江戸時代

長井雅楽【現代的な航海遠略策を唱えるも切腹に追い込まれた武士】

長井雅楽 吉田松陰との違い

長井雅楽

長井雅楽(ながいうた)は、幕末の長州藩士であり「航海遠略策」という外交・施策の方針を提唱した指導者でした。

幕末の長州藩の思想家と言えば吉田松陰が有名ですが、長井は実際に長州藩の政策を担う立場にあったこともあり、より現実的な策を唱えた人物と言えました。

しかし、時代が大きく討幕へと舵を切る中にあって、幕府の存続を前提とした長井の考えは排斥され、最期は切腹の沙汰を受けて世を去ることになりました。

死後、薩長が中心となった明治維新が成立したことで、その思想の嚆矢として評価をされている吉田松陰とは対照的に、永井はむしろ実際の政治に関与する立場にいたことが非業の死を招いたとも言えました。

藩の直目付に就任

長井は、文政2年(1819年)に長州藩の上級藩士・長井次郎右衛門泰憲の長男として生まれました。

藩校・明倫館で学んだ長井は、その後藩主・毛利敬親の小姓を務めるようになり、そのときに敬親からの信を得ることになりました。

長井は、安政5年(1858年)には長州藩の重臣として直目付に就任しました。

元々開国を提唱していた長井は、文久元年(1861年)にその主張を「航海遠略策」としてまとめて藩に建白、これが藩論に採用されることになり、藩の指導的立場に立つことになりました。

藩論への採用と幕府への建白 航海遠略策

長井の「航海遠略策」は、長州藩のみに留まらず、朝廷や幕府内の公武合体支持者たちにも受け入れられました。

航海遠略策」とは、そもそも鎖国は300年ほどの歴史しかなく日本古来の政策ではないので朝廷の指揮のもと開国し、海外に学び富国強兵に努め、ゆくゆくは海外から貢物を捧げられるほどの国を目指すべきという、遠大な献策でした。未来的には天皇率いる日本が海外を圧倒するという意味なので、開国派はもちろん攘夷派にも十分受け入れられる内容でした。

当時はただただ外国の言いなりになって開国してしまう幕府と、とにかく外国を倒すべきという攘夷の両極端の思想の中、非常に現代的な考え方であったと言えます、

このことが長井の悲劇的な最後にも繋がるのですが、当時は長州藩の藩論として主流となった考え方であり、藩主・敬親と江戸へ上ると、幕府にも同策の建白を行い認められることになりました。

一方この時点で、吉田松陰やその門下生達の過激な尊皇攘夷派とは敵対する関係にあり、幕府による安政の大獄で松陰が捕えられた際に、長井ら藩の重臣たちが幕府に対する申し入れなどを行わなかったことから、後には松陰の教え子である久坂玄瑞らから命を狙われることにもなりました。

失脚と切腹

しかし文久2年(1862年)に幕府内の公武合体派が失脚したことで、長州藩内でも尊王攘夷派が権勢を高め、長井を排斥する動きが大きくなりました。

同年3月になると京において岩倉具視や久坂ら尊王攘夷派の工作が功を奏し、長井の策は不敬なものとされ、藩主・敬親からも謹慎を命じられりことになり、更に同年6月には直目付の職を解かれました。

続く文久3年(1863年)には長井に切腹の命が下されました。長井はこの処分に納得せず、また藩内にも長井を擁護する勢力はあったものの、藩内の内戦に繋がることを恐れた長井は、最終的に切腹を承知したと伝えられています。

こうして同年の2月、萩の自邸にて長井は切腹して果てました。享年45でした。

長井の評価

長井の「航海遠略策」は海防・海軍力を強めて外交力を高めること、諸外国との開国で通商を進め国力を高める事を提唱しており、その意味では吉田松陰のみならず、後の明治政府の基本方針とも合致しているものと言えました。

しかし最大の相違点は、朝廷の立場と幕府の体制の是非を巡る部分だったと考えられます。

長井は幕府にも策の建白を行った通り、討幕を行うするという考えはもっていなかったと思われます。

この点において結果的に維新を成功させた尊王攘夷派によって、吉田松陰が顕彰される反面、政敵であった長井が評価されないという現状に繋がっているものと思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 江戸時代の人気料理について調べてみた
  2. 京極高次 〜光秀に味方したにも関わらず復活した大名
  3. 空論(うつろ)屋軍師 江口正吉【信長や秀吉が称賛した丹羽家の猛将…
  4. 伊達成実・伊達家一の猛将【出奔するも戻ってきた政宗の右腕】
  5. 上泉義胤 〜「剣聖・上泉信綱の孫で夢想流を生み出した居合の達人」…
  6. 小田原梅まつりに行ってみた
  7. 福島正則 〜酒癖の悪さで名槍を失った武将
  8. 葛飾北斎の魅力「あと5年で本物になれた」画狂老人


新着記事

おすすめ記事

戦艦大和の特攻を成功させる~こうすれば沖縄に到着できた!

年月:1945年4月6日~7日対戦相手:日本海軍VSアメリカ海軍特徴:航空援護の期待…

ヒルトン ワイコロア ビレッジ(ハワイ島)の喫煙場所【Smoking place of Hilton Waikoloa Village (Hawaii)】

こんにちは。ゲーハーです。結婚して3年目で、ハワイ旅行に来ています。これも現地で書い…

イングランドの海賊ドレイクについて調べてみた

「海賊」と聞くとみなさんはどんなものを想像するだろう。少し前に流行した映画パイレーツ・オブ・カ…

1年間で4回も改元!?『三国志』の黎明期、混乱を極めた中平六年を振り返る

日本で最も短い元号は、鎌倉時代中期、暦仁(りゃくにん)の74日。命名の出典は中国二十四史の一つ『隋書…

【王国・帝国・公国】国の呼び方の違いの意味を調べてみた

西洋史を学ぶ上で日本人にとってネックとなるのが「政治体制」、つまり「王国」「帝国」「公国」といった国…

アーカイブ

PAGE TOP