幕末明治

幕末政治史をリードした陰の立役者『小松帯刀』について調べてみた

小松帯刀
(出典:Wikipedia)

「幕末薩摩藩」といえば、西郷隆盛、大久保利通などがすぐに思い浮かぶと思います。

そんな彼らをまとめあげ幕末政治史をリードした薩摩藩家老がいました。

小松帯刀(こまつたてわき)です。

西郷・大久保の活躍に埋もれている印象ですが、島津久光に次いで小松こそが幕末薩摩藩の実質的なリーダーでした。

NHK大河ドラマ「篤姫」でも注目された『小松帯刀』について調べてみました。

スポンサーリンク

小松帯刀の出自

薩摩藩は島津家一門(本家・重富家・加治木家・垂水家・今和泉家)があり、家臣団の最上位は「一所持」といわれ、一門・一所持が家老を務められる身分でした。

小松は一所持である肝付家の生まれです。

肝付主殿の三男で「肝付尚五郎」といいました。

安政3年に一所持の小松家へ養子に入ります。

 

薩摩藩家老への道

安政2年(1855)正月15日に奥小姓・近習番勤に任じられています。

さらに同年5月には江戸詰を命じられます。

小松家の養子になるために帰国を命じられ、江戸滞在は2か月ほど。

安政3年(1856)に小松家へ養子に入り、詰衆を命じられます。

安政5年(1858)に薩摩藩主島津斉彬が亡くなり、その葬式で小松は定火消役として参列しています。

小松は島津久光や誠忠組(大久保一蔵など)と交流し、文久元年(1861)5月に側役(藩主の側近)に抜擢されます。

さらに、10月には薩摩藩内で大幅な人事改革が行われて、国父・島津久光を中心とする体制が整います。

小松は島津久光体制の中心人物となり、文久2年(1862)3月の久光の率兵上京を準備しました。

この年の暮れには家老を命じられています。

 

小松帯刀の応接

文久3年(1863)3月、越前藩が薩摩藩に対して「一緒に上京して周旋活動をしよう」と提案してきました。

この時期は、長州藩を中心とした過激派が京都にて大きな力を持っていました。

越前藩からは三岡八郎(由利公正)らが使者として派遣されましたが、このときの小松の迅速な応接に驚いています。

また、越前藩を通じてこのことを知った勝海舟は日記で「薩摩藩の執政である小松帯刀は英俊の士であり、薩摩藩の国政はこの人の意匠で決まる。小松がおおいに同意したために島津久光の上京がすぐに決まったのである」(現代語訳)と記しています。
文久3年7月、薩摩藩とイギリスの間で戦争が起こります(薩英戦争)。

結果は、お互いに甚大な被害を出しました。

しかし、薩摩藩内ではイギリス軍艦を退去させたことから戦勝気分になっている者たちもいました。

そんな状況のなかで小松は、薩摩藩首脳部で最初にイギリスとの講和を言い出したといわれています。

そのあと薩摩藩とイギリスの関係は緊密になっていくので、このときの小松の提案は重みをもったことでしょう。

薩英戦争の教訓を得て、小松は長崎で武器購入の交渉を開始しています。

 

小松帯刀の京都周旋

文久3年9月、「八月十八日の政変」で長州藩勢力がいなくなった京都に小松は入ります。

公家と接触して、孝明天皇の意志を探っています。

このとき、薩摩藩は諸侯も政治参加を行うべきであることを主張し、「国是」を定めることや、横浜鎖港問題や長州藩処分問題などの解決を目指していました。

その結果、一橋慶喜・松平容保・松平慶永・伊達宗城・山内豊信・島津久光が参与に任命されて、「参与会議」が誕生しました。

小松は久光からの信頼のもとで朝廷や諸侯の間を周旋していました。

しかし、「参与会議」は慶喜と久光の不和などから、結局は瓦解してしまいます。

 

元治元年(1864)5月ごろから、前年に京都を追われた長州藩勢が京都に攻め上ってくるとの噂が広がりはじめました。

そんななかで小松ら薩摩藩は朝廷の守護のみに気持ちをひとつにする方針でした。

6月後半には長州藩兵が京都に集まり、退去勧告にもかかわらず駐留を続けました。

朝廷の中にも長州藩に宥和的な者が多く、ぐらついていましたが、ここで薩摩藩は長州追討の勅命(天皇の命令)を獲得するために積極的に動きます。

 

そしてついに長州藩が攻め上ってきました(禁門の変)。

戦闘が繰り広げられるなか、小松が一橋慶喜の参内に同行していました。

禁門の変」のあと、小松は慶喜に長州征討を進言しています。

第一次長州出兵に際して、小松も事態収拾のために周旋を行ないました。

 

慶応期の政局と小松帯刀

慶応元年(1865)4月に小松は京都を出発し、西郷吉之助や坂本龍馬らとともに鹿児島に向かいます。

国力を蓄えて薩摩藩の基盤を固めることが目的です。

とくに薩摩海軍の充実を図っています。

小松自身も長崎に出張して貿易計画を行なったりしました。

 

このとき、長州藩からも井上聞多・伊藤俊輔が武器購入のために長崎へ来ました。

当時の長州藩は自藩だけでは武器購入が難しい状況だったのです。

薩摩藩名義で購入することで、長州藩に武器を流すということを行なうために小松は井上・伊藤を薩摩藩邸に入れます。

「薩長同盟」のための融和が進んでいました。

 

10月に小松は西郷とともに再び上京します。

上方では将軍が上洛して、幕府が長州再征を唱えていました。

しかし、薩摩藩としては今回の出兵には断固協力しないつもりでした。

 

慶応2年(1866)1月、長州藩の木戸準一郎が京都薩摩藩邸に来ました。

長州再征への対策についての約束「薩長盟約」を締結。

結局は幕府による長州再征は失敗に終わりました(幕長戦争)。

 

慶応3年(1867年)、将軍となっていた徳川慶喜との融和路線を担ったのが小松でした。

参与会議以降、薩摩藩と慶喜は何度も対立しましたが、その流れを転換させようとしたのです。

再び、越前藩・土佐藩・宇和島藩・薩摩藩(四侯会議)が集まって徳川慶喜と折衝を開始しました。

今回は兵庫開港問題と長州藩処分問題のふたつが議題でした。

しかし、ふたつの問題の優先順位をめぐり、またしても不調に終わりました。

ここで、久光や小松ら京都の薩摩藩首脳は徳川慶喜たちに武力で反正を迫ろうとはじめて考えました。

 

6月には、土佐藩の後藤象二郎らと「薩土盟約」を締結。

王政復古・大政奉還などを目的に活動することを薩摩藩と土佐藩の間で確認し合ったのです。

前提条件としては、武力を背景にしているということ。

薩摩藩は土佐藩の京都への出兵を期待しました。

しかし、のちに土佐藩が京都へ出兵できなかったことで、この盟約は破棄されています。

小松は9月に芸州藩辻将曹と出兵について交渉し、のちに薩長芸出兵協定(薩摩・長州・芸州藩の京都出兵を約束したもの)が結ばれるに至りました。

ところが、京都にいる薩摩藩首脳は出兵をねらっていたものの、一方で国許の鹿児島では反対論が強かったのです。

また、出兵に同意した芸州藩も動揺しており、土佐藩が進める大政奉還に期待をかけていました。

さらに、土佐藩からも小松に対して働きかけがあり、彼は大政奉還実現に向けても動いています。

このあたりの小松帯刀の葛藤はもっと研究されるべき事項でしょう。

 

おわりに

大政奉還後、小松は一時、鹿児島に帰りますが、病状が悪化して王政復古の政変の際には鹿児島で療養していました。

それでも、新政府から請われて上京。

おもに外交政策を担って活動していましたが、明治3年(1870)に若くして亡くなります。

 

小松について、より詳しく知りたい方は高村直助著『小松帯刀』(吉川弘文館、2012年)がオススメです。


『小松帯刀』(高村直助著 吉川弘文館 2012年)

最近では、テレビ番組などでも解説されている小松帯刀。

幕末薩摩藩は、西郷隆盛・大久保利通だけでは語りきれないのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP