IT&ファイナンス

NYダウ 一時2197ドル安【過去最大の下げ幅で2度目の取引中止】

NYダウ 一時2197ドル安【過去最大の下げ幅で2度目の取引中止】

12日、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が急落。

11日にトランプ米大統領が、新型コロナウイルス拡大の懸念からヨーロッパからの入国禁止を発表したことが大きく影響したと見られる。

WHOのパンデミック宣言や、イタリアの全店舗閉鎖など世界的な混乱が続く中、売り注文が殺到した。

ニューヨーク株式市場は9日にも2013ドル安で取引停止。12日は取引時間中過去最大の下げ幅2197ドル安で取引停止。今週2度目となる。

12日は他にも、アメリカを代表する航空宇宙機器開発製造会社「ボーイング」社の倒産危機をブルームバーグが報じるなど、航空機産業も大きな苦境に立たされている。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 政府閉鎖の影響(政府職員に関して)について調べてみた
  2. ベーシックインカム について調べてみた【導入国はある?】
  3. ビットコインの仕組みを調べてみた【分かりやすい!】
  4. 深センが面白いと世界から注目【中国のシリコンバレー】
  5. 知らなきゃ大恥!日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉…
  6. ロシア帝国の歴史とロマノフ朝について調べてみた
  7. 破産もしていたトランプ大統領の意外な人生
  8. Appleはなぜ画期的な新製品を発表しないのか?!


新着記事

おすすめ記事

【米研究者の新説】月は岩石の雲の輪から生まれた

地球に最も近い天体として、太古から人類にとって当たり前のように夜空を照らしてきた衛星「月」。人類…

七夕で行きたい神社【パワースポット】

はじめに来月7月7日は七夕です。七夕は中国から伝わった行事といわれ、元々は織姫という神様…

本当の刑務所について体験し調べてきた【実録】

私は、受刑生活合計15年、刑務所回数6回目のまだまだ刑務所的には新参者です。これで新…

アーカイブ

PAGE TOP