思想、哲学、心理学

ソクラテスについて調べてみた

哲学の祖と呼ばれるソクラテスをご存知だろうか。名前は知っていても、その思想までは知らないという人が多いのではないだろうか。
哲学と言うと、難しい思想を想像されるだろうが、ソクラテスの思想は親しみやすいものである。古代ギリシアに生まれ、その思想ゆえに裁判にかけられたソクラテスの思想を、紹介していく。

生涯

ソクラテス

※ソクラテスの彫像。wikiより引用

ソクラテスは古代ギリシアの紀元前470年〜399年に生きていた哲学者である。

当時のギリシアは直接民主制が成立し、また、戦争も盛んに行われていた。ソクラテスは屈強な男性であったとされており、戦争にも参加していた。
ソクラテスの父の名はソプロニコス、石工であり、母はパイナレテ、産婆である。ソクラテスが生きていた古代ギリシアでは、ソフィストと呼ばれる学者が多く存在した。ソフィストとはもともと知者という意味であったが、ただ相手を言いくるめるだけの弁論術を用いて報酬を受ける者となってしまった。ソフィストたちの弁論術は当時の哲学を衰退させるものであった。
ソクラテスが用いた問答法はソフィストとは反対であった。そのためにソクラテスは中傷され、裁判にかけられる。「ソクラテスはポリス(国家)の神々を認めず、青年たちを惑わした」という理由で、彼は死刑判決を受けた。脱獄も可能であったが、それは法を破ることになり、不正だと言って毒杯をあおり、刑死したのであった。

ソクラテス の思想

ソクラテスの最も有名な思想が「無知の知」であろう。これは「自らの無知を自覚している」ということである。

デルフォイという聖地でソクラテスの友人、カレイポンは「ソクラテスよりも知恵のある者はいるか」と問うと、デルフォイの巫女は「ソクラテスよりも知恵のある者はいない」という神託を告げた。その神託をカレイポンから聞いたソクラテスは、神は嘘をつかないと信じ、その神託について「これは謎かけである」と解釈した。
ソクラテスは問答法(産婆術)によって、自分よりも知恵のある者を探した。問答法は、まずソクラテスがある問いを立て、それについて相手に見解を述べさせる。そしてソクラテスがその見解を吟味し、新しい見解を述べさせる。これを繰り返すことで本質を探求する方法である。問答によって相手のまだ生まれていない思想を生み出すという意味で、産婆術とも呼ばれている。

この問答の末ソクラテスは、知識人たちは知っているつもりでいても、実は何も知らないということに気づいた。そしてソクラテスはこの「知らない」という無知を自覚しているという点で、自分は他者よりも優れているのだと考えた。そして、ソクラテスは神託を「ソクラテスという名を用いて、神は知恵のある者とは、自分が知恵に関して無価値であることを自覚している者」であると解釈した。

善く生きること

古代ギリシアでは魂のことをプシュケーと呼んだ。プシュケーとは息をすることを意味する。ソクラテスは「魂の配慮」を説き、徳(アレテー)をそなえた魂を持つように主張した。「善く生きること」とは「ただ生きる」こととは異なる。

例えば、りんごの善さとは「おいしい」ことである。薬の善さとは「よく効く」ことである。そのようにして、人間の「善さ」とは何かを考えることが「善く生きる」ということにつながる。
ソクラテスは実践的哲学者である。これは死や運命など、生きにくさから生まれた、幸福を探求し実現するための哲学である。ソクラテスは「本当の正義」が存在し、またそれを把握することも可能であり、しかしそれを知らないから探求するべきだと考えた。「正しいこと」を行えば魂は「善く」なるのであるが「正しいこと」が何であるかがはっきりしない。「正しさ」の知によって「正しい」行為に至り、その結果「善い魂」となるのである。

著作

画像.ソクラテスの弁明

ソクラテスは執筆をしなかった。よって弟子のプラトンたちが書いた書物のみが残っている。
ソクラテスの弁明』『クリトン』『パイドン』などにソクラテスの思想が詳しくあらわされている。
これらの著作は対話文であるため、非常に読みやすい内容になっている。これを機に手に取ってソクラテスの思想に触れてみてはどうだろうか。

関連記事:
プラトンについて調べてみた【イデア論】
ギリシア神話はあらゆるものの源泉だった

もひ

もひ

投稿者の記事一覧

主に哲学が好きです

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 記憶はどのように保存されるのか「短期記憶と長期記憶」
  2. レズビアンの歴史について調べてみた
  3. 【英雄サラディン】イスラム教について調べてみた
  4. 24人のビリー・ミリガン【多重人格者は多数存在する】
  5. 「創造科学」とは〜 科学と名のついた疑似科学の代表
  6. 「我思う故に我あり」近代哲学の父ルネ・デカルト
  7. キティ・ジェノベーゼ事件【大勢見ているのに誰も助けない傍観者効果…
  8. ダーウィンの「種の起源」と優生学


新着記事

おすすめ記事

「共産主義あるある」ネタで有名なエレバン放送のQ&Aコーナーから特選ジョーク47連発!「意味がわかるとゾッとする」

表立っては言えないことほど、より深く心に刺さる……社会が抑圧的であればあるほど、人々はジョークに皮肉…

Amazonの落とし穴!デリバリープロバイダについて調べてみた

ネット通販は現在の生活には欠かせません。私は少ないほうだと思うんですが、それでも月に2〜3回は利…

『水滸伝』の関勝、実在の武将だった「関羽の子孫?設定からしてフィクションっぽい」

棗(なつめ)のような赤い顔から伸びる三牙のヒゲ(口の髭、頬の髯、顎の鬚)……どこかで見たような顔だと…

ローデシアについて調べてみた【傭兵たちの亡国】

世界最古の職業ともいわれる傭兵。その傭兵たちが現代においても活躍した時代があった。彼らは、金のた…

大阪で41人感染、1日最多更新

大阪府は4日、新型コロナウイルスの感染が判明していた大阪市の70代男性が死亡したと発表し…

アーカイブ

PAGE TOP