中国史

『古代中国』 戦国時代の「古代墓」「剣や戦車」が大量に発見される

戦国時代の「古代墓」「剣や戦車」が大量に発見される

画像: 発見された埋葬品。戦国時代はその名の通り、中国全土で戦争が絶えない時代だった。 credit by 中国考古网/中国考古学ネットワーク

2024年3月15日、中国社会科学院考古学研究所は、湖北省襄陽市で戦国時代の墓が174基発掘されたことを発表した。

剣や戦車なども埋葬されており、これまで発掘された中でも最大級の規模を誇る。

発掘された遺物には、他にも「馬具、木製品、玉器」などが含まれており、当時の生活や社会構造を知る上で極めて貴重な発見となった。

湖北省は戦国時代のの中心地であり、今回の墓地は楚王国の解明に大きく貢献する可能性がある。

湖北省で発見された「戦国時代」の墓地

画像: 柏庄墓地の位置 credit by 中国考古网/中国考古学ネットワーク

この墓地は「柏庄墓地」と呼ばれており、昨年の夏に襄陽市の文物考古研究所がインフラ整備に先立つ調査を行った際に明らかになった。

合計176基の墓が確認された。
そのうち2基が漢代の墓で、残りの174基が戦国時代に掘られた竪穴式石室の墓であったことが判明した。

そのほか、500点以上におよぶ道具や武器、馬具などの遺物が出土している。

発見された墓の数と特徴

画像: 墓地全景 credit by 中国考古网/中国考古学ネットワーク

発見された墓は、その構造や副葬品から貴族や軍人の墓であると考えられている。

傾斜した墓道を持つ中型の墓が9基、その他に小型の墓が多数確認されている。
中型墓のうち最大規模のものは、墓道を含めた全長が9メートル以上、幅が5メートル以上に及んだ。
残りの小型墓は、全長が1.9メートルから2.5メートル、幅は0.5メートルから1.9メートル程度である。

中型墓と小型墓では規模と構造に明らかな違いが見られ、これは身分差を反映していると考えられる。

特に注目されるのが「M3号墓」と呼ばれる大型墓で、一辺が13メートルを超える正方形の形をしている。
これは柏庄墓地で最大の墓であり、中国の戦国墓としても最大級の部類である。

この「M3号墓」からは、青銅製の剣や盾、戦車などが副葬品として多数出土しており、当時の軍事力を示す遺物の宝庫となっている。
さらに墓の周辺には馬や犬の埋葬坑も確認されており、かなり身分の高い人物だったようだ。

なお「M1」や「M2」といった番号が付けられているのは、発掘調査の過程で墓を識別するためのコード名だ。
具体的には、最初に確認された墓に「M1」と番号が割り当てられ、次に発見された墓は「M2」、その次が「M3」という順になっている。

Mとは「Mudi」の頭文字で、中国語で墓の意味である。

この命名法によって、複数の墓を発掘する際に遺物や被葬者の関係性などを明確に記録・分析することができる。
特に今回のように100基を超える大規模な墓地の場合に、効果的な識別方法といえるだろう。

出土した遺物

画像: 出土品の一部 credit by 中国考古网/中国考古学ネットワーク

柏庄墓地からは、前述したように500点を超える様々な文化遺物が発掘された。

主な遺物として陶器が400点以上、銅器が40点ほどで、半分以上が武器で残りが日用品だった。

日用品では、陶器の壺や鉢、漆器や木製の容器類が発見された。
これらは食事や貯蔵に使用されたと考えられ、当時の生活様式を知る上で重要な手がかりとなる。

その他、櫛(くし)や杖、楽器の一部とみられる青銅製品など、実に様々な遺物が含まれているのが特徴だ。

最大規模のM3号墓に眠っていた人物とは?

画像: M3号墓の一部 credit by 中国考古网/中国考古学ネットワーク

最大規模の「M3号墓」の壁面には、精緻な家形図も描かれていた。

この墓から見つかった「戦車」はほぼ完全な形で発見されており、被葬者は相当身分の高い武人だった可能性が高い。

画像: 戦車イメージ CC BY-SA 3.0

戦車は2台分の部品が確認され、馬は3頭分の骨格が検出されている。
戦車は木製の車体とブロンズ製の部品から構成されており、組み立て可能な状態であった。

つまり、M3号墓の被葬者は「重装備の戦車部隊を指揮していた」と考えられる。

この人物が具体的に誰であったのかは、現在においては不明である。

古代中国の戦国時代とは

画像 : 戦国時代の諸国の領土の変遷 wiki c Bairuilong

戦国時代は、一般的には中国における紀元前5世紀~紀元前221年までの、による中国統一に至るまでの約300年である。

この時代は多くの小国に分裂しており、それら国が絶えず争っていたことから「戦国」の名がついた。

しかしその一方で学問や思想が大いに発達し、春秋時代も含めると多くの著名な思想家や学者が現れている。「※諸子百家」

相次ぐ戦争により軍事技術も飛躍的に進歩し、鉄製兵器の使用や城塁の整備などが進んだ。

さいごに

柏庄墓地で、墓制や軍事をはじめとする戦国時代の遺物が多く発見されたことは大きな成果である。

特に楚文化および、中国南部地域の考古学的解明につながるだろう。

今後の調査と分析が大いに期待される。

参考 :
湖北襄阳新发现一处规模较大的战国时期楚邓县附属墓地 | 中国考古

 

lolonao

lolonao

投稿者の記事一覧

フィリピン在住の50代IoTエンジニア&ライター。
antiX Linuxを愛用中。頻繁に起こる日常のトラブルに奮闘中。二女の父だがフィリピン人妻とは別居中。趣味はプチDIYとAIや暗号資産、マイクロコントローラを含むIT業界ワッチング。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 秦の中国統一を数百年早めた名将・蒙恬 【漫画・キングダム】
  2. 四川料理はなぜ辛いのか? 「激辛料理 麻辣兎頭(ウサギの頭の唐辛…
  3. 兵馬俑は高身長でイケメン揃いだった 「2.5m超えの秦の巨人と、…
  4. 劉備&劉禅で最後じゃない!『三国志』時代以降も受け継がれた漢王朝…
  5. 【古代中国の宇宙人遺跡?】 三星堆遺跡と「目が縦」だった謎の王様…
  6. 白起 ~春秋戦国時代伝説の不敗将軍【捕虜40万を生き埋めにした殺…
  7. 古代中国では「猫」はどんな存在だったのか? 【黒猫は縁起が良かっ…
  8. 奴隷出身の李信は、なぜ大将軍を目指せるのか? 【漫画キングダムか…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

江戸時代のかなり奇妙な珍仕事 【唐辛子売り、女装して餅売り、なぞなぞで金品をねだる 〜他】

唐辛子売り江戸の町では蕎麦が流行しており、江戸時代後期には3000軒以上の蕎麦屋があった…

伊達稙宗と天文の乱 【伊達家の力を削いだ 晴宗との親子争い】

塵芥集の制定今回は前編に引き続き、後編である。巨大山城・桑折西山城(こおりにしや…

鬼玄蕃・佐久間盛政【秀吉に惜しまれながら斬首された若き猛将】

佐久間盛政とは猛将・柴田勝家の甥で「鬼玄蕃(おにげんば)」と異名が付けられた無類の強さを…

フレデリック・ショパンの生涯とオススメ曲【ピアノの詩人】

フレデリック・フランソワ・ショパン(Fryderyk Franciszek Chopin:1…

室町幕府最期の将軍・足利義昭 【信長を包囲網で追い詰めるも敗北 〜追放されたが生き続けた将軍】

室町幕府最期の将軍 足利義昭足利義昭(あしかがよしあき)は、室町幕府最期の第15代将軍を…

アーカイブ

PAGE TOP