我々はそれを日常的に着用する。
道を歩けば、英語の店名を掲げた看板もたくさんある。

有名な歌の歌詞の中にも英語が頻繁に使われていて、それが洒落っ気のある雰囲気を出していたり、ちょっと賢い、イケてる人に見えたりするものだ。
スポンサードリンク

そして、あなたは見たことがないだろうか?
海外でおかしな日本語入りのTシャツを着た外国人を見かけたり、インターネットで「馬鹿」「尿」「台所」など、悪いとは思いつつ笑ってしまうような漢字のタトゥーを入れた外国人を…。

これらを見ると驚くが、私達日本人も同じ間違いを多々繰り返してきたことだろう。

この記事では、日本人が間違えやすい「ネイティブが見たら驚き、爆笑…するかもしれない英語」をまとめてみた。
ミスを恐れていては何もできないが、やはり英語をきちんと理解してから使うことが一番大切だ。私達はもっと英語の勉強に励む必要があるのかもしれない。

 

“pee” “pee-pee” “wee-wee” “poo” “poop”

「なんとなく、良い響きだから…」
そんな理由でよく考えず、店名やニックネームにしたりしてはならない。
“pee” “pee-pee” “wee-wee”は「おしっこ」。
他におしっこを表す言葉は、 “urinate” “piss” などがある。

“poo”“poop”は「うんこ」の意味。
「まぬけ」「へとへと」という意味もあるようだ。
「可愛いから」と “pooちゃん” というニックネームにしたり、“pop”と書くつもりが、間違えてOを増やしてしまうと大変なことになる。

他にうんちを表す言葉は “crap” “turd” “dirt” などがある。

 

“shit”

シャツと間違えて “shit” と書いてしまうと大変だ。
“shit”は「くそ」「大便」という意味があり、相手を侮辱する時にも使用する、大変失礼な言葉と言われている。

ちなみにシャツは、正しくは“shirts”と書く。4番目にRが入るのだ。

 

“diarrhea” “ loose bowels” “mild cathartic”

日本では聞きなれない“diarrhea” “ loose bowels” という言葉。
なんとなくしっとりとした感じを想像させるが、これらは「下痢」という意味だ。
美味しい料理を提供するお店の名前が“diarrhea” “ loose bowels” だったら、海外の人は腰を抜かすだろう。

そして、緩い下痢の場合は “mild cathartic” となる。
こちらもなんとなく、落ち着いた雰囲気があるように聞こえてしまうが…。
間違えてこんな文字入りの服を着ないよう、気を付けたいものだ。

 

“stupid” “silly” “fool” “foolish”

響きがオシャレでカッコイイ…そう思って、この文字が入ったTシャツを着てしまっては大変だ。
“stupid” “silly” “fool” …これらは「ばか」という意味。
こんな文字が入った服がたくさん売られているようなので、購入前によく読んでみた方が良い。

“foolish” は「愚かな」「ばかばかしい」などという意味がある。
こんな文字を仕事で使うメールアドレスに間違えて使ってしまったら、二度と連絡が来ないかもしれない。
おしっこ、うんこ関係もそうだが、馬鹿という言葉もいろいろとあるので、一度確認しておくのが良いだろう。

 

“gross” “yucky” “creepy” “disgusting”

これらは「きもい」という意味の英語だ。

“gross”“yucky” は「不味い、きもい」という意味。料理の評価に使われることもある言葉。
女性は口紅のちょっとツヤツヤした物を「グロス」と呼ぶので、オシャレだと思って “gross” という言葉が入った雑貨を持ち歩いてしまうかもしれない。
しかし、わざわざキモイという文字入りの物を使うのもいかがなものか。

“creepy” は「あいつキモい」と、人の評価に使われることが多いらしい。

“disgusting” は「本当にきもい、嫌だ」というくらい、強い不快感がある時に使うらしい。
「最低!」「むかつく!」「嫌味な奴だ」という時にも使われる、絶交するくらいの嫌悪感を感じる言葉だ。
自分のTシャツに “creepy”“disgusting” と書かれていないか確認しよう。

 

これらは氷山の一角で、おかしな英語入りの商品は山ほどあるので注意しよう。

それにしても、なぜ私たちは時々、こんな文字入りのTシャツを着てしまうのか。
なぜ日本の町には、変わった店名の看板がたくさんあるのか。

なぜこんな文字をわざわざ選んで印刷したのか不思議だが、海外に憧れ、見た目だけで英語表記を選ぶのがいかに恐ろしいかがわかる事例だ。
服選びや店名を付ける時、必ず文字の意味を確認したいものである。

スポンサードリンク

日本人が間違いやすいネイティブ英語①

日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉】

日本人が間違いやすいネイティブ英語②【食べ物・野菜編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語③【食べ物・おかず、主食編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語④【食べ物 スープ 小麦 ナッツ編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑤【食べ物・果物、おやつ編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑥【食べ物・アイス、飲み物編】

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑦【飲み物、お酒、食事処のサービス編】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
鈴蘭

鈴蘭

投稿者の記事一覧

ライターをしている鈴蘭です。
自身の失敗から学んだことを記事にしたいと思います。
一緒に頑張りましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. リヒテンシュタイン公国 について調べてみた【時を止めた国】
  2. オスタルギーとは何か?東西ドイツ統一後の東ドイツについて調べてみ…
  3. イギリスの国旗の歴史について調べてみた
  4. キューバとはどんな国なのか?【社会主義を勝ち取った国】
  5. チャウシェスク大統領【公開銃殺されたルーマニア最大の独裁者】
  6. サラ・ベルナールについて調べてみた【新芸術様式アール・ヌーヴォー…
  7. イギリスの女性参政権運動について調べてみた「テロリストと呼ばれた…
  8. 軽いジョークがキッカケで生まれたソジェー共和国。その歴代大統領を…


新着記事

おすすめ記事

浅野内匠頭について調べてみた【赤穂浪士たちが忠誠を尽くした藩主】

忠臣蔵という時代劇はご存知だろうか。主君の仇を討つため藩をお取り壊しになった家臣たちが無念を晴ら…

三方ヶ原の戦い ~こうすれば徳川家が滅亡し三河制覇できた

三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)年月:1573年1月25日対戦相手:武田信玄VS徳川…

天武天皇 ~未来への基盤を築いた王

天武天皇(てんむてんのう)という名前を、どこで知っただろうか。日本史の「壬申の乱」で、額田王…

兼好法師に学ぶ 心の健康法 「病を受くる事も、多くは心より受く」

平安の世から現代に来た私には、現代の人々は著しく心の健康を損なっているように見える。そんな人…

オーストリア帝国の皇后エリザベート【シシィ】の生涯について調べてみた

美貌によって知られるオーストリア帝国の皇后エリザベートの生涯は、映画や演劇の題材になっており…

アーカイブ

PAGE TOP