調べてみた

ウェディングドレスの歴史について調べてみた

ウェディングドレスとサフランイエロー

ウェディングドレスの歴史

純白のウェディングドレスが習慣になったのは、19世紀ヴィクトリア女王の結婚式からなんです。

それまでのウェディングドレスは歴史上では縁起の良い色として人気のあった、サフランで生地を染めた黄色や、中世では青、赤、緑などの絹のドレスなどが、王侯貴族などの結婚式では着られていました。

黒い ウェディングドレスの歴史

16世紀末のスペイン宮廷での流行と宗教上の戒律から、が多く庶民の結婚式にも好まれるようになりました。
黒いウェディングドレスに白いウェディングベールというコーディネートも一時期は主流だったようです。
現在ではい日本の結婚式では挙式に白いウェディングドレス、披露宴ではカラードレスというのがお色直しという習慣で通っています。
総称して白いウェディングドレスの事を、業界では「ウェディング」と呼んでいます。

ごくまれに黒いウェディングドレスも好まれる事があって、黒いドレスのそのモダンなスタイリングに感心してしまったりします。この黒いウェディングドレスは他のカラードレスと比べても極端に種類も数も圧倒的に少ないです。
ウェディングドレスの起源はローマ時代にまで遡りますが、キリスト教の布教とともに教会での結婚式がおこなわれるようになりました。
古くから婚礼衣装やウェディングヴェールとともに、ヘッドに着ける宝石でできたティアラ(頭につける冠)なども、花嫁の実家の経済力や社会的地位や権力などを表す誇示するもののひとつでした。
もともとはウェディングドレスはカトリック系キリスト教の結婚式の衣装でした。
宗教上の戒律のため、肌の露出を抑えたものがウェディングドレスのデザインになっていましたが、肌の露出を抑えるためにロングヴェールで顔を隠したりグローブなどで腕を隠すなどされてきました。
また、トレーンと呼ばれる引き裾は、長いほど格調が高いとされています。

ロイヤルファミリーのウェディングドレス~キャサリン妃のドレス

歴史上の映画などでは王家や王侯貴族などの豪華な結婚式で、家紋や紋章が入った豪華なドレスもよく見かけられますが、白いウェディングドレスというのは19世紀のヴィクトリア女王の結婚衣装をきっかけに急速に流行しました。

1833年のヴィクトリアを描いた絵画 wikiより

昨今、キャサリン妃のウェディングドレスが大変話題になりましたがレースの長袖ウェディングドレスが一気に流行しました。
長袖のウェディングドレスはじつは日本ではとても少なくて、ほとんどはインポートブランドのウェディングドレスになりますが、このキャサリン妃の長袖ウェディングドレスの影響力は今も衰える気配がありません。(すごく人気です!)
いつもながら英国王室のウェディングドレスはキャサリン妃、ダイアナ妃をはじめ世界中で話題になっています。
19世紀のヴィクトリア女王の結婚式は王室には珍しく政略結婚ではなく熱烈な恋愛結婚でした。
そこで女王はウェディングドレスを純白のものにし、「私をあなたの好きな色に染めてくださ」と述べられたのです。
それで世の中に白い純白のウェディングドレスが広まったのはヴィクトリア女王の結婚式からだと言われているんですね。

他にウェディングドレスの歴史に残るものは、帝政ロシアのロマノフ朝第8代皇帝エカテリーナ2世がロシアのピョートル皇太子のもとに嫁ぐとき、生まれ育ったドイツに無関係のロシアの民族衣装で挙式したことは有名です。
姑の女帝エカテリーナやその国家の人々に気に入られる目的ですが、いかなるときもその国の民族衣装は正装として認められます。 日本でいえばウェディングドレスに代わる最高の民族衣装としては白無垢や打掛け、皇室の十二単(じゅうにひとえ)がそれにあたります。

ウェディングドレスとブーケ

ウェディングドレスにはドレスにあわせてブーケを持ちますが、ブーケにも由来があって教会で待つ花嫁のために、花婿が教会までの道に咲いていた草花をまとめて持っていたという言伝えもあります。

ブーケにもいろんなデザインがあって、ウェディングドレスにあわせて形を選びます。
もちろん花の種類やカラーもドレスのデザインにあわせて選びますが、身長などのバランスもとりながら考えていきます。
戦前の日本ではまだまだウェディングドレスは珍しく、それでも海外から取り寄せて結婚式を挙げる華族の令嬢もいました。
当時の雑誌などにスクープされた例としては、長くトレーンを引く細身のマーメイドラインのウェディングドレスに、ロングのマリア・ヴェール、カラーの花を束ねたモダンなウェディングドレススタイルが絶賛されたそうです。
ラウンドブーケはどこから見ても丸いかたちの、ドレスのデザインも選ばないタイプのブーケとして人気があります。

※参考 https://www.marthastewartweddings.com/

お花を三日月の形に束ねたブーケのデザインは、クレッセントというデザインになりますが個性的なウェディングドレスに合います。ゴージャスなウェディングドレスならキャスケイドブーケと呼ばれるシャワーのようにお花をたくさんまとめたブーケがいいかもしれません。
たとえばイギリスではウェディングブーケに使うお花は花嫁の母親がお庭で育てたガーデンに咲く花やグリーンを使ってブーケを束ねるそうです。
どんなウェディングドレスにもあいそうなブーケになりそうですね!

参考文献:もしもあなたがブリンセスになったら今田美奈子著

Sandrilon

Sandrilon

投稿者の記事一覧

本業はブライダル関連or副業はクラウドソージングで記事書いてます
http://ameblo.jp/sandrilon/
http://sandrilon7.seesaa.net/s/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. ヒムラーの謎の城について調べてみた【ナチス親衛隊】
  2. 今川義元は本当に暗君だったのか調べてみた
  3. 日本の正月の習慣の由来について調べてみた
  4. 言霊が本当に効くか調べてみた
  5. 戦国時代の女性の生活について調べてみた
  6. 日本の祝日の由来
  7. 西郷隆盛が島流しになった理由について調べてみた
  8. 車の未来(MIRAI)について調べてみた【燃料電池車は普及するの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

葉隠(はがくれ)【戦前は軍国主義のそしりを受けるも忠義を説いた書】

武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり「葉隠(はがくれ)」と言えば多くの方が、あまりに有名な一文「武士…

天下統一後の豊臣秀吉の政策

前回の記事 天下統一に至るまでの豊臣秀吉はじめに前回は、天下統一に至るまで、木下藤吉郎か…

江戸時代の天ぷらについて調べてみた【庶民の味になるまで】

江戸を代表する料理として有名なのが「寿司」「蕎麦」、そして「天ぷら」だろう。当時から庶民の味とし…

アーカイブ

PAGE TOP