飲食

紅茶はどのように日本に広がっていったのか?【紅茶の日本の歴史】

紅茶の日本での歴史

紅茶の日本での歴史

紅茶は中国の雲南省からチベットにかけての山岳地帯で生まれた。

大航海時代にヨーロッパに渡って紅茶文化が花開き、のちにアメリカ独立戦争の遠因になった。

明治期に日本に伝わった頃、コーヒーは初めから嗜好品だったが、紅茶は輸出品としてスタートした。

紅茶の日本でのスタートから現在までについて、追ってみた。

紅茶は輸出品としてスタートする

紅茶の日本での歴史

※大黒屋光太夫と磯吉

紅茶を初めて飲んだ日本人は、ロシアに漂着した伊勢の商人の大黒屋光太夫である。

1791年(寛政3)11月1日にエカテリーナ2世の茶会に招かれたときのことで、この日が「紅茶の日」に制定されている。

日本に伝えられたのは、アメリカ総領事ハリスが紅茶を幕府に献上した1856年(安政3)である。

日米修好通商条約により1859年(安政6)に横浜が開港すると、日本はアメリカに緑茶を輸出した。

しかし緑茶は粗悪品が横行し、また当時アメリカでは紅茶の人気が高まっていたので、日本でも紅茶を製造して輸出することになった。

日本紅茶の祖・多田元吉

1875年(明治8)、勧業寮(現 農林水産省)の多田元吉は、清とインドで紅茶の製造技術を習得する。

帰国後、持ち帰ったインドの原木を栽培し、紅茶製造を始め、1878年(明治11)に「紅茶製法簒要」を著わし、全国各地で指導にあたった。

静岡市駿河区丸子は多田元吉の茶園があった場所で、多田元吉翁顕彰碑が建つ。

ここで品種改良を重ねられた「べにふうき」を緑茶として加工すると、抗アレルギー効果が期待される「メチル化カテキン」を非常に多く含有することが、産官学の研究機関「茶コンソーシアム」の研究により明らかになっている。※参考URL → https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/vegetea/043605.html

日本初の喫茶店のメニューになる

1887年(明治20)に紅茶がイギリスから初めて輸入された。

1888年(明治21)、日本生まれの中国人の鄭 永慶が、東京下谷区西黒門町(現 台東区上野)に日本初の本格的な珈琲店「可否(カヒー)茶館」を開店させた。

彼は留学先のアメリカでの経験をもとに、鹿鳴館のような上流階級のためのサロンではなく、庶民が文化交流する場を作りたかったようだ。

もりそばとかけそばが8厘の時代に、紅茶は牛乳入りコーヒーと同じ2銭だった。時期尚早だったため、4年であえなく閉店した。

紅茶、やっと庶民にも広まる

鄭 永慶の志もむなしく、庶民が飲み慣れた緑茶と比べて高価で贅沢な紅茶は、鹿鳴館のような場所で飲まれるだけだった。

紅茶の日本での歴史

※リプトン紅茶

1906年(明治39)、明治屋がロンドンからリプトン紅茶を輸入する。日本初の銘柄紅茶の輸入である。ハイカラ好きに好まれたが、まだ高級舶来品だった。

1927年(昭和2)に三井(現三井農林)が、日本初の国産ブランド紅茶「三井紅茶」(現日東紅茶)を発売する。

三井は茶園と工場を保有し、大正時代から紅茶の製造に取り組んでいた。1938年(昭和13)には東京日比谷に「日東コーナーハウス」を開店して、紅茶のPRをした。

1930年(昭和5)福永兵蔵はイギリスのウォーカー商会のすすめで、京都の三条京極に日本初のティーハウス「リプトン本社直轄喫茶部」(現サー・トーマス・リプトン ティーハウス 三条本店)を開店する。はじめは男子学生ばかりだったが、じょじょに女性が来店し、客層が広がっていった。

昭和に入り紅茶は企業の努力で庶民に近づいたが、その後の太平洋戦争中は紅茶が手に入らず、また遠のいてしまった。

濃縮紅茶とティーバッグ登場で紅茶が大衆化する

終戦後、日東紅茶は直営の紅茶包装工場を次々に開設し、紅茶製造を再開する。

1951年(昭和26)頃から国内紅茶の需要が少しずつ増え始め、リプトン紅茶の輸入の第1船が神戸に入港する。

1958年(昭和33)、ジーエスフードが喫茶店・洋酒喫茶店・旅館・ホテル向けに、業務用濃縮紅茶GSブラックティー(加糖)」の販売を始める。紅茶の需要増に合わせて販売量も増加した。

1961年(昭和36)神戸紅茶が日本で初めて、完全自動包装機コンスタンタを導入する。

同じ年にリプトンと日東紅茶も、西ドイツからコンスタンタを輸入した。これにより国内包装による現在の形のティーバッグが出回り、紅茶の大衆化が始まる。

ちょっとリッチな飲み方が始まる

紅茶の日本での歴史

1965年(昭和40)「ティーハウス リプトン」が日本で初めて、茶葉を牛乳で煮出す「ロイヤルミルクティ」を提供した。

イギリス風の名前だが和製英語で、本場イギリスのミルクティーは大きなカップにティーバッグで濃い紅茶を作り、牛乳をたっぷりと注ぐらしい。

大阪堂島に1952年(昭和27)、クラシック音楽を聴かせる喫茶店として開店した「ムジカ喫茶室」が、1969年(昭和44)に紅茶専門店「ティーハウスムジカ」として改装オープンした。ポットに紅茶を入れてカップとともに提供する「ポットサービス」を日本で初めて取り入れた店といわれる。

1971年(昭和46)紅茶の輸入が自由化され、安く気軽に紅茶を飲むことができるようになった。

ハーブティーも広まる

1969年(昭和44)、ドイツのティーカネン社のブランドのポンパドールが「フラワーティ」として紹介され、日本にハーブティーが入ってきた。

当初からずっと「カモミールフラワー」が売れ筋である。

ハーブティーの人気が高まったのは、1980年代の「ポプリブーム」からである。

ドライハーブをポットに入れて熱湯を注いで、お茶として楽しむ人が増えた。一番人気は精油やポプリでお馴染みのラベンダーティーである。

紅茶は健康面でも期待

紅茶は現在、紅茶ポリフェノール(テアフラビン)の抗インフルエンザ活性が注目され、インフルエンザ流行時にはティーバッグの売り上げが伸びている。
※参考URL → https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2018/12/2018-1206-1522-14.html
紅茶の抗インフルエンザ活性に注目集まる “テアフラビン”で感染拡大を阻止」食品産業新聞社ニュースWEB

台湾発祥のタピオカミルクティー、チーズティーが若い女性に大人気。フルーツと紅茶を組み合わせたフルーツインティーの人気も高まりつつある。

フルーツインティーなどのアレンジに、濃縮紅茶「GSブラックティー」を用いると簡単でおいしいと、SNS発信でブームが起きている。

また健康志向の高まりからカフェインレス紅茶や、ノンカフェインのルイボスティーも人気が高い。

紅茶は嗜好品としてのスタート時に苦労したが、今後は健康のアシスト役として大きな期待を担っている。

 

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. みかんの白いすじ について調べてみた
  2. ローマ時代の食卓 ~テーブルコーディネートの紀元について
  3. 「日本全国ご当地鍋とその歴史」について調べてみた
  4. ルイボスティーの効能について調べてみた【疲れがとれる不思議なお茶…
  5. おにぎりの歴史について調べてみた
  6. 身体に良い食べ合わせ悪い食べ合わせ について調べてみた
  7. うなぎを食べると本当に精がつくのか調べてみた
  8. 世界の人気カクテルランキング(2020年)とカクテルの歴史


新着記事

おすすめ記事

栗山利安 〜黒田官兵衛の股肱の臣

黒田家の股肱の臣栗山利安(くりやま としやす)は、通称を善助(ぜんすけ)と言い、黒田孝高…

江戸時代以前の東海道について調べてみた

歌川広重による浮世絵木版画の連作『東海道五十三次』は、圧倒的な知名度を誇っているが、そこに描かれた東…

ギャンブル=大損は間違い!?リスクを回避して楽しく遊ぶ方法

10月19日、人気お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(27)が2日間で530万円を失った、とツイッター…

アーカイブ

PAGE TOP