江戸時代

高野長英とは ~幕末に顔を変えて逃亡 潜伏した医師

外国船の打払令を痛烈

高野長英とは

高野長英とは (たかのちょうえい)は、江戸時代の末期を生きた医師であり蘭学者でした。

その学識から当時の徳川幕府の攘夷政策であった外国船の打払令を痛烈に批判し、それが元で非業の死を遂げることになった人物です。
時の幕府による政策に対し、自らの命の危険を顧みずに反対を表明するなど、その生き様は気骨に溢れた開明的なものでした。

如何にして長英がこうした立場を取るに至ったのかを調べて見ました。

武士の家柄だった 高野長英

長英は文化元年(1804年)に武士である父・後藤実慶の子として陸奥に生まれました。

長英が9歳の時に父・実慶は死去し、以後は医者であった叔父・高野玄斎の養子として育てられました。

高野長英とは

※高野長英誕生の地の碑(岩手県奥州市水沢)

義父・玄斎はかつて杉田玄白に師事し医学を修めた人物だったこともあり、長英も医学を含む学問を身近にする環境で過ごしました。

長英は、文政3年(1820年)に江戸に上り、杉田伯元・吉田長淑に学ぶと、ここで吉田長淑に学問の才を評価されて、「長」の一字を授かり「長英」を名乗ることになりました。

鳴滝塾の塾頭

高野長英とは

※シーボルト

江戸にあった文政3年(1820年)、長英は義父・玄斎の反対にも関わらず、九州の長崎へと赴いてシーボルトが主催していた鳴滝塾に遊学しました。

ここで当時最先端の医学や蘭学を学ぶと、瞬く間に頭角を現して塾頭を務めるほどになりました。

しかし文政11年(1828年)にご禁制の日本地図をシーボルトが国外に持ち出そうとした、所謂シーボルト事件が発生します。これに伴ってシーボルトの高弟であった二宮敬作高良斎などが幕府に捕縛される事態となりましたが、長英はかろうじて幕府の手から逃れました。

この後、義父の玄斎が死去しましたが、長英は陸奥への帰国を拒否し、家督と武士としての身分も失う道を選びました。

江戸での活動

長英は故郷と身分を捨てた後の天保元年(1830年)、江戸・麹町で町医者を開業すると同時に蘭学塾を開きました。
この後三河田原藩士と知己を得た長英は、その学識を評価され三田原藩に仕える蘭学者となって複数の蘭学書の翻訳に従事しました。このときに日本で初となったピタゴラス、ガリレオなどの著作の要約を行っています。

天保3年(1832年)には天保の大飢饉に対する救済会であった尚歯会に名を連ね、水戸藩の藤田東湖らと会の中核として活動を行いました。

蛮社の獄で投獄

天保8年(1837年)、浦賀において異国船打払令に基づいたアメリカ商船モリソン号に対する砲撃事件が発生しました。

翌天保9年(1838年)にこのことを知った長英はこうした幕府の行いを厳しく批判しました。このとき長英は自らの考えを「戊戌夢物語」として著し、あくまで内々にこれを回覧しました。しかし長英の手を離れたこの著作は広く国中の学者の間に浸透していきました。

このため、天保10年(1839年)に蛮社の獄と呼ばれる幕府の弾圧行為が発生すると、長英も幕政を批判した罪で捕縛され、伝馬町の牢に繋がれることになりました。
長英は牢でも同じく服役した者たちへの医療を施し、牢内の環境改善を主張したとされています。

6年の逃亡生活

その後長英は、弘化元年(1844年)6月に牢の火災の隙をついて脱獄に成功しました。このときの火災自体が、長英が主導したものとも伝えられています。

脱獄後、長英は人相を変える為に、硝酸を用いて自らの顔を焼いて逃亡を続けました。その後再び江戸に戻った長英は仲間に匿われて、西洋の兵学書の翻訳などを行いまいした。

さらにその後伊予宇和島藩の主、伊達宗城の庇護を受けると、ここにおいても蘭学書の翻訳、藩兵の装備の洋式化に寄与しました。その後、しばらくして江戸へと戻った長英は「沢三伯」という偽名で町医者を始めました。

脱獄から6年後の嘉永3年(1850年)10月、長英は町奉行所に正体を知られ捕縛されました。この捕縛の後、長英は護送される途中で自害して果てたと伝えられています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 蕎麦(そば)の歴史について調べてみた
  2. 犬公方・徳川綱吉は本当に暴君だったのか? 【前編】
  3. 江戸を席捲した九州の怪物剣豪・大石進 「天保の三剣豪」
  4. 徳川秀忠は本当に凡庸だったのか調べてみた【徳川2代目将軍】
  5. 徳川綱吉【徳川5代目将軍】学問の奨励と生類憐みの令
  6. 「天然痘」予防の普及に迷信と戦った医師・緒方洪庵
  7. 黒田官兵衛の秀吉時代について調べてみた
  8. 本多正信 【家康から友と呼ばれるも周りから嫌われた軍師】


新着記事

おすすめ記事

伊勢神宮と出雲大社 どちらが格上なのか調べてみた

「無宗教だから」といいつつ、神社を訪れる日本人は多い。観光はもちろんだが、初詣、帯祝い(戌の…

長井雅楽【現代的な航海遠略策を唱えるも切腹に追い込まれた武士】

長井雅楽 吉田松陰との違い長井雅楽(ながいうた)は、幕末の長州藩士であり「航海遠略策」という…

カンナエの戦いをわかりやすく解説【共和制ローマvsカルタゴ】

紀元前3世紀の地中海地域では、北アフリカを拠点とする海洋国家「カルタゴ」と、イタリア半島に勃興した「…

手作り入浴剤を台所にある材料で作る方法

「塩・シュガー」台所に何気に置いてある材料を使い「自己流の入浴剤」が作れるとしたら?!湯船の…

日本vsアイヌ…という単純な話ではない?「シャクシャインの戦い」について解説

現在の北海道が日本人による統治を迎えたのは日本の歴史の中で見れば比較的最近のことで、1885年(明治…

アーカイブ

PAGE TOP