室町時代

百人一首の謎について調べてみた

お正月のかるた遊びでお馴染みの「百人一首」。

だが、そこには様々な疑問や謎が秘められているようだ。今回はその「百人一首」にまつわる疑問や謎を解明してみようと思う。

誰が何のために作ったのか。

百人一首
※百人一首のかるた読み札(天智天皇)

現在では主に「かるた遊び」に使われている百人一首であるが、これはいったい誰が何のために作ったものなのだろうか。まさか「任天堂が作ったゲームです」というわけでもあるまい。

デジタル大辞泉」にはこのように書かれている。

100人の歌人の歌を1首ずつ選んで集めたもの。藤原定家の撰といわれる「小倉百人一首」が歌ガルタとしてよく用いられている。

また、それに倣った種々のものがある。ひゃくにんしゅ。ひゃくにんし。→小倉百人一首

うぬ、なるほど。そして続いて「小倉百人一首」という項目を見てみると、こう書いてある。

藤原定家が京都小倉山の山荘で選んだといわれる百首の歌。天智天皇から順徳院まで百人の和歌1首ずつを集めたもので、近世以後、歌ガルタとして広まった。

だが、よくよく調べてみると、どうも話はそう単純ではないようだ。

有吉 保(ありよしたもつ)による講談社学術文庫「百人一首 全訳注」の解説をみると、百人一首の成立には「百人秀歌」なる歌集の存在が関わっているとのことである。

「百人秀歌」とは、この有吉保氏によって昭和26年に発見された歌集であり101首の和歌を収録する。そのうち97首が「百人一首」と共通するという歌集である。

有吉氏は、藤原定家の日記「明月記」の文暦二年五月二十七日の記述に基づいて、

「定家の息子である為家の妻の父=入道蓮生(宇都宮頼綱)」が自身の嵯峨中院の別荘の障子に貼るために、藤原定家に選歌を依頼し、この際に定家が選んだのものの手控えか、目録として成書したものが「百人秀歌」となった、

との見解を示している。

「その後、後鳥羽院崩御の延応元年(1239年)から、定家の死の仁治二年(1241年)の間に、『百人秀歌』には収録されていなかった後鳥羽院や順徳院の歌が加えられるなどの改編が加えられて『百人一首』となった」

というのが有吉氏の説である。

ちなみに、藤原定家が蓮生の依頼で書いた色紙は「小倉山荘色紙」「小倉色紙」と呼ばれている。色紙の寸法はおよそ縦18cm、横16cmほどのものであり、今でも藤田美術館などに分散して所蔵されている。

この「小倉色紙」について有吉保氏は

「定家自筆であるかどうかということと、『百人一首』そのものであるかどうかということに対して、なお慎重でありたい」

と述べている。

なぜ「小倉」なのか

ところで、「デジタル大辞泉」は「藤原定家が京都小倉山の山荘で選んだ」としているが、この点についても疑問を提示している先生がおられる。

同志社女子大学教授吉海直人である。

吉海直人氏の著書である「だれも知らなかった『百人一首』」にはこのように書かれている。

「定家の別荘が小倉山麓にあり、それが『小倉山荘』と呼ばれていたことは確かです。

ただし、本当に『小倉山荘』で百人一首が撰ばれたかどうかは定かではありません。定家の日記『明月記』によると、蓮生に依頼されて色紙を書き送ったことははっきりしていますが、それに先立って五月五日に帰京しているので、むしろ京都の自邸で清書された可能性が高いのではないでしょうか。」

ただし「小倉」と冠されるようになる経緯について、吉海氏は

「百人一首のパロディとして後世に『新百人一首』や『後撰百人一首』など多くの異種百人一首が誕生したために、それらと区別する必要が生じたから」

ということについては異論がないとしている。

ちなみに私は幼い頃「小倉ってのは『あんこ』のことだろ。あんことカルタになんの関係があるのか。」などと思ったりもしたものだ。

だが、なんとこの疑問についても、吉海氏が「だれも知らなかった『百人一首』」中で解決してくれている。

「こしあんに蜂蜜づけにした小豆を混ぜたものが、鹿の子まだら模様に見えることから、鹿から紅葉が連想され、さらに紅葉の名所かが小倉山ということで『小倉あん』という名が付けられた」

そういえば「百人一首」には「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき」という歌があった。

確かに「鹿と紅葉」は結びつく。

そして同じく「小倉山峰のもみぢ葉心あらばいまひとたびのみゆき待たなむ」という歌もある。

紅葉と小倉山」もつながるわけだ。

うーん。この吉海直人という先生は、どれだけ幅広く調査されているのか。感嘆せざるを得ない。

なお「龍田揚げ」も百人一首に収録されている在原業平の「ちはやぶる神代も聞かず龍田川から紅に水くくるとは」の歌が由来だとか。

龍田川を流れる紅葉が、みりん醤油で下味を付けた魚や肉を、片栗粉にまぶして油で揚げて赤くなった料理に見立てられる

とのことである。大いに感動した!

次のページへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
固定ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 能の大成者・世阿弥の生涯に迫る
  2. さぬきうどんについて調べてみた
  3. 清少納言の意外なエピソード 「くせ毛で容姿に自信がなかった」
  4. 祟り神について調べてみた【平将門、菅原道真、崇徳天皇】
  5. 平将門の乱について調べてみた【幻となった東の朝廷】
  6. 永享の乱 【関東地方の戦乱はここから始まった】
  7. 毛利氏 ―安芸の国人から中国地方統一まで―
  8. 平安時代の女性の服装について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

北朝鮮のミサイルの性能と脅威について調べてみた

驚きのスピードで大陸間弾道ミサイルの性能を向上させる北朝鮮。国際社会から孤立しようが開発の手を緩めよ…

30年にわたって海を駆け回った武勲艦、戦艦「榛名」について調べてみた

巨大な船体に、これまた巨大な砲を積み、大海原を力強く航行する、こうしたイメージは、いわゆる「戦艦」の…

満州事変と石原莞爾について調べてみた

石原莞爾の生い立ち石原 莞爾(いしわら かんじ)は明治22年(1889年)生まれの日本陸軍の…

茶道の本当の魅力について - お茶の心を味わう

映画などで、茶道が取り上げられると、どんな魅力があるのかと注目を浴び、さまざまなメディアで紹…

中国四大伝奇『水滸伝』に登場する好漢108人のトップバッター「九紋龍の史進」を紹介

封印を解き放たれた百八星の悪霊が好漢として生まれ変わり、内憂外患に苦しむ祖国(北宋王朝)を救う……中…

アーカイブ

PAGE TOP