戦国時代

小田原城に観光に行ってみた【歴史、オススメの見どころ】

東京から新幹線で40分、車でも一時間ほどのアクセスの良さで人気の小田原城に行ってきた。

小田原城の歴史

小田原城は、戦国時代の1495年にこの地を治めた北条早雲から、北条氏直が五代目当主であった1590年まで、約100年に渡り関東一円を支配した北条家の拠点であった。

最後は数十万とも言われる豊臣秀吉の小田原攻めにより開城するが、それでも関東でも有数の名城であったことは間違いない。

その小田原城だが、明治時代には政策により廃城となり、さらには関東大震災の被害を受けて江戸時代以前の面影は消えてしまった。現在の天守閣は1960年に復元されたコンクリート製のもので、その他の建築物も徐々に再現されてきたようだ。
そして、2016年5月に天守閣がリニューアルオープンしたのを切っ掛けに観光客も増えているそうだ。

小田原城のさらに詳しい歴史に関してはこちら → 小田原城の歴史について調べてみた

スポンサーリンク

この日も日本人だけではなく、海外からの観光客も多く見られた。

小田原城に行ってみた【観光レポ】
※ALL写真撮影 gunny

小田原城へのルート

小田原駅から徒歩十分ほどでお堀に出る。

小田原城への道はいくつかあるが、現在では正規登城ルートというものが再現されており、整備された歩道をお堀沿いに歩いて向かうようになっている。

学び橋

歩道から見える水堀は江戸時代以前に比べ縮小されているらしいが、それでも十分に美しい。

中央の赤い橋は「学び橋」といい、かつて城址公園内にあった小学校へ通うために作られたものである。もちろん、江戸時代には存在していなかった。

現在は統廃合により跡地はイベント広場になっているが、位置的には左手に見える(やぐら)の奥のほうになる。こうした櫓は万が一の篭城などに備えて食料などを備蓄するための倉庫だったらしい。

馬出門

お堀を渡り最初に登城ルートに現われるのが2009年に復元された「馬出門(うまでもん)」である。

ふたつ門からなるL字型をしており、画像の左手から入り、右手の門へ進んだようだ。

こうした構造により、敵襲があっても一度に大軍が攻め込めないようになっていたのだろう。

銅門

馬出門を抜けて内堀を渡ると「銅門(あかがねもん)が見えてくる。

その名の通り、門の扉に銅が使用されており大変美しい。この門が二の丸への正門になっており、ここも入り口と門は直角に配置されている。

この銅門も1997年に復元されたものだ。

ちなみにこの門はドラマ「天皇の料理番」において皇居の門の設定で撮影に使われた。小田原市はフィルムコミッションに力を入れているようで、他の作品でも使われているようだ。

常盤木門

銅門を通過して、石段を登るといよいよ本丸の正門である「常盤木門(ときわぎもん)」をくぐることになる。

常盤木とは常緑樹のことで、門の傍らに植えられている松になぞらえ、小田原城がいつまでも繁栄するように名付けられたとされる。

構えも大きく、門の二階部分は貯蔵庫ながら、いざというときにはそこから矢を射るなどの防御ができたらしい。現在の二階部分は展示室となっている。

本丸広場

かつてはここに小さな市営動物園があったが、現在は小さなサル山が残るだけだ。

このときは春休みということもあり、多くの観光客で賑わっていた。画像の右手に見えるのが先ほどの常盤木門であり、本丸広場を抜けて振り返った辺りから撮影したものである。
誤解される人もいるようだが、城主が普段の生活や仕事をする場が本丸であり、城の心臓部であった。天守閣はあくまで見張り台や攻め込まれた際の避難場所である。しかし、象徴的なその姿から本丸は復元されなくても天守閣だけが復元されることは多い。それはこの小田原城でも変わらない。

天守閣

天守閣は全五階建てになっており、石垣を含めた高さは38.7mとビルの約10階ほどの高さである。その中には小田原城の歴史解説や展示品が数多くある。

リニューアルにより施設内は非常に綺麗で見やすくなっているが、天守閣のフロア自体がそう大きくないので過不足なく見て回れるくらいの情報量だろう。
そして、5階には江戸時代の天守にまつられていたとされる摩利支天像の安置空間が再現されていた。

秀吉により北条家が滅ぼされ、やがて徳川の天下になると小田原の城主は家康の腹心ともいえる大久保氏になった。

大坂城もそうだが、豊臣秀吉が天下人だった時代と徳川家康が征夷大将軍に任ぜられた時代では各地で城の様相が異なる。

家康は豊臣時代の建造物を破壊・縮小することにより豊臣の記憶を消そうとしたためだ。おかげで現在我々が目にすることの出来る史跡のなかには江戸時代とそれ以前のものが混在しているものも多い。

北条家の拠点としてPRしながらも、こうして江戸時代の像が再現されているなどが良い例だろう。ちなみに摩利支天は仏教において陽炎を神格化したものであり、陽炎は焼けず、濡れず、傷付かないということから日本では武士の間で信仰があったという。

天守閣の展望台

天守閣の最上階を取り囲むように展望デッキが設けられており、箱根から相模湾、そして、小田原の市街地などが一望できる。

デッキといっても幅が約1mほどしかなく、一方通行のため高いところが苦手な人には向かないかも知れないが、絶景だ。

何よりこの眺望からここに城を設けた理由が良く分かった。小田原近隣の市町村は小さな平野の中にあるため、この位置からなら遠くまでよく見渡せる。

熊本城への復興支援

天守閣を降りて出口に向かうと「くまモン」のイラストが。

何故かと思い返したら、2016年4月の熊本地震により被災した熊本城の復興支援を小田原城が行っていた。リニューアル後の入場料の一部を寄付しており、当時はニュースにもなった。そのおかげもあって来場者が増えたのかもしれない。

この時期は4月初旬だったが、直前に寒い日が続いたので全体的に桜はほとんど開花していなかった。小田原城址公園は地元でも有名な桜の名所だけに残念だったが、一部では青空に映える薄紅色と出会えた。

小田原での食事

関東でも温暖な気候とアクセスの良さで人気の観光地である小田原。新鮮な魚介も魅力的な土地だ。

日帰りでもいいが、箱根への旅行のついでに立ち寄ってみるのもいいだろう。

なお、食事については注意がある。駅前には地魚をウリにした海鮮丼などを提供する店が何軒もあるが、どこも基本的には割高だ。特に店の入り口に派手なメニューが貼られていたり、呼び込みをしている店が多い。本当に人気がある店ならそんなことをしなくても客は集まるはずだ。

食事については事前に情報を確認して利用したほうがいいだろう。

小田原城へのアクセス&料金

アクセス

電車:小田原駅から徒歩10分
車:小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分
西湘バイパス「小田原IC」から約5分
東名高速道路「大井松田IC」から約40分

駐車場

無料駐車場がないため、周辺の有料駐車場を利用。土日や祝日などはどこも満車になるため公共交通機関の利用をすすめる。

天守閣入場料
一般:500円
小中学生:200円
障害者は障害者手帳提示で本人と付き添い1名まで無料(精神障害者手帳含む)

 

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 東京ディズニーリゾートはなぜあの立地なのか?【東京ディズニーラン…
  2. 夜景もビールも満喫!【2017】東京のおすすめ ビアガーデン 5…
  3. 戦国大名としての織田氏(1)
  4. 直江兼続の才能について調べてみた【上杉景勝の重臣】
  5. 建門院徳子の生涯 について調べてみた【生きながらにして六道を見る…
  6. 独眼竜・伊達政宗が描いた「100万国の夢」
  7. 【クレオパトラの海底神殿発見】アレクサンドリアの探査が注目されて…
  8. 若くても地方移住は夢じゃない【人気の移住先5選】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP