戦国時代

長野業正 ~信玄をも敗退させた上州の虎

上州の黄斑(虎)

長野業正(ながのなりまさ)は、関東管領の山内上杉家に仕えていた戦国武将です。

長野業正 ~信玄をも敗退させた上州の虎

※箕輪城の石碑 群馬県

上野の箕輪城を居城として、周辺の豪族らと共に「箕輪衆」と呼ばれていました。

この業正は、配下に後に剣聖と称された新陰流の創始者・上泉信綱を従え、自身もかなりの剛の武将であり、武田信玄の侵攻を退けたことから、信玄をして「業正がいる限り上野は取れない」と言わしめ、「上州の黄斑(虎)」の異名を取ったとも伝えられています。

北条氏の台頭

業正は、延徳3年(1491年)若しくは明応8年(1499年)の生まれとも伝えられていますが定かではありません。父親に関しても諸説がありはっきりとしていません。
長野氏は上野の箕輪城を居城とした豪族で、関東管領の山内上杉氏に従属していました。

しかし伊豆において北条早雲が台頭してくると、山内上杉氏は徐々にその勢力圏を奪われていきました。

そうした中でも、業正は上野での勢力を保持し続けていました。

独立勢力となった業正

天文16年(1547年)に信濃の志賀城主であった笠原清繁が信玄に攻められると、業正の主君・上杉憲政は武田を攻める事を決定します。

しかし業正はこれには反対しました。業正の読み通り憲政は2万もの大軍を動員しながも、笛吹峠の戦い(碓井峠)において信玄に敗れました。

続く天文21年(1552年)に御嶽城が落城したことでそれまで憲政に従属していた豪族たちの離反が相次ぎ、長野家もこの時に憲政の元から離れたと伝えられています。

しかし業正は、勢力を拡大しつつあった小田原城主・北条氏康に屈服したわけではなく、独立した勢力となって箕輪城周辺の統治を続けました。

以後、信玄の侵攻を受けながらこれを撃退します。

業正の最期

長野業正 ~信玄をも敗退させた上州の虎

※上杉謙信

永禄3年(1560年)に上杉謙信が関東の諸将を糾合して厩橋城に入った際には、業正もこの軍に参加、上杉勢の一員として北条攻めを行いました。

謙信は憲政から家督と関東管領の地位を引継ぎ、その威光をもって北条から名胡桃城、沼田城、厩橋城などの城を瞬く間に攻略し。上野を勢力下に置きました。
しかし、これまで老獪な用兵を用いて信玄や北条から西上野を守りぬいてきた業正でしたが、永禄4年(1561年)に病没、享年71若しくは享年63の生涯を終えました。

業正の死後、後を継いだ三男の業盛(なりもり)は、一度は信玄の侵攻を防ぎました。しかし永禄9年(1566年)になると、信玄は2万にも及ぶ大軍を揃えて侵攻して来ました。

業盛は最期まで箕輪衆と共に戦いしたが衆寡敵せず、ついに箕輪城は陥落することになりました。

このとき盛は箕輪城において自刃して果て、箕輪城主としての長野氏は滅亡を迎えました。

その後の長野氏

しかし、業盛には業親(なりちか)なる弟があり、その子である業実(なりざね)は箕輪城から落ち延びてることが出来ました。

そして、後年に箕輪城主に任じられた徳川四天王の一人、井伊直政に出仕することになりました。
業実は4千石を領する大身に取り立てられて、井伊家の移封に伴い彦根藩士となりました。

その後、やがては井伊氏の家老を務めるほどになり、長野氏は彦根藩の中心の家臣として以後も繁栄を続けました。

関連記事:
上杉憲政について調べてみた【上杉謙信を誕生させた大名】
北条早雲について調べてみた【戦国時代最初の大名】

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2020年 11月 09日 12:44pm

    「上州の黄斑」で御座います。
    班ではなく斑(まだら)で御座います。

    1
    0
  2. アバター

    早速修正させていただきます。
    ご指摘誠にありがとうございますm(_ _)m

    0
    0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 朝倉義景の最後 ~「信長に逆転され金箔のドクロにされる」③
  2. 濃姫(帰蝶)の謎だらけの人生【織田信長の妻】
  3. 高山右近【信仰に殉じマニラに追放されたキリシタン大名】
  4. 仙石秀久について調べてみた【人気漫画センゴクの主人公】
  5. 丹羽長秀について調べてみた【最盛期の領地は100万石を超えた大大…
  6. 前田利家【信長の小姓、槍の又左、浪人、数々の逸話】
  7. 戦国武将たちの異名やあだ名を一挙に紹介 【虎、龍、鬼、神、仏、無…
  8. 【兜の歴史】 戦国武将たちが愛用した「変わった兜」とは

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

オーストラリアの真夏のクリスマスはどう過ごしているのか? 「クリスマス・イン・ジュライ」

雪が降り頻るなか、トナカイが引くソリに乗ったサンタクロースがプレゼントを届けに街にやってくる…

イングランドの海賊ドレイクについて調べてみた

「海賊」と聞くとみなさんはどんなものを想像するだろう。少し前に流行した映画パイレーツ・オブ・カ…

丹生川上神社下社ご神馬の「白ちゃん・黒ちゃん」 夕方5時になんと自分たちで帰宅

豊かな森林に囲まれた清き水の里・奈良県吉野郡下市町に、水の神をまつる古社として朝廷から厚く保…

毛利元就「三矢の教え」には元ネタがあった?モンゴル帝国『元朝秘史』より、類似のエピソードを紹介

中国地方を代表する戦国大名の一人・毛利元就(もうり もとなり)のエピソードと言えば、「三矢(さんし)…

甲斐の虎・武田信玄の兜の白い毛は何だったのか?

戦国時代を語る上で、三英傑以外で必ず名前が挙がる戦国武将の代表格が「武田信玄」と「上杉謙信」…

アーカイブ

PAGE TOP