エンタメ

ジーン・ケリー【ミュージカル映画の大スター】「雨に唄えば」のタップダンス

ジーン・ケリーとは

ジーン・ケリーとは

※その甘いマスクと最高級のダンスの腕前で、今もなお世界中で愛されるジーン・ケリー

ジーン・ケリー(Gene Kelly:1912~1996)は、アメリカ合衆国のダンサー、俳優、歌手で、同時代に活躍したフレッド・アステアとともに、『ミュージカル映画の大スター』として世界的に有名な人物である。

彼の出演したミュージカル映画『雨に唄えば』や『オン・ザ・タウン(踊る大紐育)』、『パリのアメリカ人』などは、現在でも世界中で舞台化し、ブロードウェイのみならず世界各国で上演が行われている。

今回は、そんなミュージカル映画の金字塔であるジーン・ケリーについて、彼の出演作品に触れながら紹介していきたい。

ジーン・ケリーの代表作『雨に唄えば』

ジーン・ケリーは1912年、アイルランド系の両親のもと、アメリカのピッツバーグに生まれた。

ダンスを始めたのは8歳の頃からで、この頃は兄と一緒にダンススクールへ通っていたという。

1938年からはブロードウェイでダンサーの仕事をしキャリアを積む一方で、1942年からは映画デビューを果たす。

順調に映画界でのキャリアを積んだジーン・ケリーは、1952年、自身の代表作である『雨に唄えば』に出演することになる。

ジーン・ケリーとは

この映画は、無声映画の時代からトーキー映画(俳優が実際にセリフを話す映画。無声映画の時には活動弁士と呼ばれる人々が、さまざまな声色を使って映画の“語り”をしていた)へと移り変わる時代を描いた作品で、タイトルになっているナンバー『雨に唄えば(Singing ㏌ The Rain)』の他、ドナルド・オコナーの歌う『メイク・エム・ラフ』など、大ヒットナンバーが盛りだくさんの作品である。

しばしば、『ミュージカル史上最高の作品である』と称され、現在でもミュージカルとして繰り返し上演されている演目である。

(『雨に唄えば』を歌い踊るジーン・ケリー)

雨に唄えば』はあまりにも有名な曲なので、どこかで耳にした方も多いのではないだろうか。

雨の中、ずぶ濡れになりながらタップダンスを踊るジーン・ケリーの姿は、何度見てもため息が出るくらい素晴らしいものである。

だが、このシーンの撮影は数日間に及び、長時間の間大雨に打たれていたジーン・ケリーは、過酷な撮影のため、高熱を出してしまったこともあったのだとか。

愉快な海兵たちの1日を描いた『オン・ザ・タウン(踊る大紐育)』

ジーン・ケリーとは

次に紹介したいジーン・ケリーの代表作は、1949年に公開された『オン・ザ・タウン』。邦題には、踊る大紐育(ニューヨーク)というタイトルがつけられている。

共演は、フランク・シナトラジュールス・マンシン

3人の海兵が、ニューヨークで24時間の上陸許可を与えられ、その24時間のあいだにそれぞれにガールフレンドを作り、ニューヨークでの冒険を楽しむという、一見平和でお気楽なストーリーだ。

しかし、24時間の滞在を楽しんだあと、海兵たちは戦争のため、海へ出かけてゆく…。という、戦争と平和に対してのメッセージも込められた作品なのである。

どの楽曲も素晴らしいが、特に冒頭の『ニューヨーク、ニューヨーク』は、この作品全体のメインテーマともなっており、一度聴いたら耳から離れないようなキャッチ―な1曲である。

(L・バーンスタイン作曲『ニューヨーク・ニューヨーク』)

1人の女性をめぐる恋模様『巴里のアメリカ人』

ジーン・ケリーとは

ジーン・ケリーの人気は留まることはなく、1951年にはヴィンセント・ミネリ監督の『巴里のアメリカ人 』というミュージカル映画に主演している。

この『巴里のアメリカ人』は、映画にも関わらず、なんとラストに18分間ものダンスシーンがあるということで、大変な話題を呼んだ。

ジーン演じる、画家としてパリで生計を立てていこうとするアメリカ人が、ひょんなことから出会った娘に恋をするが、そのリズという娘に想いを寄せる男が何人もいて…という複雑な恋模様を巡った作品である。

この作品はブロードウェイで何度も舞台化され、今日もなお絶大な人気を誇っており、2019年では日劇団四季が『パリのアメリカ人』を上演した。

(『アイ・ガット・リズム』を歌うジーン・ケリー。)

ダンスに魂を捧げたその生涯

※ジーン・ケリー(1986年)wiki(c)Allan warren 

ジーン・ケリーは生涯を通して、哲学者プラトンの『踊りこそ魂に触れる芸術である』という言葉をとても大切にしていた。

アカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞した他、1988年には全米俳優映画組合賞の“生涯功労賞”を受賞している。

まさに、生涯をかけてミュージカル映画の発展に貢献した、彼にこそふさわしい賞であると言えるだろう。

ジーン・ケリーのダンスは大胆で、アクロバティックでありながらも緻密に計算されており、たとえどのような危険なアクションがあっても、決してスタントマンを雇わず、自分自身でシーンの撮影をやり遂げたのだと言う。

さらに俳優として出演するだけではなく、自ら脚本を担当し、メガホンを取り、振り付けも考案するなど、マルチな才能に溢れていた。

同じくミュージカル映画界のスターであったフレッド・アステアとは、共演作は少ないものの、互いに尊敬し合い、良い関係を築いていたようだ。

2人が1976年に共演したミュージカル映画『ジーグフェルド・フォーリーズ』では、パフォーマンスのタイプが違うのにピッタリと息の合った、素晴らしいタップダンスの競演を見ることができる。

当時、ジーン・ケリーは64歳、アステアはなんと77歳だったというのだから、驚きである。

いくつになっても衰えることのない2人のパフォーマンスを、ぜひとも楽しんでいただきたい。

 

アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 芸能人に会える場所について調べてみた
  2. 著作権・商標登録 について調べてみた
  3. ユーチューバー育成プログラムについて調べてみた【YouTube …
  4. 【騎士団長殺し】ドン・ジョヴァンニについて調べてみた
  5. 動画配信サービスを徹底比較!【見放題 5選】
  6. 【世界最高のスパイ】ジェームズ・ボンドの魅力について調べてみた
  7. F1人気がなぜ日本で衰退したか調べてみた
  8. サラ・ベルナールについて調べてみた【新芸術様式アール・ヌーヴォー…


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

黒人の侍「弥助」はなぜ織田信長に仕えたのか?

はじめに織田信長には、優れた家臣団がたくさん居て、信長の命令一つで命をかけて戦いを続けた…

精神疾患・発達障害は危ないのか?犯罪との関係性

時折起こる、大きなニュースとして取り上げられる殺人などの重い犯罪。そこまでは行かずとも、法的…

ジャンヌ・ダルクについて調べてみた【オルレアンの乙女】

神の声を聞き、祖国のために戦争に身を投じたその娘は、まだ17歳だった。百年戦争を勝利へと導きなが…

アーカイブ

PAGE TOP