大正&昭和

日本刀(古刀)と戦艦大和は、現在の技術では作れないロストテクノロジーだった

ロストテクノロジーとは、過去に実存した優れた技術のことで、何らかの理由によって現在は存在しない技術のことである。

今回は、そんな失われた技術により作られたとされる、「日本刀」と「戦艦大和」について解説する。

日本刀

ロストテクノロジー

イメージ画像

日本刀は製作された時期によって分類されていて、新刀と古刀の2種類がある。安土桃山時代末期までに作られていた古い日本刀を「古刀」と呼ぶ。

しかしこの古刀は、現代の技術では作ることが出来ないと言われている。

新刀と古刀には違いがあり、その大きな違いの1つは手触りだ。新刀は刀がガラスのようにツルツルしていて研磨しにくい。一方、古刀は刀がざらついているため砥石でよく研磨が出来る。また古刀の方がよく曲がり、新刀は曲がりにくいという違いもある。

現在刀工によって作られる刀は、どれも新刀の製造方法をベースにしていて、古刀の製造方法で作られたものは現代において存在しないのである。なぜなら古刀の製造方法や材料は詳しいことが解明されていないからだ。

ロストテクノロジー

平安時代の名刀 童子切:太刀 銘安綱(名物童子切安綱)刀身 wiki c Kakidai

古刀が作られていた時代の日本は統一される前であり、地域ごとで製造方法や材料が異なっていた。しかもその技術のほとんどが口伝によって伝えられていたため、史料がほとんど残っていないのである。

しかし全てが謎というわけでも無く、使用していた鉄の種類が分からないため製造過程も分からないという状態だ。日本が統一される前は、地域ごとで鉄の種類、混合比までもが違っていた。しかも古刀が製造されていた時期は輸入鉄鉱石も多く使用されていた。

古刀の材料である鉄を特定しようにも地域ごとに違う上に、輸入品と日本品を混ぜると混合比も含めて何万通りもの鉄が出来てしまう。そして江戸時代に入ると鎖国の影響で輸入鉄が手に入らなくなり、日本が統一されたことで一定の質の地鉄が流通するようになる。

そのような時代の影響により、徐々に古刀の製造は途絶えていったのである。

新刀の製造においては、柔らかい鋼を硬い鉄で包むことにより、よく切れる硬さと折れない柔らかさを実現している。一方古刀においては、数種類の砂鉄を含む鋼材を練り合わせて重ねていくという単純な構造をしている。主材料の鉄の種類が詳しく解明されていないため、構造が分かっていても混合比や焼き付けの温度までもは解明されていないのである。

古刀は単純な構造だが、新刀より刃こぼれしにくい上に折れにくいといった特徴がある。よほど材料が特殊なものであったと推測される。

現存している古刀は歴史的資料としても、美術品としても貴重であり高い価値がある。また名刀として知られている「童子切」「鬼丸」「三日月」「大典太」「数珠丸」の5振は数ある日本刀の中でも最高傑作で「天下五剣」と呼ばれている。(※参照 天下五剣の不思議な伝説 【童子切安綱、鬼丸国綱、三日月宗近、大典太光世、数珠丸恒次】

これらは平安〜鎌倉時代に作られた古刀とされていて、鬼丸以外の4振は国宝や重要文化財に認定されている美しい刀剣である。

戦艦大和

ロストテクノロジー

画像 : 戦艦大和 wiki c

戦艦大和は、第二次世界大戦時に日本海軍によって造られた史上最大の戦艦である。

全長は263メートル、排水量は64000トン、艦体の大きさや搭載された主砲も史上最大であった。この主砲が現在では再現不可能なものとなっている。

ロストテクノロジー

画像 : 昭和16年(1941年)9月20日、呉工廠で最終艤装中の大和の主砲。

45口径46センチ砲を3門まとめた3連装砲は大和の象徴であり、それまでにあった主砲と比べるとより強く遠くまで飛ばすことが出来た。

このような主砲を造るには専用の旋盤機、素材の鉄鋼、そして職人が必要不可欠である。専用の旋盤機は戦後も奇跡的に兵庫県で保管されていた。素材の鉄鋼だが大和ではヴィッカース鋼板(VH鋼板)という表面硬化装甲を採用していて、砲塔前盾にもこれが使用された。

そして何より1番の問題が、鉄鋼を削り出す職人がいないということだ。

大和の主砲のような口径の大きい高威力の大砲となると、それだけ撃ち出す際の圧力も大きくなる。そのため素材にはその時代で1番硬い鋼材を使用する。しかし硬い鋼材を削ると摩擦熱により鋼材は劣化してしまう。頑丈さをキープしながら加工するには、適切なタイミングでの冷却と削り出しが必要となる。

この技は熟練した職人の手と目、そして経験だけが頼りとなる部分である。造るための機械や素材がなんとか集められても、肝心の職人がいないという状態なのである。

しかし大戦末期となると大砲の需要は無くなり、ミサイルやロケット弾が使用されるようになった。その上威力も大和の半分の口径で大和の主砲と同じ力が可能となった。最終的には大砲を造る意味が無くなり、それと共に自然と職人もいなくなっていった。

このように技術の進化により、戦艦大和の主砲を造るために必要な技術も無くなったのである。言い方を変えると失われた技術と言うより、捨てられた技術と言える。

かつては造ることが可能だったものも時代の変化により無くなって、その代わりとなるものが生まれていく。

ロストテクノロジーは少し寂しくもあるが、それは技術の進化の証明とも言える。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. アバター
    • 名無しさん
    • 2022年 11月 27日

    戦艦大和の排水量は6400トンではなく64000トンです
    数値が正確でないと記事全体の信憑性が下がってしまうため残念です

    0
    0
  2. アバター
    • 草の実堂編集部
    • 2022年 11月 27日

    ご指摘ありがとうございます。修正させて頂きました。ありがとうございます😊

    0
    0
  3. アバター
    • 名無しさん
    • 2022年 11月 30日

    陸奥鉄は引き上げた戦艦陸奥の一部をそう呼んでるだけで、大和はVH鋼板と高性能高張力鋼じゃなかったっけ?

    0
    0
    • アバター
      • 草の実堂編集部
      • 2022年 12月 01日

      ご指摘ありがとうございます。修正させていただきました!

      0
      0
  4. アバター
    • 名無しさん
    • 2022年 11月 30日

    今は砲塔どころか、船の建造技術すら危うい
    水が入らない組み立てが必要どから、そこら辺の技術屋とはレペルが違う

    0
    0
  5. アバター
    • 名無しさん
    • 2022年 11月 30日

    突っ込む所が多すぎ(笑)これ記事削除した方がよくない?小学生の夏休み作文より酷い。

    0
    2
    • アバター
      • 草の実堂編集部
      • 2022年 12月 01日

      始めたてのライターさんの記事だったのですが、何箇所か修正しましたが良かったら修正箇所をご指摘くださいませm(_ _)m

      0
      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 【かつて信者数30万人を獲得した新興宗教】 大本と出口王仁三郎
  2. マヨネーズは昔「1700円の高級品」だった 【日本では大正時代に…
  3. 蕎麦屋あるある集「蕎麦歌留多」に、お店もお客も共感の声
  4. 日本の城の数はいくつある? 構造や種類についてわかりやすく解説
  5. 宮城事件とはなにか?「ポツダム宣言をめぐり日本でクーデター未遂事…
  6. おやつ(お菓子)の歴史について調べてみた
  7. 開戦から80年…真珠湾攻撃の暗号「ニイタカヤマノボレ」ってどこの…
  8. 装甲空母「大鳳」は、なぜ魚雷一発で沈んでしまったのか


新着記事

おすすめ記事

マーシュとコープの化石戦争 「二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争」

恐竜界最大のライバル19世紀後半、二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争が勃発した。…

みゆちゃんの父親【漫画~キヒロの青春】86

しかしえげつない暑さですね。去年は6月後半くらいからずっとこんな感じだったので今年はまだマシ…

どこまでも真正直な姿に心打たれ…雲居和尚と山賊兄弟のエピソード【江戸時代】

古来「至誠通天(しせいつうてん)」と言うように、中途半端な小細工を一切弄しないまごころには、人の胸を…

日本の税金は「弥生時代」から始まった

庶民にとっては頭の痛い税金。近年の日本では消費税10%を始めとしてあらゆる税金が上が…

福沢諭吉【やせ我慢で武士の矜持を示した幕臣】瘠我慢の説

知名度と武士の矜持福澤諭吉(ふくざわゆきち)は、現在の一万円札にも肖像画が使われるなど、日本…

アーカイブ

PAGE TOP