室町時代

百人一首の謎について調べてみた

お正月のかるた遊びでお馴染みの「百人一首」。

だが、そこには様々な疑問や謎が秘められているようだ。今回はその「百人一首」にまつわる疑問や謎を解明してみようと思う。

スポンサーリンク

誰が何のために作ったのか。

百人一首
※百人一首のかるた読み札(天智天皇)

現在では主に「かるた遊び」に使われている百人一首であるが、これはいったい誰が何のために作ったものなのだろうか。まさか「任天堂が作ったゲームです」というわけでもあるまい。

デジタル大辞泉」にはこのように書かれている。

100人の歌人の歌を1首ずつ選んで集めたもの。藤原定家の撰といわれる「小倉百人一首」が歌ガルタとしてよく用いられている。

また、それに倣った種々のものがある。ひゃくにんしゅ。ひゃくにんし。→小倉百人一首

うぬ、なるほど。そして続いて「小倉百人一首」という項目を見てみると、こう書いてある。

藤原定家が京都小倉山の山荘で選んだといわれる百首の歌。天智天皇から順徳院まで百人の和歌1首ずつを集めたもので、近世以後、歌ガルタとして広まった。

だが、よくよく調べてみると、どうも話はそう単純ではないようだ。

有吉 保(ありよしたもつ)による講談社学術文庫「百人一首 全訳注」の解説をみると、百人一首の成立には「百人秀歌」なる歌集の存在が関わっているとのことである。

「百人秀歌」とは、この有吉保氏によって昭和26年に発見された歌集であり101首の和歌を収録する。そのうち97首が「百人一首」と共通するという歌集である。

有吉氏は、藤原定家の日記「明月記」の文暦二年五月二十七日の記述に基づいて、

「定家の息子である為家の妻の父=入道蓮生(宇都宮頼綱)」が自身の嵯峨中院の別荘の障子に貼るために、藤原定家に選歌を依頼し、この際に定家が選んだのものの手控えか、目録として成書したものが「百人秀歌」となった、

との見解を示している。

「その後、後鳥羽院崩御の延応元年(1239年)から、定家の死の仁治二年(1241年)の間に、『百人秀歌』には収録されていなかった後鳥羽院や順徳院の歌が加えられるなどの改編が加えられて『百人一首』となった」

というのが有吉氏の説である。

ちなみに、藤原定家が蓮生の依頼で書いた色紙は「小倉山荘色紙」「小倉色紙」と呼ばれている。色紙の寸法はおよそ縦18cm、横16cmほどのものであり、今でも藤田美術館などに分散して所蔵されている。

この「小倉色紙」について有吉保氏は

「定家自筆であるかどうかということと、『百人一首』そのものであるかどうかということに対して、なお慎重でありたい」

と述べている。

なぜ「小倉」なのか

ところで、「デジタル大辞泉」は「藤原定家が京都小倉山の山荘で選んだ」としているが、この点についても疑問を提示している先生がおられる。

同志社女子大学教授吉海直人である。

吉海直人氏の著書である「だれも知らなかった『百人一首』」にはこのように書かれている。

「定家の別荘が小倉山麓にあり、それが『小倉山荘』と呼ばれていたことは確かです。

ただし、本当に『小倉山荘』で百人一首が撰ばれたかどうかは定かではありません。定家の日記『明月記』によると、蓮生に依頼されて色紙を書き送ったことははっきりしていますが、それに先立って五月五日に帰京しているので、むしろ京都の自邸で清書された可能性が高いのではないでしょうか。」

ただし「小倉」と冠されるようになる経緯について、吉海氏は

「百人一首のパロディとして後世に『新百人一首』や『後撰百人一首』など多くの異種百人一首が誕生したために、それらと区別する必要が生じたから」

ということについては異論がないとしている。

ちなみに私は幼い頃「小倉ってのは『あんこ』のことだろ。あんことカルタになんの関係があるのか。」などと思ったりもしたものだ。

だが、なんとこの疑問についても、吉海氏が「だれも知らなかった『百人一首』」中で解決してくれている。

「こしあんに蜂蜜づけにした小豆を混ぜたものが、鹿の子まだら模様に見えることから、鹿から紅葉が連想され、さらに紅葉の名所かが小倉山ということで『小倉あん』という名が付けられた」

そういえば「百人一首」には「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき」という歌があった。

確かに「鹿と紅葉」は結びつく。

そして同じく「小倉山峰のもみぢ葉心あらばいまひとたびのみゆき待たなむ」という歌もある。

紅葉と小倉山」もつながるわけだ。

うーん。この吉海直人という先生は、どれだけ幅広く調査されているのか。感嘆せざるを得ない。

なお「龍田揚げ」も百人一首に収録されている在原業平の「ちはやぶる神代も聞かず龍田川から紅に水くくるとは」の歌が由来だとか。

龍田川を流れる紅葉が、みりん醤油で下味を付けた魚や肉を、片栗粉にまぶして油で揚げて赤くなった料理に見立てられる

とのことである。大いに感動した!

どういう歌が選ばれているのか

百人一首」に選ばれているのは、いったいどういう歌なのであろうか。

実は百人一首に選ばれている和歌は、必ずしも名歌とも言えない歌その歌人の代表歌とも言えない歌なども選ばれているのだ。これは長らく研究者の間で議論されてきた問題である。

有吉氏は講談社学術文庫「百人一首 全訳注」の解説において、

「定家の選歌基準は単なる秀歌選というだけではなく、時代反映とか史的展開などという選歌のパターンがいろいろあるらしいという推測が可能である」

と述べている。

また特に定家と同時代の歌人の歌については

「新古今歌風を代表する後鳥羽院歌壇期の華やかな優艶美を否定し、沈潜した有心への方向を示すものである」

と述べている。

新古今」といえば、かつて定家が撰者として関わった勅撰和歌集なのだが、晩年の定家は、新古今を選んだ頃とはまた違った秀歌観を持っており、それが百人一首の選歌基準に反映されているということである。

こういった文学的観点からの研究に対して、全く違った観点から定家の選歌基準を解き明かそうという動きが現れる。

1978年に出版された織田正吉による「絢爛たる暗号 百人一首の謎をとく」である。

織田氏は「百人一首」の中に同じ語句を一首の同じ場所に持つ歌が多いことに着目する。

3.あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む
91.きりぎりすなくや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む

など。

また織田氏は和歌に詠まれている題材にも着目する。「月」「風」など主題別に和歌を分類し、歌同士の連鎖関係を見出していき、タテ18首、ヨコ18首の空間内に百首を配置し直した。

そして

「百人一首」とは、定家が「承久の乱で隠岐に流されてしまった後鳥羽院」と「恋する相手であった式子内親王」への想いを表現したまさに「絢爛たる暗号」であった

と結論づける。

当時、この本はなかなかの反響があったようで、例えば角川文庫から出されている「田辺聖子の小倉百人一首」などでは、随所に織田氏の説が引用されており、田辺聖子の本を介して、織田氏の説に興味を持つに至った人もいたようである。

さらに「百人一首を暗号として読み解く」という試みは、林直道百人一首の秘密 驚異の歌織物」によってもなされる。

林氏は、織田氏の解読について「先駆的業績としてきわめて高く評価している」とした上で、織田氏とは違った独自の解読を行う。

林氏によれば、

「百人一首はタテ10首、ヨコ10首の方形のわくのなかに、百首をある特殊な順序で配列する」ことで「新古今歌壇のふるさと水無瀬の里」を描写し、「島流しとなった二人の帝王・後鳥羽院と順徳院、および薄幸の佳人・式子内親王」という3人に定家が「来ぬ人を待って身もこがれつつ」と呼びかける構図となっている。

とのことである。

このような「百人一首を暗号として読み解く」という試みについては、織田氏と林氏のみならず、その後も様々な人達によって、探求が続けられている。

だが、これらの試みについて吉海直人氏は「だれも知らなかった『百人一首』」の中で、

「織田氏や林氏は、そのカルタ取りからヒントを得て、百人一首に秘められた定家のメッセージを読み取ろうとしておられるのです。

ただし織田氏の暗号説を検証するために、私は氏の説明に従って札を並べてみたのですが、どうしても氏と同じように並べることはできませんでした。これでは公式と言えないはずですし、暗号として成立していることにもなりません。林氏の説にしても、10×10という配列は見事で美しいのですが、札を組み合わせる基準に無理があるようです、また配列された札から、水無瀬の風景が浮かびあがると言われても、私にはその映像が全く見えてきませんでした。」

このように述べて批判的な立場を示している。

ただし、織田氏が着目した「同じ語句を一首の同じ場所に持つ歌が多い」ということについては、「百人一首内本歌取り」と定義して自身の見解を述べている。(「本歌取り」とは通常は、古歌の語句・趣向などを取り入れて作歌する手法のことで、オマージュのようなもの。)

どうして普及したのか。

さて、成立において様々に謎を含む「百人一首」であるが、その普及において重要な役割を果たしたのが、室町時代の連歌師である宗祇であるとされる。

藤原定家の家は、代々続く和歌の名門で「御子左家」と言われた。だが、この「御子左家」は定家の息子為家の次の代で、冷泉家、京極家、二条家の三つに分裂してしまう。

東胤行(とうたねゆき)という人物は為家に和歌を学び、その娘婿となり二条流の歌人として知られたのだが、宗祇は東胤行の子孫である東常縁(とうつねより)から、「百人一首の伝授」を受ける。

宗祇の時代には二条家は断絶してしまったのだが、吉海直人氏は

「宗祇は二条家の系譜につながる東常縁から教えを受けたことを自らの権威づけに利用し、その過程で「百人一首」をいわば二条家に伝わるバイブルのようなポジションに引きあげた」

との旨を述べている。

宗祇は自らの弟子に「百人一首」を講義し伝授をしてゆく。

また同じ頃、「百人一首」は二条流歌道の入門書である「三部抄」に収録される。これにより「百人一首」は「和歌の入門書」として流布されていくことになる。

では、百人一首が「カルタ」となるのには、いったいどういう過程があったのか。

吉海直人氏は「だれも知らなかった『百人一首』」の中でこう述べている。

「当初はゲーム用ではなく、和歌の暗記カードまたは単なる鑑賞用だったのかもしれません。

和歌の入門書→暗記用のカード→カルタ遊び」という流れは可能性としてはありそうな話でなかなか興味深い。

また吉海氏は、江戸時代の寺子屋において読み書きのテキスト(書道の手本)として百人一首が使われていたことにも着目し、特に女性の教養となっていたことが、かるた取りの遊びとして受け入れられた背景にあったということも指摘しておられる。

まとめ〜百人一首の現在

そういえば、数年前、京都の嵯峨野を訪れた際に私はこんな歌碑を見出していた。

※撮影 武蔵大納言
これは「百人一首」の多様な世界を体感できるミュージアム「時雨殿
http://www.shigureden.or.jp/
の屋外展示施設として作られたものであった。
http://www.shigureden.or.jp/guide/walk.html

私、武蔵大納言は塾や予備校の教壇に立つこともあるのだが、近年、女子生徒から「百人一首」についての質問を受けることが増えた。

聞けば、「ちはやふる」「うた恋い」などの「百人一首」を取り上げたマンガが流行しているとのことだ。

「百人一首」に興味を持った彼女たちを引率して「時雨殿」を訪れるのも良いかもしれぬ…ふふふ…と、思いきや「リニューアルのための改装工事により、平成29年3月21日(火)より休館」とのこと。残念。

ならば教室で「かるた大会」を催すのも楽しいかもしれぬ。もちろん優勝商品は「龍田揚げと小倉アイス」に決まっておる。

スポンサーリンク

 

武蔵大納言

武蔵大納言

投稿者の記事一覧

生まれは平安時代。時空の割れ目に紛れ込んでしまったことにより、平成の世に紛れ込む。塾や予備校で古文漢文を教えながら、現代日本語を習得。現在は塾・予備校での指導の傍ら、古典文学や歴史についてのライターとしても活動している。
Twitterアカウント @musasidainagon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 建門院徳子の生涯 について調べてみた【生きながらにして六道を見る…
  2. 平宗盛は本当に無能だったのか調べてみた
  3. 「ちょんまげ」について調べてみた
  4. 源頼朝はなぜ義経を追放したのか調べてみた
  5. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか
  6. 毛利氏―安芸の国人から中国地方統一まで―
  7. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  8. 厄払いの側面から陰陽師を調べてみた【護符も自分で書ける】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP