f 小田原の松原神社例大祭に行ってきた - 草の実堂

イベント

小田原の松原神社例大祭に行ってきた

東京から車で約1時間。神奈川県小田原市のゴールデンウィークは、他の街とは違う賑わいを見せる。

3・4・5日の3日間にわたり「松原神社例大祭」が行われるのだ。氏子の町会神輿が街を練り歩き、本社神輿も登場する。今回は、そんな小田原の祭りに行ってきた。

小田原の神輿

小田原の松原神社例大祭に行ってきた

【※松原神社の本社神輿】撮影:gunny

小田原の祭りとして有名なのは、例年5月3日に行われる「北条五代祭り」があるが、これは観光客向けの祭りといっていい。

北条五代の歴代城主を模した武者行列が市中を練り歩く。その一方で小田原っ子の祭りといえば例大祭である。3つの神社の例大祭が同時に行われるが、一際注目なのが「松原神社」の祭りである。

【※町会神輿。休憩を挟み街に出る】撮影:gunny

行ったのは中日の5月4日。当日は快晴で立っていても汗ばむくらいの陽気だが、街中も熱気に溢れていた。

松原神社は、戦国時代にこの地を治めていた北条氏以降、歴代城主が崇敬してきた総鎮守とされている。小田原以外ではあまり知られていないが、全国的にみてもかなり熱い祭りだろう。松原神社例大祭は、漁師の祭りを起源としている。神輿を船に見立て、神輿を止めて「木遣り」を唄う。

漁師が息を合わせながら仕事をするときのための歌で、この歌が終えると、一気に「オイサー」「オリャサー」の掛け声と共に商店や地区の例祭事務所などに練りこみ、ご祝儀をもらう。こうしたスタイルは全国的にも珍しいようだ。

世代を超えたコミュニケーション

現在の小田原漁港は、小田原の隣駅である早川にあるが、かつては松原神社の近くにあり、魚市場もあったという。

松原神社周辺はまさに漁師町だった。大漁祈願・家内安全などを願い祭りが行われてきたのがルーツとされている。町内神輿で街を練り歩いた後は公民館や例祭事務所で休むのだが、この休憩時間も祝いの酒を片手に世代を超えてコミュニケーションがとられる。こうして町内の行事が受け継がれていくわけだ。

【※休憩中。どの町内でも同じような光景が見られる】撮影:gunny

決められた時間になると、氏子が例祭事務所から本社神輿を担ぐために出て行く。

【※本社神輿を担ぐために氏子たちが集合する】画像:gunny

小田原担ぎ

町会神輿は、町会により回る時間が異なるため、時間の空いている氏子たちが本社神輿を担ぐのだが、これがまた一際大きい。

小田原担ぎ」という独特の担ぎ方が特徴で、漁場での作業を再現したものとなっている。練り歩くときはゆっくりと「オイサー」「オリャサー」と歩き、先導する提灯を持った若い衆が振り向くと静止。そこから木遣りが始まり、唄い終えると激しい「オイサー」「オリャサー」の掛け声とともに一気に走るのだ。これが実に迫力がある。ちなみにこの掛け声は、網を引き上げるときの交互の掛け合いからきている。

【※駆け抜ける本社神輿】撮影:gunny

町会神輿は全体で約30基ほどもあるため、街全体のどこかしらで神輿や、山車などを見ることができる。こうした数も全国的には珍しい。

公民館にて

ざっと街の様子を見たところで、祭りの裏側も見たくなり、公民館のひとつにお邪魔させていただいた。

祭りということもあり快く入れていただいたが、一階では婦人会の方々が休憩していた。

【※婦人会の方々も休憩中】撮影:gunny

2階は担ぎ手たちの休憩所となっていて、大人たちと若い衆がそれぞれ休憩中。

話を聞くとカレンダーの3・4・5日には「例・大・祭」と書き込んであらかじめ予定を空けておく人がいるほどに熱さを感じる。

【※休憩中の若い衆】撮影:gunny

ここでもコミュニケーションの場となっていて「どこそこにマンションが建つ」「あそこはどうなる」など街の開発の話などで盛り上がり、地元愛を感じた。皆、飲める人は酒を片手に話をしているが、せっかくだからということで私も枡酒をいただいた。なんとも開放的だ。

【※女性の氏子。この日ばかりは半被姿で祭りに華を添える】撮影:gunny

小田原城へ

小田原の松原神社例大祭に行ってきた

【※小田原城六斎市】撮影:gunny

この日行われていたイベントは例大祭だけではない。小田原城のお堀の内側にある広場で「小田原城名物市」と「小田原城六斎市」が行われていた。

これらは「特産市」と「うまいもの市」のようなもので、飲食ブースなど様々な店が出店していた。例大祭が小田原っ子の祭りなら、こちらは北条五代祭りと同じく観光客のためのイベントである。小田原城天守閣が改装されてから観光客は一気に増加し、この日も大勢の観光客で賑わっていた。

1年ほど前にも天守閣に登ったが、この日は順番待ちの行列が出来ていたので断念した。

【※小田原城天守閣】撮影:gunny

最後に

最終日の5日には神輿が続々と松原神社の鳥居目掛けて一気に突っ込んでいく「宮入」が見られる。

普段は静かな街だが、ゴールデンウィークは、街中も小田原城も一年で一番の盛り上がりを見せるのだ。来年のゴールデンウィークには小田原の祭りへ行ってみてはどうだろうか。

関連記事:祭り
祭りと神輿の歴史について調べてみた
関連記事:小田原
小田原城に観光に行ってみた【歴史、オススメの見どころ
小田原城の歴史について調べてみた

Amazon:『童友社 1/350 日本の名城 小田原城 プラモデル』画像をクリック!

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ブッシュドノエル 「日本でも定番になったフランスのクリスマスケー…
  2. 武田信繁とは【武士の心得となる家訓を残した信玄の実弟】
  3. 一之宮 貫前神社に参拝に行ってきた【群馬オススメ観光】
  4. 良いホテルや旅館をスマートに利用する宿泊術!
  5. 武田信玄はどれくらい強かったのか? 【合戦戦績、天下を取れなかっ…
  6. 日本の夏にかかせない「国産線香花火」の歴史
  7. モーゼ、キリストの墓が日本にあった? 「不思議な伝承が残る日本の…
  8. 塚原卜伝 【剣聖と呼ばれた生涯不敗の剣豪】


新着記事

おすすめ記事

「19世紀の基礎 」ナチズムに影響を及ぼした反ユダヤ主義の聖典

反ユダヤ主義の著書 19世紀の基礎ナチス・ドイツの思想・政策に大きな影響を及ぼした「19…

三国志の名門「袁家」はなぜ滅亡したのか?【袁紹の死と後継者問題】

袁紹の死と袁家の滅亡三国時代の202年、次世代の天下人と目された当代屈指の英雄、袁紹(えんし…

戦国時代と関ヶ原以降の島津氏の戦い

はじめに丸に十字の家紋として知られる薩摩国の島津氏は鎌倉時代から江戸時代の薩摩藩まで約700年に…

2.26事件 とはどのような事件だったのか?【昭和維新】

1936年(昭和11年)2月26日未明、降り積もった雪を踏みしめながら、約1400名の陸軍の青年将校…

天下統一に至るまでの豊臣秀吉

豊臣秀吉像(狩野光信筆 高台寺蔵)豊臣秀吉と言えば、百姓時代に木下藤吉郎と名乗っていた人物で、百…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP