鎌倉殿の13人

小四郎の名を継ぐ者がここに。義時の隠し子?北条時経とは何者か【鎌倉殿の13人 外伝】

北条義時(ほうじょう よしとき)の息子と言えば、「俺たちの泰時」こと北条泰時(やすとき)はじめ6人が『吾妻鏡』に確認されています。

長男・北条泰時(太郎)
次男・北条朝時(ともとき。次郎)
三男・北条重時(しげとき。三郎)
四男・北条政村(まさむら。四郎)
五男・北条実泰(さねやす。五郎)
六男・北条有時(ありとき。六郎)
※有時は政村より先に生まれていますが、側室の子なので兄弟順(≒元服の順番)は最後に回されました。

しかし、義時には彼ら以外の息子もいたとする説があり、その名前が『系図纂要』『寛政重脩諸家譜』に記されています。

  • 北条時経(ときつね。小四郎)
  • 北条尚村(なおむら/ひさむら。七郎)
  • 北条時尚(ときなお/ときひさ。九郎)

※尚村と時尚は同一人物説あり(個別に書かれているのは『系図纂要』など)。

北条時経。果たしてどんな生涯を送ったのか(イメージ)。

今回はこの3人の中から、小四郎と呼ばれた北条時経(ほうじょう ときつね)を紹介。謎の多い人物ですが、可能な限りその実像に迫っていきましょう。

小四郎の名(通称)を継ぐ者

北条時経の基本データがこちらになります。

生没年 不詳
母親 不詳
通称 小四郎
事績 不詳

……最早ないない尽くし。むしろ諱(いみな。実名)と通称以外は何も分からない状態です。

「こんなんどうしょうもないわ。解散!」と言いたくなるのもわかりますが、もう少しだけ粘ってみましょう。

『系図纂要』などを見ると、時経は政村(四郎)のすぐ後、尚村(七郎)のすぐ前に名前があります。それから実泰(五郎)が続きます。

四郎・小四郎という通称は北条家にとって家督を継いだ者の証しみたいなもの。義時の父・北条時政(四郎)やその祖先たちも受け継いできました。

【北条氏略系図】
……時方(北条四郎)―時家(北条四郎大夫)―時政(北条四郎大夫)―義時(江間小四郎)―政村(相模四郎)・時経(小四郎)
※『系図纂要』より

と言うことは、時経も政村と同じく嫡男(正室の子)であり、その場合は伊賀局(政村・実泰母)が母親と考えられます。

しかし、それならばなぜ『吾妻鏡』にその存在が記されていないのでしょうか。こればかりは義時はじめ北条家当局に確認するすべがないものの、何か表にできない不祥事や心身障害などがあったのかも知れません。

父と同じ小四郎の名(通称)を受け継ぎながら、歴史の表舞台に立てなかったのだとしたら、時経の忸怩たる思いは察するに余りあります。

仮に伊賀局が母親とすれば、実兄・政村(元久2・1205年生)より後で実弟・実泰(承元2・1208年生)より前の生まれ。つまり建永元年(1206年)から承元元年(1207年)生まれまで絞り込みが可能です。

時経の「経」は誰から?

また、元服に際して諱の「経」は誰から受けたのでしょうか(もちろん独自に考えてつけた可能性もありますが)。御家人の中で名前に経がついている者をピックアップしてみましょう。

頼朝公の挙兵に馳せ参じた佐々木経高。歌川国芳筆

  • 小笠原長経?(甲斐源氏)28~29歳
  • 佐々木経高?(近江源氏・挙兵時最古参)50代?
  • 村上経業?(信濃源氏)50代?
  • 師岡重経?(武蔵国御家人)60代?
  • 山内首藤経俊?(頼朝乳兄弟)70~71歳
    ※五十音順、年齢は時経の誕生(建永元・1206~承元元・1207年)時点。他にもいるかも知れません。

義時との関係を考えると、当時北条氏が押さえて間もない武蔵国の御家人・師岡重経(もろおか しげつね)から貰ったのではないでしょうか。彼に烏帽子親を頼むことで、現地御家人たちとの融和を図った可能性も考えられます。

これらの仮説を踏まえて時経のプロフィールをまとめると、以下のようになります。

【北条時経・仮データ】

生没年 建永元年(1206年)ごろ~没年不詳
母親 伊賀局(義時後室)か
通称 小四郎
烏帽子親 師岡重経か
事績 不詳

※あくまでも仮説にもとづく推測をまとめたものです。

兄・政村が9歳で元服(建保元・1213年)、弟・実泰が7歳で元服(建保2・1214年)したことを考えると、同母兄弟であれば時経もこの時期(政村と実泰の間?)に元服したのでしょうか。

天晴。今日入夜。相州鍾愛若公〔九才。當腹〕於御所元服之儀。三浦左衛門尉義村爲加冠也。号四郎政村云々。

※『吾妻鏡』建保元年(1213年)12月28日条

霽。卯尅。相州参着給。戌尅。相州子息於御前元服給。理髪前駿河守惟義朝臣也。号相模五郎實義。

※『吾妻鏡』建保2年(1214年)10月3日条

四郎・小四郎・五郎……将来を嘱望されていた三兄弟。しかし何かの事情で脱落してしまったのであろう小四郎。その胸中や事績について、今後の解明が俟たれてなりません。

終わりに

検索エンジンで「北条時経」と入力すると、「もしかして:北条経時(※)」と言われてしまっていた時経(Googleによる。現在は仕様変更)。

北条経時(画像:Wikipedia)

※北条経時(つねとき)は泰時の孫(嫡男の北条時氏は早逝)で、鎌倉幕府の第4代執権として活躍。第5代執権・北条時頼(ときより)の兄でもあります。

歴史の表舞台には出て来ない、マイナー極まる人物ですが、こうした人々にも興味を持って貰えたら嬉しいです。

※参考文献:

  • 『寛政重脩諸家譜 第三輯』国立国会図書館デジタルコレクション
  • 『系図纂要 五十 平氏 五』国立公文書館デジタルアーカイブ
  • 北条氏研究会『鎌倉北条氏人名辞典』勉誠出版、2019年10月
角田晶生(つのだ あきお)

角田晶生(つのだ あきお)

投稿者の記事一覧

フリーライター。
 
日本の歴史文化をメインに、時代の行間に血を通わせる文章を心がけております。
(ほか政治経済・安全保障・人材育成など)
※お仕事相談はtsunodaakio☆gmail.com ☆→@
 
このたび日本史専門サイトを立ち上げました。こちらもよろしくお願いします。
 
時代の隙間をのぞき込む日本史よみものサイト「歴史屋」
https://rekishiya.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 鎌倉時代の武家女性は、予想以上に社会的地位が高かった?
  2. 北条義時と「無数の和田義盛」が衝突!泉親衡の乱から和田合戦前夜ま…
  3. なぜ源義経は頼朝の命令に逆らって短期決戦に臨んだのか?
  4. 最期は後鳥羽上皇の怨霊に?三浦義村はその後どうなったのか【鎌倉殿…
  5. 「武士の鑑」畠山重忠の子孫は江戸時代まで続いた?『系図纂要』を読…
  6. 二刀流で一騎討ち!『平家物語』が伝える「死神」源行家の意外な武勇…
  7. 坂口螢火氏の傑作〜 曽我兄弟より熱を込めてを読んで 【曽我兄弟の…
  8. 【鎌倉殿の13人】幕命よりも身内の絆…宇都宮頼綱を守った小山朝政…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

「特殊慰安施設協会(RAA)の闇」 2~300人の米兵が病院に侵入し看護婦たちを性的暴行

RAAの設立と目的第二次世界大戦後の日本は、連合国軍の占領下に置かれました。連合国の…

【厄年は単なる語呂合わせ?】 江戸時代まで遡って厄年の起源を調べてみた

年始に神社や寺へ行くと、厄年の早見表を掲示しているのをよく見かけますね。今年が厄年に…

平氏最強の武将・平教経「源義経が八艘飛びで逃げ出した猛将」

平教経(たいらののりつね)とは源平合戦で源氏最強の武将は言わずと知れた源義経だが、平氏最…

【情報収集はこれで完璧】さまざまな情報収集方法を一挙紹介! 前編

はじめに情報収集は、現代社会において欠かせないスキルの1つである。しかし、膨大な情報をいかに効率…

もう顔も見たくない!源実朝の怒りをなだめた北条義時のアドバイス【鎌倉殿の13人】

昔から一日千秋(いちじつせんしゅう。一日が千の秋=千年にも感じられる)などと言うように、人を待つ時間…

アーカイブ

PAGE TOP