中国史

中国人はなぜ種を食べるのが好きなのか? 【明の皇帝はスイカの種が大好物だった】

種をひたすら食べる光景

中国人や台湾人はお茶菓子の代わりに「瓜子 : gua zi」を食べる。どこでも食べる。

バスや電車の中、マクドナルドなどファーストフード店でも食べる。若者からお年寄りまでみんな食べる。

最近では街の美化を促進しており、バスの電光掲示板に「種の食べかすを床にばら撒かないように。美化にご協力ください。」との表示がされるほどだ。

瓜子 : gua zi」は、中国茶を飲みながらのお供として食べるのが一般的である。

スーパーに行くと様々な種を山盛りにして測り売りしている。 味は様々で、味のないノーマルのものから、バター味、ニンニク味、塩味など様々で ある。

中国人はなぜ種を食べるのが好きなのか?

画像 : スーパーで売られている瓜子

中国の旧正月「春節」など人が集まる場面では、必ずと言っていいほど各種瓜子が準備される。

丸い区切りがいくつもある容器の中に色々な味の瓜子が入れられて、客間のテーブルの上に出される。テレビを見たりドラマを見る時に、瓜子がないと何かが足りない気持ちになるらしい。

食べ方もプロフェッショナルである。口に一旦入れてから、口の中で殻を剥いて実を食べるのである。殻を器用に吐き出す姿は見事なものだ。

筆者が中国に在住していた頃、種は小鳥や小動物が食べるイメージだったので少し抵抗があった。 だがどこの家に行っても出されるので試しに食べてみると、意外と素朴な味で美味しい。 乾燥した胡桃を食べている感じである。

瓜子を食べる習慣は、いつから始まった?

中国で瓜子を食べる習慣は、いつ頃から始まったのだろうか?

最も古い記録は北宋の時代だという。中国北部の歴史文献の中にその記録を見ることができる。

なぜ瓜子を食べるようになったかというと、北部の冬の寒さが関係していたようである。 中国北部は寒さが非常に厳しく冬が長い。その間、人々はほぼ家の中で過ごしていた。 そして退屈しのぎに一つ一つ殻を剥きながら瓜子を食べる習慣が生まれたという。

電気もなく、パソコンやテレビなどの娯楽がなかった時代、ちょっとゲーム感覚で殻を剥きながら食べるのが流行ったのである。 元の時代の記録によると、なんと50種類もの種を食べていたという。

現在では主に向日葵やカボチャの種などが食べられているが、これらは1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見した後に中国に入ってきたという。

それ以前は主にスイカの種を食べていた。 明朝の皇帝もスイカの種を食べるのが好きで「新鮮なスイカの種の塩を加えて炒めたもの好んだ」という記述がある。

袖の中に常備しており、いつでもどこでも食べられるようにしていたという。

中国人はなぜ種を食べるのが好きなのか?

イメージ画像 : 種を食べることは古代から大流行していた

瓜子を食べたことがある人はわかると思うが、本当に「やめられない止まらない」 カッパえびせん状態となる。これは反復行動が脳に及ぼす影響が関係しており、簡単な反復行動は人に習慣性を与えるのである。

では、瓜子が健康に与える影響はどうだろうか?

カボチャの種は胃や肺、腸に良い成分を含んでいて、向日葵の種は脂肪酸とビタミンEを多く含んでいる。そして瓜子を噛んだ時の香りは舌の上でほのかに香り、大脳まで届いて唾液の分泌を促し、食事後に食べる胃液の分泌を促して消化を助けるという。

こう聞くと「なんだかいいことばかりではないか」と思いがちだが、食べ過ぎは禁物だ。

瓜子には高めの塩分が含まれており、食べすぎると高血圧や腎臓疾患に繋がりかねない。 特に味つけしてあるものには注意した方が良い。

瓜子を購入する際は「原味」という、何も味付けのしてないノーマルなものを選ぶのがおすすめである。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ラーメンマンのような髪型にしないと死刑だった清王朝 【辮髪】
  2. 纏足(てんそく)から解放された女性たち 【女性の足を小さくする中…
  3. 兵馬俑の親指を盗んだアメリカ人 「破損した兵馬俑の価値は450万…
  4. 毛沢東 〜中華統一の英雄にして最悪の独裁者
  5. 【古代中国】 皇帝たちの死生観 「遺体を金の鎧で包み肉体を永遠に…
  6. 始皇帝と織田信長 【改革者の知られざる運命】
  7. 赤壁の戦いについてわかりやすくまとめてみた
  8. 実は恐ろしかった饅頭(まんじゅう)の起源

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

【私財を投じて100人以上の孤児を救った主婦】 石綿貞代と「愛児の家」

太平洋戦争で親や家を失った戦争孤児は、約12万人。彼らの保護は公的な施設だけでは手に負えず、…

【米軍がイスラエルに空母を派遣】 拡大を続けるイスラム帝国が直面した課題とは?

負担が増し続けるアメリカ緊迫する中東(イスラエル)情勢を受けて、イスラエルとパレスチナが対立する…

江戸時代の77人の侍がハワイからワシントンへ 【万延元年遣米使節団】 ② ~アメリカで大歓迎

江戸時代といえば鎖国の印象が強いが、幕末にペリーが浦賀に来航してから日本の外交事情は一変した。…

盛岡藩士が弘前藩主の暗殺事件を画策した 「相馬大作事件」

相馬大作事件とは「相馬大作事件(そうまだいさくじけん)」とは、文政4年(1821年)に盛岡藩士の…

日本人初の宇宙飛行士が発した第一声とは?

世界で初めて有人宇宙飛行が行われたのは1961年。旧ソビエト連邦の宇宙船・ボストーク…

アーカイブ

PAGE TOP