古代文明

歴史的発見か?科学的調査でミイラの謎が明らかに【ツタンカーメン】

ピラミッドとともに古代エジプト文明の姿を知る手掛かりとなるのが、王墓とミイラの存在である。

有名なツタンカーメン王も、墓とミイラは発見されたものの、未だに謎は多い。しかし、近年になりクフ王のピラミッドと同様に最新テクノロジーにより「科学のメス」が入ろうとしている。

スポンサーリンク

隠された空間

ツタンカーメン
※ツタンカーメンの玄室

アメリカ・アリゾナ大学の考古学者、ニコラス・リーブスは、ツタンカーメンの王墓には隠された部屋があり、他の王族が埋葬されているという仮説を立てていた。そして2015年、リーブス博士はツタンカーメンの墓の詳細な画像を分析しているときに、壁に扉のような割れ目があると気付いたのである。扉があるということはその奥に何かしらの空間があるはずだ。

同年11月このことが発表されて、世界中を驚かせた。
玄室の北側の壁、そのさらに奥に隠れた部屋らしき空間が発見されたいうだけでも大発見だったが、リーブス博士は、さらにこの部屋にはツタンカーメンの継母であるネフェルティティが埋葬されている可能性も発表したのである。

この部屋の可能性については否定的な意見もある。2016年3月には別のチームが同じ場所を調査したのだが、レーダーに反応はなかったという。その後も世界の研究者たちが意見を交わしており、現在も結論は出ていない。

隠された部屋に眠る者


※ネフェルティティの胸像(ベルリン国立博物館所蔵)

ネフェルティティは、アクエンアテンの王妃であり、その名を知らなくても未完成の胸像を見たことがある人はいるかもしれない。しかし、彼女の出自は謎に包まれており、ネフェルティティがツタンカーメンの王墓に埋葬されているという確かな証拠はない。さらに出自だけではなく、アクエンアテンの在位中に彼女の記録は一切消えてしまっている。死亡説、失脚説などこれも諸説あるのだが、信憑性のある史料はいまだ発見されていない。

あくまでも、ツタンカーメンが王位に就く以前に女王として、王位に就いていた「可能性」があるからというだけに過ぎない。しかし、一方でその可能性を完全否定できるだけの証拠も見つかっていない。さらにツタンカーメンの玄室には北側の壁だけでなく、西側の壁の奥にも隠された部屋があるのではないかと推測されている。

いずれにせよ、この玄室にはさらなる調査が必要だ。

ツタンカーメン DNA調査

今までに発見されたミイラのほとんどは博物館で保管されている。しかし、ツタンカーメンのミイラは、この墓を発見したハワード・カーターの遺言により、今も発見された墓に戻されている。

2010年、エジプト考古学研究グループにより、ツタンカーメンのミイラを使ったDNA調査が行われた。

それにより判明したことは、この王が虚弱体質であったこと、マラリアに罹患したことがあり、近親婚による子供だったことまで分かった。また、ツタンカーメンの父・祖父についても確定できなかったのだが、この調査によりそれも判明した。

父はアクエンアテン、祖父はアメンホテプ3世であった。母親についてはDNA鑑定によりそのミイラまでは特定され、彼の叔母であることまでは判明したが、それが誰なのかは依然として謎のままである。

健康状態まで判明!

古代エジプトにおいて、遺体をミイラにするのは王族に限ったことではない。

身分を問わず、専門家の手によってミイラ作りは行われていた。死後の世界を信じる彼らは、いずれ魂が戻る肉体を永遠に保存する必要があった。しかし、ほとんどの墓が盗掘によって遺体ごと消失してしまうケースが多い。それでも「王家の谷」に代表される王族のミイラが多く残っていたのは、後世の神官が王墓が盗掘被害に遭っていることに気付き、せめてミイラだけでも残そうとした結果である。

近年では、ツタンカーメンだけでなく、他のミイラにも最新テクノロジーによる調査が行われている。ツタンカーメンのミイラも医療用CTスキャンにより調査されたが、この手法であれば遺体を損傷させることなく病歴などが判明する。この調査はカイロにあるエジプト考古学博物館が保存する52体ものミイラを対象に行われ、半数に動脈硬化が見られたほか、ある女王のミイラからは最古の心臓疾患の形跡も発見された。

推測を否定する技術


※エジプトのミイラ(バチカン美術館所蔵)

DNA調査では、ツタンカーメンのようにその血筋を調べるために複数の同時代のミイラが調査される。ツタンカーメンの場合には父であるアクエンアテンや祖父のアメンホテプ3世のミイラを調査したが、同時に調査されたミイラのなかには発見後に「老婦人」と名付けられたミイラもあった。これにより、このミイラがアメンホテプ3世の王妃ティイであることが判明している。

また、アクエンアテンは、一神教改革を行ったことで知られる王である。彼の彫像や壁画の多くが膨れた腹や、女性化乳房症のような隆起した胸部を持っていることから、長年にわたり遺伝病ではないかと疑われてきた。だが、彼のミイラをスキャンしたところ、異常を示す要素は見つからなかったという。

時として最新の調査法は、推測を裏付けるだけではなく、否定することもあるのだ。

最後に

ミイラの調査は血縁関係を調べるだけではなく、当時の健康状態や死因まで明らかにするまでになった。身元不明のミイラから世界最古の動脈硬化が発見されたり、ラムセス2世のミイラからは関節炎を患っていたことなども分かっている。

今後も、ピラミッドの調査と同じように最新の技術により様々なことが判明するに違いない。楽しみに待とうではないか。

関連記事:古代エジプト
ピラミッドの最新調査について調べてみた【ギザの大ピラミッド】
世界と男を翻弄したクレオパトラの真の素顔について調べてみた

 

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. マヤ文明の高度な技術 【4万以上の文字と1年365日の暦】
  2. 謎のアトランティス大陸について調べてみた
  3. 【クレオパトラの海底神殿発見】アレクサンドリアの探査が注目されて…
  4. 「バベルの塔」は実在するのか?モチーフとなったジッグラトを調べて…
  5. 古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった…
  6. 超古代文明の宇宙人統治説について調べてみた
  7. ナポレオンはエジプト遠征で何を得たのか調べてみた
  8. この地球は樹木の残骸でできていた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP