エンタメ

近代文学オススメ作品 「年間読書数100冊越えの筆者が選ぶ!」

近代文学オススメ作品

皆さん、こんにちは。

この記事では、年間読書数100冊超えのライター、アオノハナが、読者の皆さんにおすすめの書籍を紹介していきます。

通常の人気ランキングとは少し違った、私ならではの独自のおすすめ本を紹介していければ、と思っています。

今回は、日本人ならば一度は読んでほしい、《近代文学》編。

文学、なんてなんだか難しそう…」と敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、実は近代文学には、読めば読むほど面白く、飽きのこない最高の作品がたくさんあるのです。

それでは、さっそく紹介していきます。

日本の近代文学とは?

近代文学とは、日本ではふつう、明治20年代以降の、【自我の確立と人間性の尊重】を目指した文学のことを指します。

近代文学の有名な小説家には、夏目漱石川端康成など、国語の教科書などで目にしたことのある作家が多くおり、文豪たちが多く活躍したこの時代を、【文学の黄金時代】と称することもあります。

おすすめ①『浮雲』作:林芙美子

近代文学オススメ作品

<あらすじ>

第二次世界大戦下、義理兄との不倫関係を逃れ仏印に渡ったゆき子は、農林研究所員の富岡と出会う。

本国の戦況をよそに、豊かな南国で共有した時間は、2人にとって生涯忘れえぬものとなった。やがて終戦を迎え、焦土と化した東京の中で、非常な現実に弄ばれ、疲れ果てた男と女は、ついに雨の屋久島に行きつく。

<おすすめポイント>

林芙美子と言えば、『放浪記』の作者であり、日本を代表する女性作家です。

筆者は、彼女の最大のヒット作である『放浪記』よりも、林芙美子の晩年に発表された、この『浮雲』の方が好きです。

タイトルの意味は、いつまでも寄る辺なく彷徨う、物語のヒロイン・ゆき子の姿を現したということです。

そのタイトルの通り、ゆき子の不安な気持ち、心細い気持ち、そして、富岡の寂しさや孤独が、全編を通して、瑞々しく、力強い文章で描かれています。

作者の筆はとても活き活きとしているのに、登場人物たちはみんな、寂しさや不安を抱えていて、そのギャップがたまらなく愛おしいのです。
筆者は、何度もこの小説を読みながら、寂しさでいっぱいになって、泣きました。

戦後まもない時代、日本中が疲れ切り、大きな不安を抱える中で、富岡のような男性や、ゆき子のような女性がたくさん存在していたのだろうな…と、今は遠くなってしまった時代に、想いを馳せてしまいます。

読了後も、いつまでも心に染み入る、そんな名作です。

おすすめ②『痴人の愛』作:谷崎潤一郎

近代文学オススメ作品

<あらすじ>

生真面目なサラリーマンの河合譲治は、カフェでみそめて育て上げた美少女、ナオミを妻にした。

河合が独占していたナオミの周辺に、いつしか不良学生たちが群がる。成熟するにつれて妖艶さを増すナオミの肉体に河合は悩まされ、ついには愛欲地獄に堕ちていく…

<おすすめポイント>

痴人の愛』は、出版当時非常にセンセーショナルな作品として、話題になりました。

ヒロイン・ナオミのように、男性をまどわす小悪魔的な女性のことを指す、“ナオミズム”という言葉が流行ったそうです。

年端のいかない少女を引き取り、自分の理想通りの女性に育て上げるというのは、まるで『源氏物語』に出てくる、光源氏と紫の上の関係のようです。

紫の上は、光源氏の理想通りの女性に育つものの、『痴人の愛』のナオミはそうはいきません。

主人公の河合が手に負えなくなるほど、ナオミの素行はどんどんエスカレートしていき、河合は妻の存在に悩まされ続けることになるのです。
それでも、ナオミの魅力に惹きつけられ、彼女と別れることのできない河合は、次第にナオミの言いなりになっていきます。

2人の主従関係が逆転していく様子が、読みながらハラハラドキドキしてくるのです。

作中では、ナオミはまるで、得体の知れないモンスターのように描かれていますが、妖艶な女性へと成長したナオミは、本当はどんなことを考えていたのでしょうか?

好きでもない男に引き取られ、結婚させられて、「私は人形じゃない!」と思っていたのかもしれません。

物語は終始、河合の目線で進行しますが、ナオミの目線になって物語を読んでみるのも、面白い楽しみ方かもしれませんね。

おすすめ③『金閣寺』作:三島由紀夫

<あらすじ>

1950年7月1日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世間を驚かせた。

この事件の影に潜められた若い学僧の悩み——ハンディを背負った宿命の子の、生への消し難い呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇。

<おすすめポイント>

近代文学を楽しむならば、ぜひ三島由紀夫の小説を読んでみてください。

彼は多くの作品を残していますが、やはりこの「金閣寺」が、三島由紀夫作品の最高傑作といえるのではないでしょうか。

筆者がおすすめしたいのは、豪華絢爛な日本語の力です。

かくも見事に日本語を操れるのは、三島由紀夫をおいて他にいないのでは、と思うくらいです。

なんと、この『金閣寺』を書いた当時、三島由紀夫はわずか31歳だったのだとか。
30代に到達したばかりとは思えない、熟練した文章に圧倒されます。

この『金閣寺』という作品は、「」に対するゆがんだ憧れと憎しみをテーマに描かれています。

美しいからこそ焦がれ、それを憎みながらも、虜になって離れられない…。

そんな人間の、汚くも悲しい、複雑な気持ちを描いているのです。

近代文学は、《青空文庫リーダー》で読める

近代文学には、名作と呼ばれる作品がたくさんあり、ぜひ一度は読んでいただきたいものばかりです。

そんな日本の近代文学を、無料で読めるアプリがあるのをご存じでしょうか。

その名も、《青空文庫リーダー》。

著者の没後から50年が経過し、著作権の保護対象外となった本を、無料で読むことができるアプリです。

すべての作品がアップロードされているわけではありませんが、アプリをダウンロード後、作品を検索し、ダウンロードすることで、スマホで近代文学の名作を読むことができます。

興味のある方は、ぜひ一度、調べてみてくださいね。

最後までお読みいだたき、ありがとうございました。

 

アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

オススメ記事

関連記事

  1. ブロンテ姉妹とは(シャーロット、エミリー、アン)【全員短命の天才…
  2. 秋華賞(G1)の魅力について詳しく解説【過去の名勝負】
  3. 年間読書数100冊超えの筆者が選ぶ!作家別オススメ作品《江國香織…
  4. 落語の歴史、階級、流派について詳しく解説
  5. 皐月賞の歴史を調べてみた
  6. 歴史小説の大家、司馬遼太郎の生涯【おすすめ歴史小説】
  7. 大阪杯の歴史を調べてみた
  8. 【世界最高のスパイ】ジェームズ・ボンドの魅力について調べてみた


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

日本人が間違いやすいネイティブ英語⑤【食べ物・果物、おやつ編】

「果物が食べたくて『パインください』と伝えたはずなのに、店員さんが松の木を運んできた…。『じゃあ…

野良猫みたいな娘【漫画~キヒロの青春】㊽

もう全くわけがわかりませんでした。。。ナンパ男からの電話【漫画~キヒロの青春】㊾へ第一話…

【お台場の由来】東京湾の軍事施設跡について調べてみた

レインボーブリッジ、フジテレビ、アクアシティ、ダイバーシティなど多くの観光地、ショッピングセンターで…

アーカイブ

PAGE TOP