江戸時代

徳川家康はなぜ駿府城で隠居したのか 調べてみた

徳川家康はなぜ駿府城で隠居したのか
※徳川家康

海道一の弓取り」の異名を持ち、関が原の合戦に勝利して江戸幕府を開いた男。
それが、征夷大将軍・徳川家康である。

そのことは様々な物語となって日本中で語られている。しかし、家康は慶長10年(1605年)4月16日、将軍職を辞するとともに朝廷に嫡男・秀忠への将軍宣下を行わせ、将軍職は以後「徳川氏が世襲していく」ことを天下に示した。

66歳のことであり、この時代の平均寿命からすると決して早いとは言えないが、それでもわずか2年で将軍職を譲り、自身は駿府城で74歳の長寿を全うした。

だったら、なぜ隠居後は生まれ故郷の三河国ではなく、駿府を選んだのだろうか?

スポンサーリンク

駿府城


※巽櫓(復元)

14世紀にこの地を治めていた今川氏によって、今川館が築かれ今川領国支配の中心地となっていた。

徳川の天下となってからは、駿府城は近世城郭として築城し直され、この時に初めて天守が築造されたという。家康が隠居をして駿河に入るにあたり、駿府城は天下普請(てんかぶしん)によって大修築され、ほぼ現在の形である3重の堀を持つ輪郭式平城が成立した。天守閣は、石垣天端で約55m×48mという城郭史上最大のものであった。天下普請(てんかぶしん)とは、江戸幕府が全国の諸大名に命令し、行わせた土木工事のことである。その費用も大名持ちであり、そこには大名の財力を減らす狙いもあった。

1607年(慶長12年)に、完成直後の天守や本丸御殿などが城内からの失火により焼失する。その後直ちに再建されたが、1610年(慶長15年)再建時の天守曲輪は、7階の天守が中央に建つ大型天守台の外周を隅櫓・多聞櫓などが囲む特異な構造となった。

大阪城にはまだ豊臣秀頼がいた時代とはいえ、あまりに大規模な城である。


※城郭図

駿府城の西方には一級河川である「安倍川」が流れているが、現在の姿は江戸時代初頭、 徳川家康によって天下普請として大規模な治水工事が行なわれた結果である。それ以前は、別の流れで複数の川筋となって駿河湾に注いでいた。 次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 江戸時代の天ぷらについて調べてみた【庶民の味になるまで】
  2. 徳川家光の功績 【春日局が将軍への道を開く】
  3. 江戸時代の職業 について調べてみた
  4. 逆賊の娘から権力の頂点へ!春日局について調べてみた
  5. 徳川秀忠は凡庸だったのか調べてみた【徳川2代目将軍】
  6. 寛政の改革後の徳川家斉【化政文化】
  7. 徳川家綱 【徳川4代目将軍】―武断政治から文治政治への転換
  8. 徳川綱吉【徳川5代目将軍】学問の奨励と生類憐みの令

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP