エンタメ

有馬記念の昭和から令和まで全64回の成績を振り返る【昭和編】

有馬記念(3歳以上オープン 国際・指定 定量 2500m芝・右)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で毎年12月最終週に施行する重賞競走(GⅠ)である。

1年の総決算であり、このレースを引退レースとする馬も多い。

この記事は創設からの昭和のレースを、一言エピソードで振り返る。

【昭和30年代】

第1回(1956年)

ファン投票1位: キタノオー(牡3) 2着
優勝馬: メイヂヒカリ(牡4)

有馬記念の昭和から令和まで全64回に振り返る【昭和編】

メイヂヒカリ

中山グランプリの半年前に馬主が逝去。葬儀に参列して長時間身動きしなかったという。

第2回(1957年)

ファン投票1位: ハクチカラ(牡4) 1着
優勝馬: ハクチカラ(牡4)
単勝1.0倍、単勝支持率76.1%で有馬記念史上唯一の元返しとなった

第3回(1958年)

ファン投票1位: カツラシユウホウ(牡3) 不出走
優勝馬: オンワードゼア(牡4)
種牡馬になったのち競走馬に復帰、5戦2勝をあげる。

第4回(1959年)

ファン投票1位: ハククラマ(牡3) 12着
優勝馬: ガーネツト(牝4)
前走の天皇賞秋に続き、初の牝馬の勝利。

第5回(1960年)

ファン投票1位: コダマ(牡3) 6着
優勝馬: スターロツチ(牝3)
その年のオークスに優勝。有馬記念を制覇した唯一の3歳牝馬

第6回(1961年)

ファン投票1位: シーザー(牡4) 4着
優勝馬: ホマレボシ(牡4)
高松三太騎手はスターロツチに続き有馬記念初連覇

第7回(1962年)

ファン投票1位: オンスロート(牡5) 1着
優勝馬: オンスロート(牡5)
地方競馬からの転厩馬が1、2着

第8回(1963年)

ファン投票1位: メイズイ(牡3) 2着
優勝馬: リユウフオーレル(牡4)
関西馬の初勝利

第9回(1964年)

ファン投票1位: メイズイ(牡4) 3着
優勝馬: ヤマトキヨウダイ(牡4)
天皇賞秋から3連勝

【昭和40年代】

第10回(1965年)

ファン投票1位: シンザン(牡4) 1着
優勝馬: シンザン(牡4)

有馬記念の昭和から令和まで全64回に振り返る【昭和編】

谷川牧場で繋養される最晩年のシンザン

テレビカメラの死角の外ラチ沿いを走ったため実況が「シンザンが消えた」と叫んだ

第11回(1966年)

ファン投票1位: ナスノコトブキ(牡3) 5着
優勝馬: コレヒデ(牡4)
天皇賞秋と連勝。寺山修司を「こうとなってはコレヒデをたたえないわけにはいかない」と言わしめた。

第12回(1967年)

ファン投票1位: スピードシンボリ(牡4) 4着
優勝馬: カブトシロー(牡5)
「人気薄だと好走、人気になると凡走」4番人気なので爆走した。

第13回(1968年)

ファン投票1位: アサカオー(牡3) 6着
優勝馬: リュウズキ(牡4)
不良馬場巧者の圧勝。

第14回(1969年)

ファン投票1位: マーチス(牡4) 10着
優勝馬: スピードシンボリ(牡6)
4回目の挑戦でアカネテンリュウに「ハナ差」で勝つ

第15回(1970年)

ファン投票1位: アカネテンリュウ(牡4) 2着
優勝馬: スピードシンボリ(牡7)
引退レース。アカネテンリュウに「クビ差」で勝ち、宝塚記念との春秋グランプリ制覇を果たす。

第16回(1971年)

ファン投票1位: アカネテンリュウ(牡5) 出走取消
優勝馬: トウメイ(牝5)
馬インフルエンザが流行して大混乱。天皇賞秋と有馬記念に勝った2頭目の牝馬。

第17回(1972年)

ファン投票1位: イシノヒカル(牡3) 1着
優勝馬: イシノヒカル(牡3)
3歳牡馬初勝利、ファン投票1位が1番人気で優勝するのは第10回シンザン以来。

第18回(1973年)

ファン投票1位: ハイセイコー(牡3) 3着
優勝馬: ストロングエイト(牡4)
牽制し合う1番人気ハイセイコーと2番人気タニノチカラを制して枠番連勝13,300円の大波乱。

第19回(1974年)

ファン投票1位: ハイセイコー(牡4) 2着
優勝馬: タニノチカラ(牡5)
どちらも引退レースのハイセイコーとタケホープを制してやっと優勝。

【昭和50年代】

第20回(1975年)

ファン投票1位: キタノカチドキ(牡4) 8着
優勝馬: イシノアラシ(牡3)
3歳牡馬の勝利は同じ馬主の第17回イシノヒカル以来。

第21回(1976年)

ファン投票1位: トウショウボーイ(牡3) 1着
優勝馬: トウショウボーイ(牡3)
ファン投票1位。スピードシンボリのレースレコードを破って優勝。

第22回(1977年)

ファン投票1位: テンポイント(牡4) 1着
優勝馬: テンポイント(牡4)
TTGことテンポイント・トウショウボーイ・グリーングラスの最後の直接勝負。有馬記念の名勝負に挙げる人も多い。

第23回(1978年)

ファン投票1位: プレストウコウ(牡4) 12着
優勝馬: カネミノブ(牡4)
9番人気ながらレコードタイムで勝利

第24回(1979年)

ファン投票1位: サクラショウリ(牡4) 6着
優勝馬: グリーングラス(牡6)
TTGの最後の1頭、引退レースでやっと優勝

第25回(1980年)

ファン投票1位: カツラノハイセイコ(牡4) 2着
優勝馬: ホウヨウボーイ(牡5)
ファン投票1位のカツラノハイセイコをハナ差(1cm)で制する

第26回(1981年)

ファン投票1位: ホウヨウボーイ(牡6) 2着
優勝馬: アンバーシャダイ(牡4)
引退レースとしていた前年の覇者で同厩のホウヨウボーイを下す。

第27回(1982年)

ファン投票1位: モンテプリンス(牡5) 11着
優勝馬: ヒカリデユール(牡5)
地方競馬からの転厩馬の優勝は第7回オンスロート以来で、この年サラ系で初の年度代表馬に選ばれる。

第28回(1983年)

ファン投票1位: アンバーシャダイ(牡6) 3着
優勝馬: リードホーユー(牡3)
最初で唯一の重賞制覇が有馬記念。レース後故障が判明して引退。

第29回(1984年)

ファン投票1位: ミスターシービー(牡4) 3着
優勝馬: シンボリルドルフ(牡3)
三冠馬。前年の三冠馬のミスターシービーと、日本馬初のジャパンカップ(GⅠ)制覇のカツラギエースとの三強対決を制す。

【昭和60年代】

第30回(1985年)

ファン投票1位: シンボリルドルフ(牡4) 1着

有馬記念の昭和から令和まで全64回に振り返る【昭和編】

シンボリルドルフ wiki c Cake6

優勝馬: シンボリルドルフ(牡4)
海外遠征に向けての壮行レース。史上初の「七冠馬」となる。

第31回(1986年)

ファン投票1位: ミホシンザン(牡4) 3着
優勝馬: ダイナガリバー(牡3)
同じ馬主のギャロップダイナが2着。表彰式では馬主の社台グループ総裁の吉田善哉が2頭の手綱を持った。

第32回(1987年)

ファン投票1位: サクラスターオー(牡3) 競走中止
優勝馬: メジロデュレン(牡4)
1番人気サクラスターオーと3番人気メリーナイスが競走中止で大波乱に。

第33回(1988年)

ファン投票1位: タマモクロス(牡4) 2着
優勝馬: オグリキャップ(牡3)
サッカーボーイと引退レースのタマモクロスとの三強対決を制す。「昭和最後の名勝負」といわれる。

有馬記念の昭和から令和まで全64回の成績を振り返る 【平成・令和編】

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. NHKマイルカップの歴史を調べてみた
  2. 1994 アメリカワールドカップでの3つの悲劇
  3. 有馬記念の歴史について調べてみた【有馬頼寧の4つの功績】
  4. ブロンテ姉妹とは(シャーロット、エミリー、アン)【全員短命の天才…
  5. 【近代イギリス長編小説の頂点】ジェーン・オースティンの生涯
  6. 芸能人に会える場所について調べてみた
  7. 全財産を失ったニコラス・ケイジの素顔【血は争えない!?】
  8. 桜花賞の歴史を調べてみた


新着記事

おすすめ記事

実体験【100円ショップのオススメ】ひんやり冷感グッズ6選

いよいよ夏が近づくと男女関係なく汗には気をつかうし、暑さ対策やUV対策もしないといけません。…

池田輝政とは 〜世界遺産 姫路城の立役者

父兄と織田・豊臣に臣従今日では世界遺産にも認定されて多くの観光客が訪れている姫路城ですが…

郭嘉とは【若くしてこの世を去ったアウトロー天才軍師】

若くしてこの世を去った天才軍師三国志ファンの間で「人材コレクター」の異名で知られる曹操は…

前田慶次について調べてみた【戦国一のかぶき者】

※前田慶次郎の錦絵歴史好きでなくとも、今や 前田慶次 の名を知らぬものは少ないだろう。…

後藤又兵衛 ~多くの大名が破格の待遇で欲しがった猛将

後藤又兵衛とは大阪冬・夏の陣に真田幸村(信繁)らと共に大阪城五人衆の一人として活躍したのが 後藤…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP