西洋史

【フランス最後の皇帝】 ナポレオン3世の栄光と苦悩

ナポレオン3世の栄光と苦悩

画像 : ナポレオン3世 public domain

ナポレオン3世は、フランスの歴史において特異な存在である。

彼は高名な伯父であるナポレオン1世の影響を受け、その遺産を受け継ぎながらも、独自の道を歩んだ。

1848年から1851年にかけてフランスの大統領を務め、その後18年間は皇帝として君臨し、その政策と運命はフランスの歴史に深い痕跡を残した。

ナポレオン3世の生涯と功績、そして彼がもたらした変革について詳しく探ってみよう。

幸福な幼少期の終わり

ナポレオン3世は1808年にシャルル・ルイ・ナポレオン・ボナパルトとして生まれ、一般にはルイ・ナポレオンと呼ばれていた。

ナポレオン3世の栄光と苦悩

画像 : ナポレオン1世 public domain

彼が生まれた時、伯父のナポレオン1世は権力の絶頂期にあり、フランスのみならずヨーロッパ全土に対して絶大な支配力を持っていた。

その影響でナポレオン1世は自身の親族に王位を授けることが可能であり、弟のルイ・ボナパルト(※ナポレオン3世の父)にはオランダの王位が与えられた。このため、ルイ・ナポレオンはオランダの王子として誕生した。

ルイは伯父であるナポレオン1世を深く尊敬し、彼のような偉大な人物になることを夢見ていた。しかし、幸福な子供時代は伯父の没落によって突如として終わりを迎えた。

ナポレオン1世の敗戦後、ルイの母はフランスとドイツに留まることを禁じられ、スイスへと亡命した。このため、ルイは正式な教育を受けることができなかった。
1831年に兄が亡くなり、その翌年にナポレオン1世の後継者であるナポレオン2世もこの世を去ると、ルイはボナパルト家の当主となった。

そしてルイは、次第にナポレオン1世の後継者として皇帝になることを夢見るようになる。

フランス皇帝への道のり

1836年、ルイはストラスブール駐屯地で一揆を起こした。
7月革命でフランス王位に就いていたルイ・フィリップを、数人の軍人と共に打倒することを試みたが上手くいかず、ルイは逮捕されアメリカへと追放された。

しかし3年後の1840年、ルイ・フィリップがナポレオン1世の遺体をセントヘレナ島からフランスへと運ぶ計画に乗じて帰還。

フランス国内でナポレオン再評価が高まったのを好機として、ブーローニュに上陸して再び一揆を引き起こそうとしたが失敗に終わり、またもや逮捕された。

この時、投獄されたアム要塞での監獄生活は5年にも及んだ。

ナポレオン3世の栄光と苦悩

画像 : アム要塞でのルイ・ナポレオン public domain

1848年、フランスでは二月革命が起こり、共和制が成立した。

ルイも政治家として立候補し立憲議会補欠選挙で当選、彼は主に労働者や農民といった一般市民からは熱烈に支持を受けた。

ルイはあまり演説が上手ではなかったにもかかわらず国内で最も人気のある政治家となり、12月の大統領選挙では対立候補たちに大きな差をつけて当選し、フランス初の男子普通選挙で選ばれた大統領となった。

1851年12月2日、ルイはナポレオン1世の戴冠記念日に国民議会を解散し、国民投票を実施してナポレオン3世として皇帝に即位した。

1853年1月30日、ナポレオン3世はスペイン貴族の娘ウジェニー・ド・モンティジョと結婚、1856年には皇位継承者のナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルトが誕生した。

画像 : ウジェニー・ド・モンティジョ public domain

成功した国内政策と失敗した国外政策

ナポレオン3世の政策は、国内においては成功を収めたと評価されている。

鉄道の建設や工業・農業生産量の増加により、フランスはイギリスに次ぐ世界第二の経済大国となった。また、区画整理によってパリの公共施設も整備され、1855年と1867年にはパリで万国博覧会が開催された。

一方、国外政策においても、伯父と同様に国家領土の拡大を目指し、クリミア戦争やイタリア統一戦争へと出兵した。
しかし、1861年のメキシコ出兵に失敗してからは彼の支持は急速に低下した。

そして威信を回復させるために行った1870年の普仏戦争ではプロイセン軍に敗北、ナポレオン3世は捕虜となった。

画像 : 普仏戦争 wiki c RMN-Grand Palais – Agence Bulloz

第二帝政は崩壊し、パリでは労働者たちがパリ・コミューンと呼ばれる労働者政権を樹立したが、それも鎮圧され、フランスは最終的に第三共和政へと移行することとなった。

1871年3月、皇帝を退位したナポレオン3世は釈放され、イギリスの妻子の元へと亡命した。1873年に64歳で膀胱結石により死去し、フランス最後の皇帝はイギリスの聖マイケル修道院に埋葬された。

ナポレオン3世はその出自を利用して独裁体制を確立させたが、その人生は波乱に満ちていた。彼の功績は評価が分かれるが、パリの街並みを美しく整備し、フランス国内の産業化を進めた功績は、間違いなくナポレオン3世自身のものだと言えるだろう。

参考文献 : ナポレオン入門 1世の栄光と3世の挑戦(著 高村忠成)

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. エリザベス1世はなぜ「ヴァージン・クイーン」と呼ばれたのか? 【…
  2. 【ヴァイキングのおぞましい処刑法】 血の鷲とは ~高貴な身分の者…
  3. 【王冠を捨てた恋】エドワード8世について調べてみた
  4. 国王のあだ名について調べてみた
  5. 三銃士で有名なダルタニアンは実際どんな人物だったのか?
  6. 第一次世界大戦・地上の主力は大砲だった【WW1シリーズ】
  7. スターリンが指導者だった頃のソ連 【1000万人の大粛清】
  8. ヨーゼフメンゲレ 〜南米に逃亡したナチス狂気の医師

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

京都No1の人気観光地「清水寺」は平安京の守護神・坂上田村麻呂が創建した蝦夷鎮魂の寺院だった

人気観光地・京都でも常にNo.1の人気を誇る清水寺世界に名だたる観光地・京都。その中でも…

ギブ&テイク【漫画~キヒロの青春】⑯

当時は池袋に住んでたのですが、家出みたいな人はたくさんいました。色んな地域か…

鬼一法眼について調べてみた【日本の剣術の神】

はじめに日本の剣術の神として崇められているのが鬼一法眼(きいちほうげん)です。剣術の他に呪術も使…

世界の恐ろしい場所ランキング 【魅惑と恐怖が交錯する場所】

世界には私たちを圧倒し、時には恐怖さえ感じさせるような場所が存在する。今回はその中でも、日本…

「牧氏事件」は何故起きたのか? 【北条時政・追放のきっかけ、牧の方の素性とは?】

北条時政後妻・牧の方の素性とは?鎌倉殿の13人において、宮沢りえが演じる北条時政の後妻・…

アーカイブ

PAGE TOP